BIGLOBE WiMAX 1年プラン登場!キャッシュバックもアリ!

スマートフォンの契約において、10月からは「分離プラン」という新しい料金プランが始まりました。

スマートフォンの端末代金を通信費の月額料金に含めて大幅割引することをなくす代わりに、毎月の料金をシンプルにし解約時の違約金も低く抑えた料金プランの体系です。

BIGLOBE WiMAXはポケットWi-Fiのサービスの中で、いち早くこの流れに乗る形で「ギガ放題(1年プラン)」を開始しました。

端末代金と月額料金を分離したうえで、解約しやすい契約となっており、今までのWiMAXの契約形態とは大きく違う契約形態となります。

この記事では、新しいBIGLOBE WiMAXの新プラン「ギガ放題(1年プラン)」と、それに対して提供されるキャンペーンについて詳しく説明しています。

このキャンペーン期間は2019年12月31日(火)までです。

新プラン「1年プラン」登場!
最低利用期間1年、違約金1,000円!
「BIGLOBE WiMAX 2+」

目次

BIGLOBE WiMAX「1年プラン」の概要

契約期間は1年?違約金はどうなる?

BIGLOBE WiMAX「1年プラン」の契約形態は「最低利用期間1年」となります。

今までは「3年契約自動更新型」の契約で3年ごとに「契約更新月」が訪れて、「契約更新月」での解約については違約金ナシですが、「契約更新月」以外での解約には最大で19,200円もの解約違約金を請求されていました。

新しい「1年プラン」は「最低利用期間1年」の契約であり、1年経過後はいつ解約しても違約金ナシとなります。

しかも、最低利用期間中の解約違約金も「たったの1,000円」となっており、1年経過後はいつ解約しても違約金ナシ!です。

ここがもっとも違う点です。

「1年プラン」の契約と違約金

  • 契約の縛りは「最低利用期間1年」だけ
    ⇒ 「自動更新」ではないため、1年経過したらいつでも解約可能
  • 「最低利用期間中」の解約違約金はたったの1,000円
    ⇒ もちろん1年経過後は違約金ナシ!

端末代金はどうなる?

契約期間・違約金については、大きく改善されました。

その反面、端末代金については「キッチリ支払う」ことになりました。

いままでのBIGLOBE WiMAXは端末代金は一律(すべてのルーターで)19,200円となっており、3年間継続利用することで「端末代金実質無料」となる仕組みになっていました。

新しい「1年プラン」では、きっちりと「端末代金19,200円」を「月額800円の24回払い」または「一括払い」で端末を購入することになります。

月額料金の支払い方法が「クレカ払い」の場合には「24回分割払い」、「口座振替払い」の場合には「代引きによる一括払い」となっています。

端末代金の仕組み

  • 端末代金19,200円を一括払いまたは24回分割払い
    ⇒ 今までは端末補填割引により「実質無料」だった
  • 端末代金の完済前に解約する場合には、端末代金残債の一括支払いが必要

端末代金19,200円は厳しい?

今までのBIGLOBE WiMAXは仕組みは変わっても、ずっと「端末代金(実質)無料」でしたが、新しい「1年プラン」では分割払いか一括払いかの違いはあっても、端末代金19,200円が必要になります。

かなり厳しくなりました。

翌月に15,000円キャッシュバックで端末代金補填

これに合わせ、BIGLOBE WiMAXの「1年プラン」ではキャンペーンとして「サービス開始月翌月に15,000円キャッシュバック」のキャンペーンを開催しています。

一般的に通信サービスでの「キャッシュバック」は利用開始から1年程度後に適用される場合が多いのですが、この「サービス開始月翌月」というのは異例の早さです。

19,200円の端末代金も、この「サービス開始月翌月に15,000円キャッシュバック」でかなり支払いやすくなります。

BIGLOBE WiMAX新プラン「1年プラン」まとめ

まず、BIGLOBE WiMAXの新プラン「1年プラン」の大きなポイントを押さえてください。

「1年プラン」のポイント

  • 「2年契約自動更新型」契約から「最低利用期間1年」契約に変わった
  • 「最低利用期間」中の解約の場合は違約金1,000円
  • 「最低利用期間」超過後(2年目以降)はいつ解約しても違約金ナシ
  • 端末代金はきっちりと19,200円で購入(一括または24回分割)
  • サービス利用開始翌月に15,000円キャッシュバック

