ドコモ・au・ソフトバンクが使えて無制限「どんなときもWi-Fi」海外でもそのまま使える!
2019年3月に「どんなときもWiFi」が登場しました。今までWiMAX一択だったポケットWiFiに全くの新しい風を起こした通信サービスとなりました。

ドコモ・au・ソフトバンクの電波が使えるつまり日本全国どこでも使えるうえに、海外でもそのまま電源を入れなおすだけで使えます。

そして「月間のギガ無制限」「短期間の使い過ぎによる速度制限なし」という、WiMAXで唯一の不満だった「3日10ギガ制限」を回避した通信サービスで、あっという間に人気のポケットWiFiとなりました。

2019年9月に入り、「どんなときもWiFi」と同類の「ギガ無制限」のポケットWiFiサービスが複数登場してきました。

  • よくばりWiFi
  • MUGEN WiFi
  • 限界突破WiFi
  • めっちゃWiFi

どのサービスも「どんなときもWiFi」と同じように、「ギガ無制限」「使い過ぎによる速度制限なし」という使い放題のポケットWiFiサービスです。

この記事では、これら類似の「ギガ無制限ポケットWiFi」の5つのサービスを比較し、それぞれの特徴とおすすめしたい人を考察してみました。

真の無制限ポケットWi-Fi!
迷ったらどんなときも!
どんなときもWiFi(芸能人有)
使用レポートはこちら

目次

発表!使い方別のベスト無制限WiFi

まずは料金・契約面その他サービスの特徴

まず、5つのサービスの料金的・契約的・通信サービス的な特徴をまとめると、以下のようになります。

サービス 特徴
どんなときもWiFi
  • 実績と情報で、まずは「どんなときもWiFi」
  • 3年以上使うなら料金的に損
よくばりWiFi
  • 端末保証オプション付きなら2年間最安で使える
  • ソフトバンク回線のみなので、少し心配
MUGEN WiFi
  • 月額最安「ずっと3,280円」だけど、隠れコストにより2年総額は安くない
  • だけど3年以上使うならやはり最安になる
  • 注意点として「契約解除料(違約金)が異常に高い」ということ
限界突破WiFi
  • 「初期費用無料」で2年総額を抑えているので、3年以上使うなら損!
  • 3年目からは「1年契約」となり違約金も5,000円と安くなる
  • 海外での「周遊プラン」があり長期滞在・周遊ではおトク
めっちゃWiFi
  • 料金的にはまったく普通です
  • 「最低利用期間2年」なので3年目以降の縛りナシ
  • しかも2年目までの違約金も最安(9,800円)
  • 端末の破損・故障時の賠償金が安い(5,000円)
  • 海外利用時の料金も安い

これらの特徴をもとに、おすすめしたい人をまとめてみます。

大前提!ギガ無制限ポケットWiFiは2年で解約すべき!

ギガ無制限のポケットWiFiはどのサービスもクラウドSIMの仕組みを使ったサービスです。このため、専用端末を無くしたり壊したりした場合、WiMAXのように「アマゾンで同じもの買えばいいや!」とはなりません。

専用端末はあなた専用の端末なのです。

そして、どのサービスも「端末保証オプション」サービスを提供していますが、この「端末保証オプション」はバッテリー交換に対応してくれません。バッテリーが劣化したら「(18,000円程度)端末代金を支払って新規で購入」となります。

一般的にモバイル端末のバッテリーは3年以上は持ちません。

このことから、クラウドSIMを使ったギガ無制限のポケットWiFiは「2年使って乗り換える」べきです。

2年間使うなら「どんなときもWiFi」

2年間使うつもりの人は「どんなときもWiFi」をおすすめします。

2年間使って支払う費用の総額を見ると、どの「ギガ無制限ポケットWiFi」もほとんど変わらず、月に100円もかわりません。

そうであれば、実績と情報が豊富な「どんなときもWiFi」を選ぶべきでしょう。

迷ったら「どんなときもWi-Fi」

2年間使うなら実績と情報で「どんなときもWiFi」

2年間を端末保証付けて使うなら「よくばりWiFi」

「ギガ無制限ポケットWiFi」はどのサービスも専用端末はレンタルになります。このレンタル端末は壊してしまうと18,000円を支払って修理・交換してもらわないといけません。

この場合に便利なのが各社の「端末保証サービス」です。月額380円から500円ほどのオプションです。

そして、この「端末保証オプション」を付けるのであれば、「よくばりWiFi」をおすすめします。

「よくばりWiFi」は「端末保証オプション」を付けると「最大2か月間の料金無料」の特典がつき、各社の中で圧倒的に2年間の総額が安くなります。

端末保証オプション同時加入で最大2か月間無料の「よくばりWiFi」

  • 端末保証オプションを付けて2年間使うなら「よくばりWiFi」
  • ただしソフトバンク回線のみ

3年以上つかうなら「MUGEN WiFi(格安プラン)」

MUGEN WiFiは「ずっと3,280円」という低価格をアピールしています。

ですが、MUGEN WiFiには他社には無い隠れコスト「初期設定手数料(3,000円)」「端末返却手数料(1,080円)」が存在し、この隠れコストによって2年間の総費用は他社と変わらなくなります。

よって、2年間の利用ではMUGEN WiFiは安くありません。

しかし「3年以上使う」という場合には、この「ずっと3,280円」という低価格が効いてきます。3年以上使う場合、MUGEN WiFiは圧倒的に安くなります。

注意点として、MUGEN WiFiは他社よりも「契約解除料(違約金)」が異常に高く設定されています。契約して2年以内に途中解約する場合は圧倒的に高額な違約金を請求されます。

