UQ-WiMAXが6/1より「3年契約」のプランである「Flatツープラスギガ放題(3年)」を料金プランに追加しました。今までは基本的に2年契約の「Flatツープラスギガ放題(2年)」が主流でしたが、契約期間を1年伸ばしたプランとなります。

また、同時に6/1より「月間7GB制限あり」のプランである「Flatツープラス(2年)」を廃止しており、今後UQ-WiMAXでは「ギガ放題」のみの提供となります。

WiMAXサービスを提供する各社もやがてUQ-WiMAXの方針に追随するものと思われますが、2017年6月以降での新規サービス契約時には各社の料金プランに注意が必要となります。

本記事では、2017年6月時点での各社の料金プランについて、注意点をまとめています。

UQ-WiMAXの料金プラン変更

3年契約プランの追加

WiMAX2+サービスは基本的に2年契約となるサービス展開をしてきました。

UQ-WiMAXでは、2017年6月1日より、今までの2年契約プランに加えて「3年契約プラン」を追加しています。契約期間(いわゆる縛り期間)が1年延びることで「なにが嬉しいのか?」というと、WiMAX2+サービスの「ハイスピードプラスエリアモード」で利用する「LTEオプション(月額1,005円)」が無料になる、という特典があります。

参考記事UQ-WiMAXが3年契約プランを導入

通常プラン(月間7GB制限)の廃止

WiMAX2+サービスは今まで「月間7GB制限あり」のプランと、「月間7GB制限なし」のプランでサービス展開していました。

サービス提供各社によって、プランの名称は変わりますが、「月間7GB制限あり」のプランは月のデータ通信容量が7GBに到達するとその月の月末までは通信速度が128Kbpsに制限されるプランであり、「月間7GB制限なし」のプランはこのデータ通信容量の上限がないプランです。

UQ-WiMAXでは前者を「Flatツープラス」、後者を「Flatツープラスギガ放題」としています。

このプランから「月間7GB制限あり」の「Flatツープラス」プランが2017年6月より廃止されています。つまり、新規契約においては「ギガ放題プラン」のみ契約が可能、となります。

UQ-WiMAX新料金プランまとめ

料金プラン 契約期間 通信容量制限 auスマートバリュー LTEオプション料金
Flatツープラスギガ放題(2年) 2年契約 月間7GB制限なし 適用可能 auスマートバリュー適用の場合は無料
Flatツープラスギガ放題(3年) 3年契約 無料

WiMAX2+プロバイダー各社の料金プラン

新旧混在により、注意

2017年6月より、WiMAXの本家である「UQ-WiMAX」が上記の通り料金プランおよびサービス内容を見直しています。

UQ-WiMAX以外のプロバイダーは料金プラン・サービス内容については、UQ-WiMAXに追随する傾向がありますので、おそらくプロバイダー各社はUQ-WiMAXに合わせてくると思われますが、2017年6月1日時点ではプロバイダーによってさまざまな内容となっており、新規申し込みについては注意が必要です。

プロバイダー各社の対応状況

2017年6月1日時点で改訂のあるプロバイダー

プロバイダー 料金プラン 契約期間 通信容量制限 auスマートバリュー LTEオプション料金
UQ-WiMAX Flatツープラスギガ放題(2年) 2年契約 月間7GB制限なし 適用可能 auスマートバリュー適用の場合は無料
Flatツープラスギガ放題(3年) 3年契約 無料
BIGLOBE WiMAX Flatツープラスギガ放題(2年) 2年契約 月間7GB制限なし 適用可能 auスマートバリュー適用の場合は無料
Flatツープラスギガ放題(3年) 3年契約 無料
Flatツープラス(3年) 3年契約 月間7GB制限あり 無料
@nifty WiMAX Flatツープラスギガ放題(2年) 2年契約 月間7GB制限なし 適用可能 auスマートバリュー適用の場合は無料

2017年6月1日時点で改訂のないプロバイダー

プロバイダー 料金プラン 契約期間 通信容量制限 auスマートバリュー LTEオプション料金
So-net WiMAX Flatツープラスギガ放題(2年) 2年契約 月間7GB制限なし 適用可能 auスマートバリュー適用の場合は無料
Flatツープラス(2年) 2年契約 月間7GB制限あり
GMOとくとくBB ギガ放題 2年契約 月間7GB制限なし 適用可能 auスマートバリュー適用の場合は無料
ライトプラン 2年契約 月間7GB制限あり
DTI WiMAX ギガ放題 2年契約 月間7GB制限なし 適用可能 auスマートバリュー適用の場合は無料
モバイルプラン 2年契約 月間7GB制限あり

料金プランのまとめ

3年契約のメリット・デメリット

メリット

ハイスピードプラスエリアモード利用時の「LTEオプション」が通常月額1,005円のところ、3年契約プランであれば「無料」となります。

デメリット

これまでの2年契約にさらに1年間の継続利用延長が課せられます。

LTEオプションについて

LTEオプションの活用

LTEオプションは「ハイスピードプラスエリアモード」を利用する場合に必須となるオプションです。

WiMAX2+の電波に加えて、「au 4G LTE」の電波が使えるようになるオプションです。

このオプションを使って「ハイスピードプラスエリアモード」を利用すると、WiMAX2+の電波が弱い場所、たとえば地下街・地下鉄やビルの陰などで安定した高速通信を利用・維持することができるわけです。

さらに、最新の「下り最大590Mbps」サービスでも、この「ハイスピードプラスエリアモード」を利用しています。

3年契約でオプション料金無料

これら「ハイスピードプラスエリアモード」を頻繁に活用する方にとっては、「LTEオプション料金無料」は魅力的なサービスですが、反面、活用しない方にとっては不要なオプション(サービス)となります。

2年契約でもauスマートバリューmine適用で無料

また、「LTEオプション料金無料」のサービスは、3年契約での特典以外にも、2年契約であっても多くのプロバイダーで「auスマートバリューmine適用の方は無料」のサービスを実施しています。

つまり、auスマートバリューmineの適用を前提に考えている場合、特に3年契約にこだわる必要はない、と言えます。