BIGLOBE WiMAXキャンペーンの全体像

BIGLOBE WiMAXの新プラン「1年プラン」のポイントを押さえたところで、キャンペーンの全体を見ていきましょう。

口座振替払いでもキャンペーン対象

BIGLOBE WiMAXはポケットWi-Fiでは数少ない「口座振替払い」ができるプロバイダーです。

通常の「クレカ払い」だけでなく「口座振替払い」を選んでも「1年プラン」「サービス開始月翌月に15,000円キャッシュバック」となります。
支払方法が口座振替払いでも、キャンペーンが適用されます。

これにより、支払方法として口座振替払いを選びたい方にとって、BIGLOBE WiMAXは口座振替払いができる最安のポケットWi-Fiとなっています。

なお、口座振替での特典は本記事「クレジットカード払いの特典」とは特典内容や適用条件が異なるため、次の記事で詳しく説明しています。

選べるプランは「ギガ放題(1年)」のみ

今月のBIGLOBE WiMAXキャンペーンで選べる料金プランは「ギガ放題(1年)」のみとなります。

毎月のデータ通信容量(ギガ)に上限のない使い放題の「ギガ放題プラン」が「最低利用期間1年」での契約、ということです。

今までのように「2年契約・3年契約」や、毎月のデータ通信容量(ギガ)が7GBに制限される「通常プラン」を選ぶことはできません。

「クレカ払い」の場合の料金体系

BIGLOBE「ギガ放題(1年)」クレカ払い

シンプルな月額料金体系

月額料金はシンプルな「ずっと月額3,980円」です。

この3,980円にはBIGLOBE会員としての「ベーシックコース200円/月」が含まれています。よって、「BIGLOBE光」など他のBIGLOBE通信サービスをご利用の方(すでにBIGLOBE会員の方)はこの200円が不要となり、その分料金は安くなります。