この点から「かならず3年以上使う」という人にはMUGEN WiFiはおすすめできるサービスです。

3年以上使うなら料金最安の「MUGEN WiFi」

覚悟を持って3年以上使うなら「MUGEN WiFi」

世界をまたにかけるなら限界突破WiFi

限界突破WiFiは他社と比べると海外での利用時のプランに特徴があります。

「300MB/1日」「1GB/7日」「3GB/30日」と3つのプランがあり、地域によってそれぞれ料金が異なります。

面白いのが「周遊プラン」です。アジア地域やヨーロッパ地域など、地域をまたがっても適用される「地域周遊プラン」もそれぞれ3プランで提供され、さらに世界中をまたがって移動しても「グローバル周遊プラン」が適用されます。

世界中を周遊しても「3GB/30日グローバル周遊プラン」で最大9,980円(非課税)となります。

国内でも海外でもバリバリ動き回るなら、限界突破WiFiの海外プランは面白いプランになります。

海外周遊プランが充実の「限界突破WiFi」

世界をまたにかけるなら限界突破WiFiの「グローバル周遊プラン」

気が向いたときに解約したいなら「めっちゃWiFi」

基本的な契約形態は「2年契約自動更新」ですが、「めっちゃWiFi」だけは「最低利用期間2年」であり3年目以降はいつ解約しても契約解除料(違約金)がありません。

また、2年以内の途中解約でも契約解除料(違約金)が9,000円と他社の半額になっています。

契約期間や違約金を気にしたくないなら「めっちゃWiFi」は気軽に契約できます。

なにげに安い、いろいろ安い「めっちゃWiFi」

「めっちゃWiFi」は2年縛りのみ、違約金も最安

総費用の比較

ここからは、各社の比較の根拠を見ていきます。

初期費用・月額費用の比較

まず、各社・各サービスの費用面から見ていきます。

各サービスの料金体系は以下のようになっています。

費用項目 費用・特典
どんなときも
Wi-Fi
よくばり
Wi-Fi
MUGEN
Wi-Fi
限界突破
Wi-Fi
めっちゃ
Wi-Fi
初期費用 契約事務
手数料
3,000円 3,800円 3,000円 0円 3,000円
初期設定
手数料
3,000円
ルーター
代金
無料 無料 無料 無料 無料
月額費用 1年目
2年目
3,480円 3,450円 3,280円 3,500円 3,480円
3年目以降 3,980円 3,450円 3,280円 3,500円 3,480円
端末保証
オプション
400円 380円 500円 500円 なし
解約時 端末返却
手数料
1,080円

初期費用・月額費用のポイント

上記の料金体系で注意すべきポイントは以下の点です。

  1. 「限界突破WiFi」は初期費用が無料
  2. 「よくばりWiFi」は初期費用3,800円と少し高い、他社は3,000円
  3. 「どんなときもWiFi」は3年目以降は高くなる、他社はずっと定額
  4. 「MUGEN WiFi」は月額最安だけど、隠れコスト(初期設定手数料・端末返却手数料)がある
  5. 「よくばりWiFi」は端末保証をつけると「最大2か月間無料」特典がある
  6. 「めっちゃWiFi」には端末保証サービスがない

このポイントからわかることは、「MUGEN WiFiは月額最安だけど2年総額ではそれほど安くない」「端末保証オプションを付けるならよくばりWiFiが最安」という事です。

2年総額(端末保証なし)

まず、端末保証オプションなしでの2年間の総費用と実質平均月額を計算してみます。

※実質平均月額 = 2年間の総額 ÷ 契約期間

費用項目 総額費用(端末保証なし)
どんなときも
Wi-Fi
よくばり
Wi-Fi
MUGEN
Wi-Fi
限界突破
Wi-Fi
めっちゃ
Wi-Fi
初期費用
総額
3,000円 3,800円 6,000円 0円 3,000円
月額費用
2年総額
87,000円 86,250円 82,000円 87,500円 87,000円
解約時費用 1,080円
2年総額 90,000円 90,050円 89,080円 87,500円 90,000円
実質月額
2年平均
3,600円 3,602円 3,563円 3,500円 3,600円

端末保証オプションを付けずに2年間の総額では、どれを選んでもあまりコストは変わりません。

月額料金が安く設定しているMUGEN WiFi(月額3,280円)も隠れコストがあるので結局高くなってしまいます。

2年総額(端末保証なし)ならどれもあまり変わらない、実績で「どんなときもWiFi」おすすめ

2年総額(端末保証あり)

では、同じ2年利用前提で端末保証オプションを付けた場合の総額比較をしてみます。

費用項目 総額費用(端末保証あり)
どんなときも
Wi-Fi
よくばり
Wi-Fi
MUGEN
Wi-Fi
限界突破
Wi-Fi
めっちゃ
Wi-Fi
初期費用
総額
3,000円 3,800円 6,000円 0円 3,000円
月額費用
2年総額
97,000円 88,090円 94,500円 100,000円
解約時費用 1,080円
2年総額 100,000円 91,890円 100,500円 100,000円
実質月額
2年平均
4,000円 3,676円 4,020円 4,000円

端末保証オプションを付けて2年間の総額を計算すると、とたんに「よくばりWiFi」がお得であることがわかります。

これは「よくばりWiFi」が端末保証オプションを付けると「最大2か月間の月額料金・オプション料金が無料」の特典があるからです。

端末保証オプションをつけるなら「よくばりWiFi」

解約条件も知っておこう

契約形態について

各社のサービスの契約形態は以下のようになります。

サービス 契約形態
どんなときもWiFi 2年契約自動更新
よくばりWiFi 2年契約自動更新
MUGEN WiFi 2年契約自動更新
限界突破WiFi 2年契約自動更新
ただし3年目からは「1年契約自動更新」
めっちゃWiFi 最低利用期間2年

基本的には「2年契約自動更新」ですが、限界突破WiFiとめっちゃWiFiは違います。

限界突破WiFiは最初の2年間を「2年契約自動更新」とし、3年目からは「1年契約自動更新」です。つまり、3年目以降は12か月ごとに契約更新月がくるし契約解除料(違約金)も5,000円と安くなっています。解約の敷居が低くなっています。

