WiMAXサービスの比較とキャンペーン情報でトコトンお得なWiMAX情報をお届けします

自宅がフレッツ光回線でもセットでauスマホが安くなる「auセット割」

  • HOME »
  • 自宅がフレッツ光回線でもセットでauスマホが安くなる「auセット割」

DTI 光
フレッツ光回線でもauスマホが安くなる「auセット割」のご紹介です。

自宅のネット回線がフレッツ光回線であっても、「auセット割」を提供しているプロバイダーを選べば毎月最大1,200円の割引を受けることができるサービスです。しかも、2年以上も同じ割引額を適用してくれます。

弱点は対象となるスマホが1回線までというところ。しかし、一人暮らしの方には十分ですよね。

※本記事は「auセット割」を説明した記事です。フレッツ光回線で「auスマートバリュー」を適用できる記事は以下を参考にしてください。



DTI 光

フレッツ光回線でauスマホ・携帯を安くする

“auセット割”という割引サービス

自宅回線はフレッツ光だけど使っているスマホ・携帯はauと言う場合、自宅ネットとセットで安くすることはできないのでしょうか?

フレッツ光を使ったプロバイダーの中には「auセット割」という割引サービスを提供しているプロバイダーがあります。

この場合、自宅回線がフレッツ光であってもauスマホ・携帯とのセットでお得な割引サービスを受けることができます。

“auセット割”を提供している自宅ネット回線

auセット割を提供しているプロバーダーをまとめています。

「auセット割」は各プロバイダーのオプション扱いとなりますから、現在すでに以下のプロバイダーをお使いであっても、あとから「auセット割」オプションを申し込むことでお得な割引を受けることができます。

プロバイダー サービス名称
DTI DTI光 × auセット割
@nifty @nifty × auセット割
Asahi-net Asahi-net光 × auセット割

auセット割の割引対象

「auスマートバリュー」の場合はスマホ・携帯の月額利用料金が割引されますが、「auセット割」は自宅ネット回線側の月額利用料金が割引されるサービスです。

auセット割の割引額

auセット割の割引額はauスマホの契約プランによって月額1,200円割引と月額500円割引があります。

この割引額は、auスマホ側の契約プランで変わってきますが、「auセット割」の適用であればどのプロバイダーでも割引条件や割引額は同じです。

auスマホ・携帯の契約プラン 割引額(税抜)
auスマートフォン ・データ定額5/8/10/13/20/30
・データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30(V)
・LTEフラット
・LTEフラット(V)
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
1,200円/月
永年割引
・データ定額1/2/3
・データ定額1(V)/2(V)/3(V)
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン
・シニアプラン(V)
・LTEフラットcp(1GB)
500円/月
永年割引
auタブレット ・LTEフラットfor Tab/Tab(i)
・LTEフラットfor Tab(L)
・LTEフラットfor DATA(m)
・LTEダブル定額for Tab/Tab(i)
1,200円/月
永年割引
auケータイ ・カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK) 1,200円/月
永年割引
・カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイデータ付)
・カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額2(VK)/3(VK)
500円/月
永年割引


DTI光公式サイトへ

auスマートバリュー VS auセット割

auスマホ利用者が自宅回線を検討する場合は「auひかり」を最優先すれば良いとは思いますが、集合住宅などではauひかりを引けない場合が多くあります。

また、すでにフレッツ光回線をご利用の方も多いでしょう。

そんな場合はフレッツ光回線を利用しながらも「auセット割」を提供しているプロバイダを選び、割引適用を受けるべきです。

割引適用条件の比較

では、auスマートバリューとauセット割の割引適用条件を比較してみます。

auスマートバリューとauセット割は自宅ネット回線の違い以外に、auセット割は割引対象が1回線のみ(auスマートバリューは家族10回線まで)、および「ひかり電話」オプションが不要(auスマートバリューはひかり電話必須)という違いがあります。

auスマートバリューは家族にお得、auセット割は一人暮らしにお得、と言えます。

適用項目 auスマートバリュー auセット割
対象となる自宅ネット回線 au指定の光回線
・auひかり
・地域電力系光回線
・ケーブルTV回線 など
「auセット割」オプション提供のフレッツ光回線
対象となる携帯回線 最大10回線まで 1回線のみ
対象となる契約者 自宅回線と携帯回線の契約者が同じ
および主契約者の家族
自宅回線と携帯回線の契約者が同じ
必須オプション 「ひかり電話」必須(500円程度/月) なし

割引額の比較

2年間を考えると断然「auスマートバリュー」がお得です。割引額も最大2,000円×10契約まで、です。

auセット割は最大1,200円×1契約です。

ですが、auスマートバリューの場合は3年目以降は934円に下がるのに対し、auセット割の割引額は永年割引ですしひかり電話契約も不要です

そもそも一人暮らしでau契約数が1つの場合で固定電話もいらない場合にはauセット割の方がお得になる可能性が高いですね。

利用機器 au契約プラン 割引額
auスマートバリュー auセット割
auスマホ ・データ定額10/13/30
・データ定額10(V)/13(V)/30(V)
最大2年間2,000円
以降永年934円
永年1,200円
・データ定額5/8/20
・データ定額5(V)/5(V)/20(V)
・LTEフラット
・LTEフラット(V)
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
最大2年間1,410円
934円
永年1,200円
・データ定額2/3
・データ定額2(V)/3(V)
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン
・LTEフラットcp(1GB)
永年934円 永年500円
・データ定額1
・データ定額1(V)
永年934円 永年500円
auタブレット ・LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
・LTEフラット for DATA(m)
最大2年間1,410円
以降永年934円
永年1,200円
・LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」) 永年1,000円 永年1,200円
3Gケータイ ・カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付) 永年934円 永年500円
4G LTE ケータイ ・データ定額1 最大2年間934円
以降永年500円
永年500円
・データ定額2(VK)/3(VK)
・データ定額2/3
・シニアプラン
永年934円 永年500円
・データ定額5(VK)/8(VK)
・データ定額5/8/20
・LTEフラット
最大2年間1,410円
以降永年934円
永年1,200円
・データ定額10(VK)/13(VK)
・データ定額10/13/30
最大2年間2,000円
以降永年934円
永年1,200円