別途端末(ルーター)代金が必要

また、月額料金3,980円/月に加えて、クレカ払いの場合は端末代金「800円の24回払い」が必要です。

よって、最初の2年間は毎月4,780円となります。

「LTEオプション」は有料オプション

WiMAXがちょっと苦手とする山間部や地下街・地下鉄などで、つながりやすい「au 4G LTE」の電波を使える「LTEオプション」があります。

今までの3年契約では、この「LTEオプション」はオプション料金無料でしたが、新プラン「1年プラン」では別途月額1,005円の有料オプションとなります。

このオプションは通信モードを「ハイスピードプラスエリアモード」で通信した場合に発生する料金であり、本モードでの通信を行わなければ支払不要です。

「口座振替払い」の場合の料金体系

BIGLOBE「ギガ放題(1年)」口座振替払い

月額料金はクレカ払いと同じ

支払方法が「口座振替払い」もクレカ払いと同じく「ずっと月額3,980円」です。

「最低利用期間1年」であることも、最低利用期間中の解約違約金が1,000円であることもクレカ払いと同じです。

また、BIGLOBE会員としての月額200円が含まれている点も同じなので、すでにBIGLOBE会員であれば月額200円が安くなります。

端末代金は代引き一括払い

「口座振替払い」の場合、端末代金は一括払いとなります。

申し込み後に端末が代金引換で送られてくるので、端末代金19,200円と代引き手数料400円の合計19,600円を支払う必要があります。

一括払いなので、「クレカ払い」のように月額料金に端末代金が上乗せされて請求されることはありません。

「LTEオプション」は有料オプション

「クレカ払い」と同じように、「口座振替払い」でも「LTEオプション」は月額1,005円の有料オプションとなります。

通信モードを「ハイスピードプラスエリア(HS+A)モード」に設定して通信した月に請求されます。

別途「口座振替手数料」が必要

大事なことは、「口座振替」による支払の場合、振替ごとに「口座振替手数料200円」が合算されて引き落とされます。

よって、実質的には毎月200円高くなる、という計算になります。

利用開始翌月に15,000円キャッシュバック

「クレカ払い」でも「口座振替払い」でも、サービスの利用開始翌月に15,000円キャッシュバックをもらうことができます。

「サービス利用開始翌月」というのがポイントで、通常のキャッシュバックキャンペーンでは最速とも言えるほど早く受け取ることができます。

端末代金19,200円の補填に充てることができますね、

料金体系のまとめ

では、ここまで説明してきた「ギガ放題(1年)」の料金体系・契約形態をまとめます。

費用項目 ギガ放題(1年)
クレカ払い 口座振替払い
初期費用 事務手数料 3,000円
ルーター代金 分割払い(総額19,200円) 19,200円
※代引き一括払い
代引き手数料 400円
月額料金 0か月目
(利用開始月)
無料
1~24か月目 月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円を含む
端末代金:800円
月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円を含む
口座振替手数料:200円
25か月目~ 月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円を含む
月額料金:3,980円
※ベーシックコース200円を含む
口座振替手数料:200円
オプション LTEオプション(月額1,005円)
※ハイスピードプラスエリア(HS+A)モードで通信した月のみ
割引サービス auスマートバリューmine(最大1,000円割引)適用可
ギガMAX月割(月額300円割引)適用可
キャッシュバック 15,000円
※サービス利用開始の翌月に銀行振り込み
契約形態 最低利用期間1年(解約違約金1,000円)
2年目以降は違約金ナシ


「最低利用期間1年」の「1年プラン」登場!

今すぐ申し込む

1年目の違約金1,000円、2年目以降は違約金ナシ!


BIGLOBE WiMAXのおすすめルーター

ポケットWi-Fiと置くだけWi-Fi

BIGLOBE WiMAXでは、最新型のルーターを含む4機種の中から好きなルーターを選ぶことができます。

どのルーターを選んでもルーター代金は19,200円です。

外でも家でも使えるポケットWi-Fi(モバイルルーター)が3機種、自宅で光回線の代わりに使える工事不要の置くだけWi-Fi(ホームルーター)が1機種です。

いずれも、HUAWEI製とNEC製の最新型ルーターを提供しています。

ポケットWi-Fi(モバイルルーター)のおすすめ

外でも家でも使えるポケットWi-Fiでは以下の2機種の中から選ぶことができます。

W06 おすすめ! WX05
Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX05
メーカー HUAWEI NEC
本体サイズ 約128×64×11.9mm 約111×62×13.3mm
本体重量 約125g 約128g
最大速度(下り) LTE通信時
・1.2Gbps
WiMAX2+通信時
・558Mbps
LTE通信時
・440Mbps
WiMAX2+通信時
・440Mbps
Wi-Fi接続数 16台 10台
バッテリー使用時間 最大800時間 最大700時間
連続通信時間 最大11時間40分 最大14時間
バッテリー容量 3,000mAh 3,200mAh
クレードル 非対応 ギガ有線LAN×1ポート

Speed Wi-Fi NEXT W06

「Speed Wi-Fi NEXT W06」は2019年1月発売されたばかりの、HUAWEI製のモバイルルーターです。

高速性と安定性で昨年もっとも売れた人気ルーター「W05」の後継機にあたり、また「下り最大1.2Gbps」というWiMAX最速の性能を持つことから、おそらく今年最も売れるモバイルルーターとなるでしょう。

もちろん、普段使いにおいては「下り最大1.2Gbps」という速度はでませんが、使ってみた限りでは電波の弱くなる場所でも粘ってしっかり電波を掴む傾向があります。

基本的な通信性能に優れた、おすすめのモバイルルーターです。

Speed Wi-Fi NEXT WX05

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は2018年12月に発売されたばかりの、NEC製のモバイルルーターです。

「W06」よりも大容量のバッテリーを搭載し、また無通信時間が続くと本体をスリープ(休止)状態にすることでバッテリーを節約するなどの省電力機能が魅力です。

通信性能については「W06」にちょっと劣りますが、今までにWiMAXを使ったことがあり、かつバッテリーの持ちを重視する場合にはおすすめできるモバイルルーターです。