また、めっちゃWiFiは「最低利用期間2年」です。2年間は契約に縛られますがそれ以降はいつ解約しても契約解除料(違約金)は発生しません。

「めっちゃWiFi」と「限界突破WiFi」は解約の敷居いが低い

契約解除料金

そして、契約期間中の途中解約(契約更新月以外での解約)における契約解除料(違約金)は以下のようになります。

利用期間 契約解除料金
どんなときも
Wi-Fi
よくばり
Wi-Fi
MUGEN
Wi-Fi
限界突破
Wi-Fi
めっちゃ
Wi-Fi
0か月目~12か月目 19,000円 18,000円 30,000円 18,000円 9,800円
13か月目~24か月目 14,000円 12,000円 25,000円 18,000円 9,800円
25か月目 契約更新月のため無料
26か月目以降 9,500円 9,500円 9,500円 5,000円 0円

MUGEN WiFiの契約解除料金は異常に高額に設定されています。途中解約はできない覚悟で申し込みましょう。

逆に「めっちゃWiFi」は非常に安い違約金です。「最低利用期間2年」という契約形態と合わせて、契約の縛りが緩いと言えます。

MUGEN WiFiは契約解除料(違約金)が異常に高い

解約時の専用端末返却ルール

返却のルール

5社のサービスはすべて「専用端末(WiFiルーター)は無料でレンタル」と位置付けています。よって、解約時には専用端末の返却が必要です。

もし解約時に返却されなかったり、返却しても「不備と認められる」場合には端末本体代金に相当する損害金を支払う必要があります。

5社の端末返却ルールは以下のようになっています。

返却事項 専用端末返却条件
どんなときも
Wi-Fi
よくばり
Wi-Fi
MUGEN
Wi-Fi
限界突破
Wi-Fi
めっちゃ
Wi-Fi
返却期限 解約翌月10日 解約翌月10日 記載なし 記載なし 記載なし
返却品目 本体
個装箱
本体
USBケーブル(任意)
記載なし 記載なし 記載なし
損害金 18,000円 18,000円 20,000円 18,000円 5,000円

専用端末の賠償ルール

サービスの契約期間中の専用端末の破損・紛失・盗難などの場合も各社の対応をまとめます。基本的には専用端末の本体代金を支払い、代わりの専用端末と交換してもらうことになります。

利用期間 専用端末返却条件
どんなときも
Wi-Fi
よくばり
Wi-Fi
MUGEN
Wi-Fi
限界突破
Wi-Fi
めっちゃ
Wi-Fi
端末賠償金 18,000円 18,000円 20,000円 18,000円 5,000円

「めっちゃWiFi」の端末賠償金(本体代金)が5,000円というのは異常な安さ、利用者から見ると専用端末の心配がなくなるくらいの良いサービス価格設定だと言えます。

端末保証オプションの保証条件

このように、5社のサービスは「専用端末を無料レンタル」を基本としながら、解約時や利用時の破損・故障については高額な賠償金を支払って交換となります。

この高額な本体賠償金の負担を軽減するために各社は端末保証オプションを提供しています。

※唯一「めっちゃWiFi」は端末保証オプションを提供していません。

端末保証オプションのサービス内容

利用期間 専用端末返却条件
どんなときも
Wi-Fi
よくばり
Wi-Fi
MUGEN
Wi-Fi
限界突破
Wi-Fi
めっちゃ
Wi-Fi
補償オプション料金 400円 380円 500円 500円
加入条件 同時加入のみ 同時加入のみ 同時加入のみ 同時加入のみ
解約条件 随時可能 随時可能 途中解約不可 随時可能
補償対象 随時可能 随時可能 途中解約不可 随時可能
補償条件 随時可能 随時可能 途中解約不可 随時可能

端末保証オプションの月額料金については各社の違いがありますが、それ以外では「MUGEN WiFiは保証オプション途中解約不可」という点が特徴です。

端末保証オプションの適用条件

注意すべきは「端末保証オプションに加入していれば、なにがあっても端末無料交換してくれる」というわけではない、ということです。

どんなときもWiFi「あんしん補償」

「どんなときもWiFi」の端末保証サービス「あんしん補償」の内容を少し詳しく見てみます。

申し込み条件 どんなときもWiFiサービスとの同時加入が条件。
後からの加入、オプション解約後の再加入は不可
補償対象
  • 取扱説明書及びその他の注意事項等の記載内容に従った正常な使用状態の下で機器が故障した場合
  • 機器が水濡れで故障した場合
  • 機器が破損した場合
  • 機器が全損した場合
  • ※盗難・紛失は対象外
補償対象外 以下の場合は有償対応

  • お客様の改造による損害
  • 盗難・紛失
  • 使用による劣化や色落ち等
注意事項
  • 水没・全損での交換時は「中古品Aランク」との交換になります。それ以外の故障は「新品」と交換致します。
  • 補償の対象期間はオプションの加入期間内に限ります。
  • 1度補償による交換を利用してから6か月以内に再度補償を受けたい場合は有償(18,000円)での交換になる可能性が御座います。

どんなときもWiFi「あんしん補償」オプション | どんなときもWiFi

「6か月以内に再度補償を受けたい場合は18,000円かかるかもしれない」という点が注意点ですが、これは補償サービスとしては当然の規定でしょう。

また、バッテリー劣化も「仕様による劣化」に含まれ、補償サービス対象外となる点にも注意です。バッテリー劣化が補償対象にならないのは、他社も同じです。

「どんなときもWiFi」の端末保証オプションは「最大72,000円(18,000円×4回)の端末賠償金のために9,600円(400円×24回)の保険金を支払いますか?」という補償サービスになります。

よくばりWiFi「端末補償サービス」

「よくばりWiFi」の端末保証サービス内容は、まったく「どんなときもWiFi」と同じです。おそらく、料金プランも補償サービスも「どんなときもWiFi」をターゲットとして商品設計しているのでしょう。