2年後のMNPを考えると

もしauスマホを2年使ったら次はMNPで他社へ移ることを検討しているなら、auセット割を今は選んでおくべきでしょう。

2年後に転出する場合、ドコモへMNPしてもソフトバンクにMNPしてもフレッツ光回線であれば、ドコモ光対応プロバイダーやソフトバンク光へ「転用」することで、フレッツ光回線のままでセット割のサービスを受けることができます。


DTI光公式サイトへ

「auセット割」提供のおすすめプロバイダー

DTI光

DTI 光

費用

初期費用

DTI光の初期費用は「登録費」と「工事費」が必要です。

「登録費」は800円で最初の請求時に請求されます。

「工事費」は「一般的工事費用」としてファミリータイプ(戸建)で18,000円、マンションタイプで15,000円となりますが、最終的にはNTT工事の実費が請求されます。

このNTT工事費実費は現在の回線施設状況により変わりますが、申込後のNTTコンサル時点で教えてもらえます。

月額費用
費用項目 ファミリータイプ マンションタイプ 説明
月額費用 4,800円 3,600円
機器レンタル料 300円 無線LAN対応ルーターをレンタルの場合
DTI光SIMセット割 -150円 格安SIM「DTI SIM」同時利用の場合に毎月割引
auセット割(*1) 最大-1,200円 auスマホ・携帯利用者に割引適用、毎月割引
キャッシュバック 最大18,000円 新規申込者対象
「DTI光SIMセット割」と「auセット割」

DTIは「DTI SIM」という格安SIMのサービスを提供しています。

この「DTI SIM」とDTI光を同時利用すると、「DTI光SIMセット割」として毎月150円の割引が受けられます。「DTI SIM」を複数回線契約していても、割引は1回線分(150円)です。

この「DTI光SIMセット割」と「auセット割」の同時適用はできません。

キャンペーン

DTI光では「新規」での契約者を対象に最大18,000円のキャッシュバックがもらえます(「転用」での申込は対象外)。

  • ファミリータイプで「ひかり電話契約あり」の場合は18,000円
  • ファミリータイプで「ひかり電話契約なし」の場合は14,000円
  • マンションタイプで「ひかり電話契約あり」の場合は16,000円
  • マンションタイプで「ひかり電話契約なし」の場合は12,000円
  • ただし、「派遣工事(宅内工事)」のない場合(工事費不要となった場合)はキャンペーン対象外

「派遣工事なし」の場合にキャッシュバック対象外となることにご注意ください。

「新規」での申し込みの場合、一般的には宅内工事(派遣工事)が発生しますが、たとえば賃貸住宅などで前の居住者がフレッツ光回線を使っていた場合では(前の設備がそのまま使える、など)宅内工事が不要となる場合があります。


DTI光公式サイトへ

代理店を使ってお得に加入する

光回線を申し込む場合、直接プロバイダーへ申し込む方法と代理店を経由して申し込む方法があります。

代理店を経由して申し込むと、代理店が独自に実施しているキャンペーンがある場合において直接申し込む場合よりも大変お得に申し込むことができます。

ここでは、「auセット割」を提供しているプロバイダーのお得な代理店をご紹介します。

@nifty光 × auセット割

@nifty光 × auセット割(株式会社NEXT)
  • フレッツ光回線を使った高速ネット回線
  • フレッツ光回線でも「auスマートバリュー」を適用可能
  • プロバイダーは国内大手の@nifty
  • ひかり電話オプションでauスマートバリュー対象
  • 新規20,000円、転用10,000円の代理店キャッシュバックキャンペーン中
月額(ホームタイプ)4,800円~
月額(マンションタイプ)3,500円~
キャッシュバック最大33,000円
代理店サイトへ

お得情報

フレッツ光回線でも「auスマートバリュー」が適用できる

自宅回線がフレッツ光回線の場合でも、auが提供している家族向けの割引サービス「auスマートバリュー」を適用できるプロバイダーがあります。

一人住まいの単身の方は「auセット割」の方がお得になる場合も多いですが、家族のいる家庭の場合は「auスマートバリュー」の方が断然お得度が高くなります。

フレッツ光回線で「auスマートバリュー」の適用を検討している方は、以下の記事を参考にしてみてください。

フレッツ光と格安スマホのセットでお得

フレッツ光回線は本記事でご紹介したauスマホとのセット「auセット割」以外にも、格安SIM・格安スマホとのお得なセット割も受けることができます。ドコモ系の格安SIM老舗のIIJmioとフレッツ光回線のセット割をご紹介しています。


DTI 光

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最新のお得情報

最新のブログ記事

PAGETOP
Copyright © WiMAXお得情報サイト All Rights Reserved.