両機の比較とおすすめのモバイルルーター

基本的な通信性能にすぐれた「W06」と、バッテリーの持ちに優れた「WX05」と切り分けることができます。

当サイトでは両機の実機による比較レビューを行っています。

どちらのルーターも電波状態の良い場所では同じくらいの高速通信ができますが、電波状態のあまりよくない場所になるほど、「W06」の方がしっかりと電波を掴み通信速度があまり遅くならない傾向があります。

一方で、バッテリーの持ちについては少し「WX05」の方が優れていました。ただし、スペック表ほどの差はありません。

初めてWiMAXをお使いの場合には、基本的な通信性能に優れた「Speed Wi-Fi NEXT W06」をお勧めします。

置くだけWi-Fi(ホームルーター)のおすすめ

現在WiMAXサービスでは、自宅で光回線の代わりに使える、工事不要の置くだけWi-Fi(ホームルーター)では以下の機種を選ぶことができます。

L02 おすすめ! HOME01
Speed Wi-Fi HOME L022019/1/25発売 WiMAX HOME 012018/11/8発売
メーカー HUAWEI NEC
本体 サイズ 約93×178×93mm 約70×100×155mm
重量 約436g 約338g
カラー ホワイト ホワイト
通信速度
(WiMAX)
HS+Aモード 下り最大:1Gbps
上り最大:75Mbps
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
HSモード 下り最大558Mbps
上り最大:30Mbps
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
Wi-Fi接続 通信規格 802.11ac/n/a(5GHz)
802.11n/g/b(2.4GHz)
5GHz/2.4GHz同時接続可能
802.11ac/n/a(5GHz)
802.11n/g/b(2.4GHz)
5GHz/2.4GHz同時接続可能
最大接続台数 40台
(5GHz20台/2.4GHz20台)
20台
(5GHz10台/2.4GHz10台)
有線LAN接続 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T ×2ポート 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T ×2ポート

この中で、BIGLOBE WiMAXではHUAWEI製の「Speed Wi-Fi HOME L02」を提供しています。

Speed Wi-Fi HOME L02

「Speed Wi-Fi HOME L02」は2019年1月発売されたばかりの、HUAWEI製のホームルーターです。

WiMAXを自宅で光回線の代わりに使うという市場を開拓した名機「L01/L01s」の後継機種にあたります。

また、ホームルーター最速の「下り最大1Gbps」というスペックで高速性をさらに向上してきています。

もちろん、普段使いにおいては「下り最大1Gbps」という速度はでませんが、使ってみた限りでは電波の弱くなる場所でも粘ってしっかり電波を掴む傾向があります。

基本的な通信性能に優れた、おすすめのホームルーターです。

WiMAX HOME 01

「WiMAX HOME 01」は2018年12月に発売されたばかりの、NEC製のホームルーターです。

「L02」と同じように白を基調とし丸みを帯びたボディで、「L02」よりもふたまわりほど小さいボディが特徴的です。

両機の比較とおすすめのホームルーター

基本的な通信性能にすぐれた「L02」と、コンパクトボディの「HOME 01」と切り分けることができます。

当サイトでは両機の実機による比較レビューを行っています。

どちらのルーターも電波状態の良い場所では同じくらいの高速通信ができますが、電波状態のあまりよくない場所になるほど、「L02」の方がしっかりと電波を掴み通信速度があまり遅くならない傾向があります。

これはモバイルルーターの比較でも同じで、どうもHUAWEI製ルーターの方がNEC製ルーターよりも電波をしっかり掴む傾向があります。

自宅で使うホームルーターは、電源や設置スペースなどの条件から必ずしも電波状態がベストの場所に置けるとは限りません。

そのため、ホームルーターは基本的な通信性能に優れた「Speed Wi-Fi HOME L02」をお勧めします。

ルーター選びに迷ったら

モバイルルーターなら、基本的な通信性能の「W06」とバッテリー持ちの「WX05」となります。

朝早くから夜遅くまでWi-Fiを使う、日中充電する時間・場所がない、などバッテリー持ちを重視する場合は「WX05」のスリープ(休止)機能が有効ですが、一般的には電波の弱い場所でもしっかりと電波を掴む「W06」をおすすめします。