申し込み条件 よくばりWiFiサービスとの同時加入が条件。
後からの加入、オプション解約後の再加入は不可
補償対象
  • 取扱説明書及びその他の注意事項等の記載内容に従った正常な使用状態の下で機器が故障した場合
  • 機器が水濡れで故障した場合
  • 機器が破損した場合
  • 機器が全損した場合
  • ※盗難・紛失は対象外
補償対象外 以下の場合は有償対応

  • お客様の改造による損害
  • 盗難・紛失
  • 使用による劣化や色落ち等
注意事項
  • 水没・全損での交換時は「中古品Aランク」との交換になります。それ以外の故障は「新品」と交換致します。
  • 補償の対象期間はオプションの加入期間内に限ります。
  • 1度補償による交換を利用してから6か月以内に再度補償を受けたい場合は有償(18,000円)での交換になる可能性が御座います。

よくばりWiFiサービス契約約款 | よくばりWiFi

「よくばりWiFi」の端末保証オプションは「最大72,000円(18,000円×4回)の端末賠償金のために9,120円(380円×24回)の保険金を支払いますか?」という補償サービスになります。

MUGEN WiFi
申し込み条件 MUGEN WiFiサービスとの同時加入が条件。
後からの加入、オプション解約後の再加入は不可
オプションの途中解約は不可
補償対象
  • 取扱説明書及びその他の注意事項等の記載内容に従った、正常な使用状態の下で機器が故障した場合
  • 機器が水濡れで故障した場合
  • 機器が破損した場合
  • 機器が全損した場合
補償対象外 以下の場合は有償対応

  • お客様の故意による破損、改造による損害
  • 盗難・紛失
  • 使用による劣化や色落ち等
注意事項
  • 水没・全損での交換時は「新品」との交換になります。
  • 補償の対象期間はオプションの加入期間内に限ります。
  • 補償サービス対象外の場合の有償交換費用は20,000円
  • 1度補償をうけたあと、12ヶ月以内の再度補償を受けたい場合は、1台あたり20,000円(税抜)発生いたします。

MUGEN WiFiお申し込みフォーム | MUGEN WiFi

「MUGEN WiFi」は他社と比較して「補償オプションの途中解約は不可」という点と「有償対応の場合は20,000円」と少し高い点に注意です。

また、「1度補償をうけたあとの再度の補償は12か月以上」となることから、2年間の契約期間中で2度の補償サービス利用が前提となっています。

つまり「MUGEN WiFi」の端末保証サービスは「最大40,000円(20,000円×2回)の端末代金に対して12,000円(500円×24回)の保険金を支払いますか?」という保険サービスになります。

限界突破WiFi
めっちゃWiFiの端末保証

「めっちゃWiFi」は端末保証サービスを提供していません。そのかわり、「端末損害賠償金」が他社より格段に安い5,000円と規定されています。

このため、「もし専用端末が壊れても5,000円で交換してもらえる!」という気軽な設計になっています。

各社の端末保証サービスは2年間の保険料として9,000円~12,000円で18,000円~20,000円の端末賠償金を無しにしてくれるサービスですが、一方で「めっちゃWiFi」は「壊れたときに5,000円」というシンプルに考えることもできます。

料金・契約形態のまとめ

2年契約ならどれもほぼ同じ費用総額

2年間使う前提なら2年間の費用総額はどこもあまり変わりません。2年間では「限界突破WiFiが3,500円/月で最安」「どんなときもWiFiが3,600円/月で高額」という感じです。

2年契約で端末保証オプションを付けるなら

端末保証オプションをつけるなら「よくばりWiFi」が「最大2か月間無料」の特典があり、これにより2年間の総額が最も安くなります。

3年以上使うなら

3年以上使う場合は、各社の料金プランの特徴が出てきます。

「どんなときもWiFi」は3年目以降は3,480円から3,980円へとぐっと値上がりします。

「限界突破WiFi」も「ずっと月額3,500円」ですが初期費用無料により最初の2年間の総費用を下げているので、3年目以降もずっと3,500円なので他社よりちょっと割高になります。

3年以上使う場合は「MUGEN WiFi」の「ずっと3,280円」が効いてきますが、「MUGEN WiFi」は契約解除料(違約金)が異常に高いのでくれぐれも途中解約には注意が必要です。

途中解約するかも~なら

契約途中で解約するかもしれない場合は「限界突破WiFi」と「めっちゃWiFi」が解約しやすい契約形態になっています。

「限界突破WiFi」は最初は「2年契約自動更新」ですが、3年目からは「1年契約自動更新」になり、12か月ごとに契約更新月がやってきます。

さらに「めっちゃWiFi」は「最低利用期間2年」なので、3年目以降はいつ解約しても契約解除料(違約金)が不要、さらに途中解約時の契約解除料(違約金)も他社よりずっと安く設定されています。

「どんなときもWiFi」はこんなサービス

ドコモ・au・ソフトバンクが使えて無制限「どんなときもWi-Fi」海外でもそのまま使える!

どんなときもWiFiのメリット・デメリット

メリット

  • (半年ほどだけど)他社サービスより実績があり、安心感あり、
  • Broad WiMAXやネクストモバイルなども運営しているので安心感あり
  • 会員専用サイトなどのサポートも充実
  • 口座振替払いが選べる(料金は高くなる)

デメリット

  • 3年目以降は月額料金が高くなるので2年で解約すべき

2年間を端末保証なしで使うなら実績で選ぶ

どんなときもWiFiをはじめとした「ギガ無制限のポケットWiFi」は、2019年3月の「どんなときもWiFi」サービス開始を筆頭に、2019年9月以降に複数の同類サービスが参入してきました。

現在(2019年10月)での十分な運用実績があるのは「どんなときもWiFi」だけです。

私も2019年4月から「どんなときもWiFi」を利用していますが、通信障害もありましたがサービスは改善されてきています。

また、「どんなときもWiFi」を提供しているグッドラック社は関係会社含めて「Broad WiMAX」や「ネクストモバイル」なども運営している通信事業者です。

実績からの安心感としては「どんなときもWiFi」となると感じています。

3年目からは最も高くなる、2年で解約すべき

「どんなときもWiFi」は最初の2年間は月額3,480円ですが、3年目以降は月額3,980円となります。

このため、「ずっと定額」という価格設定をしている他社と比べると「3年目以降は非常に高くなる」という点に注意です。

「どんなときもWiFi」は3年以上使い続けるより、2年使って契約更新月で解約すべきです。


\まずは2年間使ってみよう/

実績なら「どんなときもWiFi」

迷ったらどんなときも!


