WiMAX2+下り最大440Mbpsエリア情報
12月に入り、WiMAX2+の新しいサービス「下り最大440Mbps」に対応した新端末「Speed Wi-Fi NEXT WX03」が発売されました。本日(2016/12/2)より発送開始です。

WX03は今までの高速化技術「CA(キャリアアグリケーション」と「4×4MIMO」の2つを掛け合わせて、下り最大440Mbpsを実現しています。

サービスは「東名阪エリアを中心に順次全国展開」とアナウンスされていますが、すでに都市部レベルでは北海道から沖縄までが「下り最大440Mbpsエリア」に入っています。

現時点(2016/12/2)での、WiMAX2+エリア情報を整理してみました。ルーター選択の参考にしてください。

下り最大440Mbpsサービスエリア

対応機種

「CA & 4×4 MIMO」による下り最大440Mbpsに対応したWiMAX2+ルーターは以下の機種になります。

ルーター機種 製造元
Speed Wi-Fi Next WX03 NEC

まずは東名阪よりサービス開始

下り最大440Mbpsサービスは「東名阪エリアより開始」とアナウンスされています。

UQコミュニケーションズが公開しているエリア情報(現時点の最新は2016/10時点)によると、すでに東名阪エリアを超えて、長野・新潟もエリアに入っていることがわかります。

【外部リンク:WiMAX2+エリア情報 | UQコミュニケーションズ】

最新エリア情報ではすでに全国展開

UQコミュニケーションズが文書により日々公開している、最新のエリア情報があります。

これによると、すでに「下り最大440Mbpsエリア」は全国展開の段階に入っていることがわかります。

北海道においては、すでに札幌市・千歳市が下り最大440Mbpsエリアに入っています。

沖縄においても、那覇市・沖縄市を中心にエリアが広がっています。

「東名阪エリアより順次展開」とアナウンスされて始まった新サービスですが、サービス開始時点ですでに東名阪以外の都市部でも440Mbpsエリアが広がっています。
※2016/12/2時点の公開資料情報による

CAによる下り最大220Mbpsエリア

対応機種

CAによる下り最大220Mbpsに対応したWiMAX2+ルーターは以下の機種になります。

ルーター機種 製造元
Speed Wi-Fi Next W01 HUAWEI(ファーウェイ)
Speed Wi-Fi Next W02
Speed Wi-Fi Next W03
novas Home+CA シンセイコーポレーション

対応機種による下り最大220Mbps通信可能なエリア

「WiMAX2+対応エリア」かつ、「以下【参考資料】以外のエリア」において、下り最大220Mbps通信が可能なところまでエリアが広がっています。

「参考資料」は「下り最大110Mbps対応地域」であることに注意してください。つまり「下り最大220Mbpsに対応していない地域」ということです。

北海道においてはすでに札幌を中心に220Mbps対応済ですが、道央・道東においては対応がなされていない状況がわかります。

沖縄においては離島を除き、ほぼ200Mbps対応が完了しているようです。

CAによる下り最大220Mbpsエリアはほぼ全国展開しているものの、未対応のピンポイントエリアが多数存在するように見受けられます。

4×4MIMOによる下り最大220Mbpsエリア

対応機種

4×4MIMOによる下り最大220Mbpsに対応したWiMAX2+ルーターは以下の機種になります。

ルーター機種 製造元
Speed Wi-Fi Next WX01 NEC
Speed Wi-Fi Next WX02

対応機種による下り最大220Mbps通信可能なエリア

「WiMAX2+対応エリア」かつ、「以下【参考資料】以外のエリア」において、下り最大220Mbps通信が可能なところまでエリアが広がっています。

「参考資料」は「下り最大110Mbps対応地域」であることに注意してください。つまり「下り最大220Mbpsに対応していない地域」ということです。

北海道においてはほぼ「4×4MIMOによる下り最大220Mbps」に対応済であることがわかります。

また、沖縄においても宮古島を除き「4×4MIMOによる下り最大220Mbps」対応済。

4×4 MIMOによる下り最大220Mbps対応ルーターをお持ちの方は、ほぼ全国で220Mbps通信が可能であることがわかります。

WiMAX2+エリア情報まとめ

4×4MIMOによる下り最大220Mbpsエリア

すでにほぼ全国で「4×4MIMOによる下り最大220Mbps」の通信が可能となっています。

CAによる下り最大220Mbpsエリア

「CAによる下り最大220Mpbs」エリアにおいても、ほぼ全国で利用可能な状況ですが、こちらは利用できないピンポイントエリアが多く存在します。

CA対応ルーターの購入を検討されている方は、エリアマップをご確認ください。

下り最大440Mbpsエリア

そして新しいサービス「下り最大440Mbps」エリアはすでに全国展開に入っています。

北海道から沖縄まで対応エリアが広がっており、東名阪エリア以外でも都市部はすでにエリア内となっています。

今後、4×4MIMO対応エリアの広がりに合わせて、急速に下り最大440Mbpsエリアは広がっていくものと推測されます。

※2016/2/2最新エリア情報(UQコミュニケーションズ)に基づき執筆

お得情報

Speed Wi-Fi NEXT WX03情報

下り最大440Mbpsのサービスに対応した最新型ルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」のルーター情報およびWX03を取り扱っているプロバイダー情報はこちらをご覧ください。