ホームルーターなら、設置場所が必ずしもベストな電波状況とは限らないことから、基本的な通信性能に優れた「L02」を選びましょう。

ルーター選びに迷ったら

  • NEC製よりHUAWEI製の方が電波の弱い場所に強い(当サイト実機レビューより)
  • モバイルルーターなら「W06」をオススメします
  • ホームルーターなら、ぜひ「L02」を選びましょう


「最低利用期間1年」の「1年プラン」登場!

今すぐ申し込む

1年目の違約金1,000円、2年目以降は違約金ナシ!


BIGLOBE WiMAXのおトクなサービス

無料機種変更サービス

WiMAX2+ アップグレードサービス
WiMAXを運営しているUQコミュニケーションズでは、特定のプロバイダーを対象としてWiMAXを永く使っている人への機種変更サービスを提供しています。

WiMAXの利用開始から19か月(1年7か月)以降であれば6,000円程度、34か月(2年10か月)後であれば無料、と利用期間に応じて非常に安くで機種変更できるサービスです。

ルーター 利用期間に応じた機種変更代金
0~12か月 ~18か月 ~21か月 ~23か月 34か月以降
  • W06
  • WX05
  • W05
  • L02
  • HOME01
  • L01s
20,000円 12,000円 6,000円 6,000円 0円(無料)

使い始めてから2年近く(19か月後)経ち、新機種が発売されたりバッテリーの持ちが悪くなったりする頃に6,000円で最機種に機種変更できるので、バッテリー交換・修理などよりも安くなるでしょう。

そして、BIGLOBE WiMAXはこのサービスの対象プロバイダーです。

BIGLOBE WiMAXなら永く使っても非常に安い料金で最新機種へ機種変更ができます。

auスマホが安くなる「auスマートバリューmine」対応(割引サービス)

BIGLOBE WiMAX「auスマートバリューmine」
au(KDDI)では、auスマホとWiMAXのセット割サービス「auスマートバリューmine」を提供しており、BIGLOBE WiMAXはその対象プロバイダーです。

auスマホをお使いの方はBIGLOBEのWiMAXと一緒に使うことで、毎月最大1,000円もの割引サービスを受けることができます(割引対象はauスマホ側)。

割引額はauスマホの契約プランによって決まり、以下のように割引されます。

端末 対象プラン 割引額
スマホ auフラットプラン20/30
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB超~20GB
永年1,000円
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)2GB
auピタットプラン(シンプル)1GB超~2GB
データ定額1/1(V)
永年500円
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30(V)
LTEフラット/LTEフラット(V)
ISフラット
プランF(IS)シンプル
永年934円
データ定額2/3
データ定額2(V)/3(V)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン(V)
LTEフラットcp(1GB)
永年743円
3G携帯 カケホ(電話かけ放題プラン/ケータイデータ付) 永年743円
4G LTE携帯 データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK)
永年934円
データ定額2/3
データ定額2(VK)/3(VK)
シニアプラン
永年743円

auスマートバリューmine | BIGLOBE

UQモバイルが安くなる「ギガMAX月割」対応(割引サービス)

BIGLOBE WiMAX「ギガMAX月割」
au(KDDI)系列の格安SIM「UQモバイル」では、UQモバイルとWiMAXとのセット割サービス「ギガMAX月割」を提供しており、BIGLOBE WiMAXはその対象プロバイダーです。

UQモバイルをお使いの方はBIGLOBEのWiMAXと一緒に使うことで、毎月300円の割引サービスを受けることができます(割引対象はUQモバイル)。

あまり電話をかけず動画をたっぷり見たい方は、UQモバイルの一番安いプラン「おしゃべりプラン(S)/ぴったりプラン(S)」と、BIGLOBE WiMAXを利用することで、以下のように実質使い放題のスマホ環境が出来上がります。

UQモバイル BIGLOBE
月額料金 1年目 1,980円
1,680円(ギガMAX月割適用)
3,494円
2年目 2,980円
2,680円(ギガMAX月割適用)
無料通話 おしゃべりプラン(S) 1回5分までの通話無料 通話機能なし
ぴったりプランプラン(S) 通話料金2,400円割引(60分相当)
毎月使えるギガ 3GB 上限なし


「最低利用期間1年」の「1年プラン」登場!