「よくばりWiFi」はこんなサービス

よくばりWi-Fi

よくばりWiFiのメリット・デメリット

メリット

  • 端末保証サービスをつけると2年総額で最安になる
  • ずっと定額3,450円なので3年以上使うならどんなときもWiFiよりおトク

デメリット

  • 使用回線はソフトバンク回線のみ(ドコモ回線は?au回線は?)

2年使うなら「どんなときもWiFi」をおすすめ

「よくばりWiFi」を2年使って解約すると仮定すると、その2年間の総費用は「どんなときもWiFi」とほとんど変わりません、月額60円ほど安くなる程度です。

なので、この程度のコスト差であれば、現時点では実績のある(運用期間の永い)「どんなときもWiFi」が安心しておすすめできます。

端末保証を付けて2年間使う場合にはベスト

オプション加入で最大2か月間無料の特典

ただし、この2年間の利用に「端末保証オプション」をつけるなら話しは違ってきます。

「よくばりWiFi」は同時加入で「端末保証オプション(月額380円)」をつけると「最大2か月間の月額料金・オプション料金が無料」という特典がついてきます。

この特典により、なんと「オプションなし」より「オプションあり」の方が安くなってしまうんです。「よくばりWiFi」は「端末保証オプション」を付けたほうが安くなってしまうんです。

そして、当然ながらこの場合は「どんなときもWiFi+端末保証オプション」よりも断然安くなります。

端末保証オプションは必要か?

「よくばりWiFi」だけを見ると、端末保証オプションを付けたほうが安くなるから「オプションは付けるべき」と言えます。

また、「よくばりWiFi」だけでなく全社のサービスとして、専用端末はレンタルであり解約時には端末の返却が必要です。

この時に端末が故障していると18,000円(よくばりWiFiの場合)が請求されます。

ましてや、専用端末は「クラウドSIM」対応のルーターなので、WiMAXルーターのように「壊れたらアマゾンで同じルーターを買えばいい?」とはなりません。

ギガ無制限のサービスを利用する場合、端末保証オプションは付けるべきでしょう。

3年以上使うなら?

3年以上使う場合、「よくばりWiFi」はずっと定額3,450円なのでどんなときもWiFiの「3年目以降月額3,980円」よりぐっと安くなります。長く使えば使うほど、「どんなときもWiFi」より安くなります。

ただし、3年以上使う場合はMUGEN WiFiが「ずっと定額3,280円」と最安です。

このため、3年以上使う場合でも「端末保証オプション」を付けるなら「よくばりWiFi」がお得、「端末保証オプション」を付けないなら「MUGEN WiFi」がお得となります。

回線はソフトバンク回線のみ

「よくばりWiFi」は「どんなときもWiFi」のように「トリプルキャリア対応」ではありません。サービス約款に「ソフトバンクの提供エリア」と明記されています。

(通信の条件)
第 28 条 国内通信のよくばり WiFi 通信サービスを利用できる区域については、Softbank が提供するエリアに準じるものとします。ただし、その区域内にあっても、屋
内、地下、トンネル、ビルの陰、山間部、海上等電波の伝わりにくいところでは、通信を行うことができない場合があります。

よくばり WiFi サービス契約約款(PDFが開きます) | よくばりWiFi

私は2019年4月から「どんなときもWiFi」を使っていますが、現在はほとんどソフトバンク回線しか掴みません。

ただし、やはり山間部などだと(ごくまれにですが)ドコモ回線に繋がる場合があります。この場合、ドコモが提供しているアクセスポイントではなく、ドコモ回線の格安SIMサービス「LinksMate」のアクセスポイントになります。

そのため、回線速度はソフトバンク回線よりも随分と遅い「1Mbps~10Mbps」程度となります。

なお、au回線にはつながったことを確認したことがありません。

このように「どんなときもWiFi」でも「ドコモ回線」はあまり快適な回線ではありませんが、ドコモ回線には「よくばりWiFi」は対応していないことは注意点となります。

よくばりWiFiをおすすめしたい人

「よくばりWiFi」は「端末保証オプション」とセットで申し込むべきサービスです。

「端末保証オプション」が不要なら、「料金的にとってもおトク」とはなりません。この場合は実績で「どんなときもWiFi」をおすすめします。

ただし「端末保証オプション」が必要なら、2年使っても3年以上使っても「よくばりWiFi」がおすすめです。

利用期間と端末保証の関係

  • 端末保証なしで2年使う
    ⇒ 実績で「どんなときもWiFi」
  • 端末保証ありで2年使う
    ⇒ 圧倒的安さで「よくばりWiFi」
  • 端末保証なしで3年以上使う
    ⇒ 最安で「MUGEN WiFi」
  • 端末保証ありで3年以上使う
    ⇒ 最安で「よくばりWiFi」

こんな感じです。


\最大2か月間無料/

端末保証&「よくばりWiFi」

ずっと月額3,450円


「MUGEN WiFi(格安プラン)」はこんなサービス

無限WiFi

MUGEN WiFiのメリット・デメリット

メリット

  • ずっと定額3,280円なので3年以上使うなら一番安くなる

デメリット

  • 初期費用や解約時端末返却時に隠れコストがあるので2年総額は安くならない
  • 契約途中解約時の契約解除料が異常に高い

2年利用は実は安くない

ずっと定額3,280円

MUGEN WiFi(格安プラン)は月額3,280円という月額料金の安さをアピールしていますが、実はそれほど安くなりません

MUGEN WiFiの隠れコスト

安くならない理由としては、他社には無い「初期設定手数料」という名目での初期費用が3,000円必要なためです。

また、解約時にはレンタル端末を返却しなければなりませんが、MUGEN WiFiは端末返却時に「返却手数料1,080円(税抜き)」が別途必要となります。

月額料金は他社より安く設定していますが、初期費用と解約時にちょこちょこお金がかかるシステムです。

  • MUGEN WiFiは初期設定手数料・端末返却手数料が必要
  • 2年間使うならおすすめできない

3年以上使うなら圧倒的安さ

MUGEN WiFiを2年間使うのはおすすめできませんが、3年以上つかうならかなりおすすめです。

MUGEN WiFiの月額3,280円という月額料金は3年目以降もずっと同じ料金、つまり3年目からは他社よりもぐんぐん安くなる仕組みです。

3年以上使うつもりならもっともおすすめ

2年以内の解約は避けるべき

MUGEN WiFiは「2年契約自動更新」の契約で、契約更新月以外での解約では契約解除料が請求されます。これはどのポケットWiFiも同様です。

この契約途中解約での契約解除料について、MUGEN WiFiは他社よりも圧倒的に高額な違約金が設定されています。そのため、最初の2年以内に途中解約すると圧倒的にコストが高くなります。

つまり、MUGEN WiFiは「覚悟を持って3年以上使うポケットWiFi」なのです。

MUGEN WiFiをおすすめしたい人

MUGEN WiFiをおすすめできるのは「覚悟をもって3年以上使う人」です。

「2年使って解約!」という人には「隠れコストで実はあまり安くありません」、ましてや「途中で解約するかも」という人には「違約金めっちゃ高いですよ」ということです。


\3年目以降もずっと3,280円/

長期でおトク「MUGEN WiFi」

覚悟を持って申し込もう!


「限界突破WiFi」はこんなサービス

限界突破WiFi

限界突破WiFiのメリット・デメリット

メリット

  • 初期費用無料なので安く始められる
  • 3年目からは「1年契約自動更新」となる、違約金も安い
  • 長期間の海外滞在に有利な海外利用料金(周遊プランあり)

デメリット

  • スマホタイプの専用端末

めっちゃWiFiの料金体系と特徴

初期費用・月額料金

限界突破WiFiの料金体系は以下のようになっています。

費用項目 費用
初期費用 事務手数料
ルーター代金 無料
※レンタル
月額費用 0か月目
※利用開始月
最大3,500円
※日割り計算
1か月目以降 ずっと3,500円
2年総額費用 87,500円
実質平均月額 3,500円

「ずっと定額3,500円」というのは非常に安いし永く使ってもお得と言えますが、同類の他社も非常に安く提供しているので、あまり「ずっと月額3,500円」が目立たなくなりました。

また、限界突破WiFiの特徴として、通常他社では3,000円の「事務手数料」が無料となっている点があります。

初期費用が安く抑えられる点に魅力があります。

海外での利用

限界突破WiFiは海外でもそのまま利用することができます。料金は他社サービスのように「1日課金」とは別に複数のプランが提供されているのが特徴です。

海外利用プラン プラン内容
300MB/日プラン 1日で300MBまで高速通信
1GB/7日プラン 7日で1GBまで高速通信
3GB/30日プラン 30日で3GBまで高速通信

このように、滞在期間に応じて3つのプランが提供されているのが限界突破WiFiの特徴にもなります。

アジアでの利用
地域 300M/1日プラン 1GB/7日プラン 3GB/30日プラン
中国/香港/台湾/韓国/マレーシア/ベトナム/インドネシア/タイ/日本(※) 380円 980円 1,880円
マカオ / フィリピン 380円 980円 2,880円
シンガポール 380円 1,480円 2,880円
ラオス/スリランカ/パキスタン/サウジアラビア/ミャンマー 680円 1,480円 2,880円
カンボジア 680円 1,480円 3,480円
バーレーン/イスラエル 680円 1,480円 3,980円
カザフスタン 680円 1,480円 4,980円
アラブ首長国連邦/モルディブ 780円 1,780円 4,480円
インド 780円 1,980円 3,980円
モンゴル/ネパール/ヨルダン 780円 1,980円 4,980円
バングラデッシュ/カタール 980円 1,980円 4,980円
北米での利用
地域 300M/1日プラン 1GB/7日プラン 3GB/30日プラン
アメリカ(ハワイ・アラスカ含む)/カナダ/メキシコ 580円 1,480円 2,980円
プエルトリコ/グアム・サイパン 780円 1,680円 4,480円
南米での利用
地域 300M/1日プラン 1GB/7日プラン 3GB/30日プラン
コロンビア/ベネズエラ/ウルグアイ 580円 1,480円 3,980円
アルゼンチン/ブラジル/パナマ 780円 1,980円 4,980円
チリ/ペルー 980円 2,980円 5,980円
ボリビア/エクアドル/コスタリカ 1,280円 2,980円 6,980円
ドミニカ共和国/グアテマラ/ニカラグア/エルサルバドル 1,480円 3,980円 9,800円
オセアニアでの利用
地域 300M/1日プラン 1GB/7日プラン 3GB/30日プラン
オーストラリア/フィジー 580円 1,480円 2,980円
ニュージーランド 780円 1,980円 4,980円
アフリカでの利用
地域 300M/1日プラン 1GB/7日プラン 3GB/30日プラン
モロッコ(西サハラ含む)/エジプト/ケニア 680円 1,480円 3,980円
アルジェリア/ガーナ/南アフリカ/ザンビア 780円 1,980円 4,980円
モーリシャス/ナイジェリア/チュニジア/タンザニア 1,280円 2,480円 6,980円
アンゴラ 1,480円 3,980円 9,800円
アジア周遊での利用