今すぐ申し込む

1年目の違約金1,000円、2年目以降は違約金ナシ!


BIGLOBE WiMAXの契約事項

契約期間と契約更新月

BIGLOBE WiMAX「最低利用期間と契約解除料について」

契約期間と契約形態

BIGLOBEのWiMAX2+の「ギガ放題(1年)」プランは「最低利用期間1年(自動更新なし)」の契約です。

利用開始の翌月から1年間(12か月)を最初の契約期間とし、この契約期間内の契約解除においては契約解除料1,000円が請求されます。

契約期間(12か月間)が終了すると契約期間の自動更新は行われず、いつ契約解除を申し出ても契約解除料が請求されることはありません。

契約について

契約に必要なもの

BIGLOBEへサービスを申し込む場合に必要なものは、毎月の支払用のクレジットカード(クレジットカード払いの場合)のみです。

WiMAX2+には音声通話機能がないため、本人確認書類(運転免許証など)の提出は必要ありません。

支払方法について

BIGLOBE WiMAXでは、毎月の利用料金の支払いはクレジットカード払いと口座振替での支払が選べます。

クレジットカード払いの場合、デビッドカードは利用できません。

また、口座振替での支払の場合、振替ごと(毎月)に「口座振替手数料」が月額料金とは別に200円引き落とされます。

課金の開始日

BIGLOBE WiMAXでは、「課金の利用者が機器(ルーター)を受け取った日」と定めています。

BIGLOBE WiMAXの申込後に送られてくるルーター機器を、宅配業者から受け取った日が課金の開始日(利用開始日)となる、ということです。

また、この「課金開始日(利用開始日)」が含まれる月が「利用開始月」となります。

利用開始月の月額料金

課金の開始日を含む月が「利用開始月」となります。

利用開始月の月額料金は特典により無料となります。

解約について

解約の方法

BIGLOBE WiMAXの解約方法は2通りあります。

BIGLOBEの会員が使える会員専用サイトから、いつでも解約の申請を行うことができます。

また、サポートセンターへ電話で解約の申請を行うこともできます。

どちらの場合も、毎月20日までの解約申請で月末解約となります。

解約月の月額料金

BIGLOBE WiMAXのサービスは「月末解約」となります。

月末まで通信サービスが利用でき、解約月の月額料金は満額請求となります。

キャッシュバックの受け取り方

BIGLOBE WiMAXでのキャッシュバックのもらい方を確認します。

  1. キャッシュバックの送金は、金融庁管轄の資金移動業者であるイーコンテクスト社(登録番号:関東財務局長第00030号)の「CASH POST」サービスを利用(※3)します。
  2. クレジットカードなど口座振替以外のお支払いの場合はサービス開通翌月を1カ月目として9カ月目(※1)、口座振替のお支払いの場合はサービス開通翌月を1カ月目として6カ月目 が特典適用月となります。サービスが開始されたら、BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」をご確認ください。
  3. 「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になりますので、振込希望の金融機関情報を入力してください。指定口座受け取りの手続き完了から数日後にご指定の口座へ振り込みが行われます。
  4. キャッシュバックに関する各種連絡は、特典適用月の月初1日目に連絡先メールアドレス宛にご連絡(※2)いたします。日常お使いのメールアドレスをBIGLOBEのマイページからご登録ください。

「キャッシュバック特典受取方法について」より抜粋

キャッシュバックの連絡はいつ来る?

「サービス開通翌月を1カ月目としてカ月目(※1)」と記載されています。

「サービス開通月」とは課金開始日(利用開始日)が含まれる月で、具体的にはルーター機器を宅配業者から受け取った日を含む月になります。

その翌月を起点として9か月目にキャッシュバック手続きのためのメールが送られてきます。

また、BIGLOBEの会員サイト「マイページ」にログインすると、具体的なキャッシュバック手続きの月がいつなのかわかります。

メールはどこに送られてくる?