地域ごとに「周遊プラン」が提供されています。同一地域の複数の国を移動する場合に適用されるプランです。

地域 300M/1日プラン 1GB/7日プラン 3GB/30日プラン
日本 / 中国 / 香港 / インドネシア / 韓国 / 台湾 / マカオ / マレーシア / フィリピン / シンガポール / タイ / ベトナム 1,880円 3,980円
ヨーロッパ周遊での利用

地域ごとに「周遊プラン」が提供されています。同一地域の複数の国を移動する場合に適用されるプランです。

地域 300M/1日プラン 1GB/7日プラン 3GB/30日プラン
オーストリア/ベルギー/ブルガリア/スイス/リヒテンシュタイン/キプロス/チェコ/ドイツ/デンマーク/エストニア/スペイン/フィンランド/オーランド諸島/フランス/モナコ/イギリス/ギリシア/クロアチア/ハンガリー/アイルランド/アイスランド/イタリア/バチカン/サンマリノ/リトアニア/ラトビア/オランダ/ポーランド/ポルトガル/ルーマニア/ロシア/スウェーデン/スロベニア/スロバキア/トルコ/ウクライナ 1,880円 3,980円
グローバル周遊での利用

さらに、地域をまたがって移動する場合に「グローバル周遊プラン」が提供されています。

地域 300M/1日プラン 1GB/7日プラン 3GB/30日プラン
日本 / 中国 / 香港 / 台湾 / 韓国 / マレーシア / ベトナム / インドネシア / タイ / マカオ / フィリピン / シンガポール / ミャンマー / ラオス / スリランカ / パキスタン / サウジアラビア / カンボジア / バーレーン / イスラエル / カザフスタン / アラブ首長国連邦 / モルディブ / インド / モンゴル / ネパール / ヨルダン / バングラデッシュ / カタール / オーストリア / ベルギー / ブルガリア / スイス / リヒテンシュタイン / キプロス / チェコ / ドイツ / デンマーク / エストニア / スペイン / フィンランド / オーランド諸島 / フランス / モナコ / イギリス / ギリシア / クロアチア / ハンガリー / アイルランド / アイスランド / イタリア / バチカン / サンマリノ / リトアニア / ラトビア / オランダ / ポーランド / ポルトガル / ルーマニア / ロシア / スェーデン / スロベニア / スロバキア / トルコ / ウクライナ / ハンガリー / ルクセンブルク / ノルウェー / アルバニア / マルタ / セルビア/ アメリカ(ハワイ・アラスカ含む) / カナダ / メキシコ / プエルトリコ / グアム / サイパン / コロンビア / ベネズエラ / ウルグアイ / アルゼンチン / ブラジル / パナマ / チリ / ペルー / ボリビア / エクアドル / コスタリカ / ドミニカ共和国 / グアテマラ / ニカラグア / エルサルバドル / オーストラリア / フィジー / ニュージーランド / モロッコ / 西サハラ / エジプト / ケニア / アルジェリア / ガーナ / 南アフリカ / ザンビア / モーリシャス / ナイジェリア / チュニジア / タンザニア / アンゴラ 4,980円 9,980円

このように、海外利用時の通信サービスについて「限界突破WiFi」は特徴があります。

「日単位課金」だけでなく「7日単位」「30日単位」に加えて「周遊プラン」は大きな特徴です。

海外利用の多い方には海外での通信費を抑えることに役立つプランだと言えます。

契約形態と契約解除料(違約金)

限界突破WiFiの契約形態は「2年契約自動更新」ですが、3年目からは「1年契約自動更新」となり、3年目以降は12か月ごとに「契約更新月」が訪れることになります。

また、契約更新月以外での契約解除料(違約金)は以下のようになります。

利用期間 契約解除料(違約金)
0か月目~24月か月目 18,000円
25~27か月目 契約更新月のため無料
28か月目以降 5,000円(契約更新月以外)

限界突破WiFiでは、契約更新月は3か月間と他社より長めの期間となります。

限界突破WiFiの最初の2年間の契約解除料(違約金)は他社と同等または少し高いですが、3年目以降は違約金5,000円とぐっと安くなります。

その他に発生しうる料金

レンタル端末が故障・破損した場合には他社では損害金18,000円が必要となり、その保険となるのが端末保証サービスです。

めっちゃWiFiには他社では提供しているレンタル端末の保証サービスがありません

その代わり、めっちゃWiFiでは他社よりも端末の故障・破損時の損害金が5,000円と安く設定されています(他社は18,000円ほど)。

限界突破WiFiの通信サービス

限界突破WiFiは「ドコモ・au・ソフトバンク」のトリプルキャリア対応の通信サービスです。

限界突破WiFiの専用ルーター

限界突破WiFiの専用ルーターは「どんなときもWiFi」はじめ他社でも使われている「GLOCALNET D1(U2s)」となります。

レンタル契約なので解約時には返却が必要、また故障・破損時には本体の修理・交換に賠償金が生じます。

限界突破WiFiは他社では提供している「端末保証サービス」が提供されていないため、端末の故障・破損時には賠償金を支払って修理・交換をしてもらうことになりますが、この賠償金が5,000円(他社は18,000円程度)と非常に安く設定されています。

限界突破WiFiの評価

限界突破WiFiは「ずっと月額料金3,500円」と非常に安くまた長く使っても変わらないシンプルプランなのですが、他社も同様に安いためあまり安さのイメージがありません。

特徴は「3年目以降は比較的契約の縛りが緩い(解約しやすい)」という点と、海外での利用プランに「周遊プラン」があって海外をあちこと飛び回る人にはおトクな海外プランになっている点が挙げられます。