「特典適用月の月初1日目に連絡先メールアドレス宛にご連絡(※2)」と記載されています。

「連絡先メールアドレス」とは、BIGLOBEからもらうメールアドレスとは別に、あなたがBIGLOBEとの連絡用として登録したメールアドレスになります。

この「連絡先メールアドレス」はBIGLOBE WiMAXの申込後に、会員サイト「マイページ」から登録します。

※もちろん、BIGLOBEからもらったメールアドレスを登録してもかまいません。

手続きって何?

「イーコンテクスト社(登録番号:関東財務局長第00030号)の「CASH POST」サービスを利用(※3)」と記載されています。

手続きとは、「CASH POST」サービス内にて、振込先銀行口座情報を登録することを言います。

つまり、BIGLOBEから送られてくる「口座指定案内メール」には、この「CASH POST」サービスで必要な「受付番号」が送られてくることになります。

キャッシュバック特典「指定口座受取」の手続き方法について | BIGLOBE

キャッシュバックはいつ振り込まれる?

「手続き完了から数日後に振り込みを行います(※4)」と記載されています。

ですが、イーコンテクスト社「CASH POST」サービスは、振込先登録の即日または翌日には振込が行われます。

実際には手続き(振込先登録)後、即日または翌日の振込と考えておいて良いでしょう。

なお、キャッシュバックの受け取りに関する詳しい説明は、以下の記事を参考にしてください。


「最低利用期間1年」の「1年プラン」登場!

今すぐ申し込む

1年目の違約金1,000円、2年目以降は違約金ナシ!


シンプルな月額料金割引なら「Smafi WiMAX」もおすすめ

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン変更

2019年10月よりBIGLOBE WiMAXの新料金プラン「1年プラン」が発表になりました。契約形態が今までの「3年契約自動更新型」から「最低利用期間1年」となり、契約期間が大幅に短くなりました。

その反面、WiMAXルーターが別途有料になり、総額としては旧プランよりも高くなってしまいました。

今回のプラン改定により、今まで人気だった「ずっと3,660円の月額料金割引」キャンペーンが終了してしまいました。

今までのBIGLOBE WiMAXの「月額割引キャンペーン」のように「ずっと定額の月額割引」をご検討なら、新サービス「Smafi WiMAX」もおすすめです。

シンプルな月額割引・ずっと定額3,590円

「Smafi WiMAX」の魅力はBIGLOBE WiMAXの旧「月額割引キャンペーン」と同様の「シンプルで必ず安くなる月額割引」であることと「3年間ずっと定額3,590円」という点です。

BIGLOBEの旧「月額割引キャンペーン」と同じ特徴ながらBIGLOBEよりさらに月額料金が安く設定されています。

不要なオプションナシ!

「Smafi WiMAX」を提供しているのはGMOとくとくBBです、キャッシュバックキャンペーンや月額割引キャンペーンでも最安クラスのWiMAXを提供している有名なプロバイダーですね。

「GMOとくとくBB」の他のキャンペーンでは申し込み加入時の必須オプションとして「端末保証サービス」と「公衆無線LANサービス」が必ず付いてきます。加入当初はオプション無料なので、無料期間中にオプション解除する必要があります。

「Smafi WiMAX」はこのようなわずらわしさがなく、「加入時必須オプションなし」「必要なら加入後にオプション追加」というて点が異なっています。

BIGLOBEの旧「月額割引キャンペーン」をご検討の方なら、「Smafi WiMAX」もおすすめです。

WiMAXお得情報

WiMAXキャンペーン情報

今月のおすすめWiMAXキャンペーンをご紹介しています。

WiMAX2年・3年総額比較

WiMAXサービスを提供する各社のサービス料金を2年契約・3年契約ごとに契約期間の総額および月平均額で比較しています。

新プラン「1年プラン」登場!
最低利用期間1年、違約金1,000円!
「BIGLOBE WiMAX 2+」