契約の縛りが緩い

限界突破WiFiは最初の2年間は「2年契約自動更新」ですが、3年目からは「1年契約自動更新」となります。このため、3年目以降は12か月ごとに契約更新月が訪れる点がポイント、さらに契約更新月が3か月間もある点もポイントです。

さらに、3年目以降の契約解除料(違約金)が他社よりも比較的安く5,000円に設定されています。

海外プランが充実

他社のサービスでの海外プランが「1日1ギガ課金」であるのに対して、限界突破WiFiでは「300MB/1日」「1GB/7日」「3GB/30日」と3つのプランが自動的に適用されます。

特徴は国をまたがって移動しても「エリア周遊プラン」が適用、さらにエリアをまたがって移動しても「グローバル周遊プラン」が適用されます。

世界中を移動しても「3GB/30日で最大9,980円」という面白いプランがあり、海外をあちこと移動する人に向いているプランだと言えます。

独自のスマホ型ルーターは少し残念

限界突破WiFiは他社サービスのように「GLOCALNET D1(U2s)」ではなく、スマホ型の専用端末を提供しています。

スマホ型で大型ディスプレイを持っており「翻訳」「地図」などの利用が可能ですが、これはスマホでできること。

ディスプレイ破損などを考えると、あまりメリットがないのではないか?と思います。

めっちゃWiFiの安さのポイント

  • 3年目からは「1年契約自動更新」で契約更新期間も3か月間ある
  • 初期費用無料で安く始められる
  • 海外プランが充実、世界中回っても3GB/30日で最大9,980円


\翻訳できる!地図使える!/

スマホタイプ「限界突破WiFi」

解約の敷居も低い良プラン


「めっちゃWiFi」はこんなサービス

めっちゃWiFi

めっちゃWiFiのメリット・デメリット

メリット

  • 「最低利用期間2年」なので3年目以降は縛りなし
  • 契約解除料(違約金)も圧倒的に安い
  • 端末の故障・破損時の賠償金が他社より安い
  • 海外利用時の料金が他社より安い

デメリット

  • 端末保証サービスが提供されない

めっちゃWiFiの料金体系と特徴

初期費用・月額料金

めっちゃWiFiの料金体系は以下のようになります。

費用項目 料金
初期費用 事務手数料 3,000円
ルーター代金 無料
※レンタル
月額費用 0か月目
※利用開始月
最大3,480円
※日割り計算
1か月目以降
※利用開始月
ずっと3,480円
2年総額費用 90,000円
実質平均月額 3,600円

「ずっと3,480円」というシンプルプランは安いですが、他社も同様に安いのであまりインパクトはありません。

海外での利用

めっちゃWiFiは海外でもそのまま利用することができます。料金は国内利用の使い放題とは別料金で日ごとに課金されます。

地域 利用料金(非課税)
アジア 850円/日
ヨーロッパ・アジア・アフリカ・アメリア・オセアニア 1,250円/日

1日1ギガまで使えて、1ギガ超過後は通信速度が384Kbpsに制限されます。

また、「1日」は現地時間や日本時間ではなく国際標準時間で判断され、日本時間のAM9時となります。

海外利用時の料金は、他社サービスよりも安く設定されています。

契約形態と契約解除料(違約金)

めっちゃWiFiは「最低利用期間2年」となり、3年目以降の契約縛りはありません(いつでも解約自由)。

また、契約更新月以外での契約解除料(違約金)は以下のようになります。

利用期間 契約解除料(違約金)
0か月目~24か月目 9,800円
25か月目以降 契約の縛りがないため、違約金不要

めっちゃWiFiは3年目以降の契約縛りがないうえ、2年間の途中解約における契約解除料(違約金)も他社よりずいぶんと安く設定されています。

その他に発生しうる料金

レンタル端末が故障・破損した場合には他社では損害金18,000円が必要となり、その保険となるのが端末保証サービスです。

めっちゃWiFiには他社では提供しているレンタル端末の保証サービスがありません

その代わり、めっちゃWiFiでは他社よりも端末の故障・破損時の損害金が5,000円と安く設定されています(他社は18,000円ほど)。

めっちゃWiFiの通信サービス

めっちゃWiFiは「ドコモ・au・ソフトバンク」のトリプルキャリア対応の通信サービスです。

【スマホバめっちゃWiFi利用規約】
第 1 条(定義)
本規約における用語を以下のとおり定義します。
(1)「携帯電話事業者」とは、当社と直接または間接にワイヤレスデータ通信及び回線交換サービスの提供にかかる相互接続協定その他の契約を締結している携帯電話事業者をいいます。携帯電話事業者は、株式会社 NTT ドコモ、ソフトバンク株式会社、KDDI 株式会社です。

Smart Mobile Phone 利用規約(PDFが開きます) | スマモバめっちゃWiFi

めっちゃWiFiの専用ルーター

めっちゃWiFiの専用ルーターは「どんなときもWiFi」はじめ他社でも使われている「GLOCALNET D1(U2s)」となります。

レンタル契約なので解約時には返却が必要、また故障・破損時には本体の修理・交換に賠償金が生じます。

めっちゃWiFiは他社では提供している「端末保証サービス」が提供されていないため、端末の故障・破損時には賠償金を支払って修理・交換をしてもらうことになりますが、この賠償金が5,000円(他社は18,000円程度)と非常に安く設定されています。

めっちゃWiFiの評価

めっちゃWiFiは「ずっと月額料金3,480円」と非常に安くまた長く使っても変わらないシンプルプランなのですが、他社も同様に安いためあまり安さのイメージがありません。

しかし、「その他費用が安い」「契約の縛りが緩い」という点が他社と比較してのピントになります。

契約の縛りが緩い

めっちゃWiFiは他社と比べて「最低利用期間2年」という利点があり、3年目以降は契約の縛りがありません。

また、最初の2年契約の途中で解約する場合にも、契約解除料(違約金)が他社よりも非常に安く設定されています。

その他費用が安い

契約形態が「最低利用期間2」であり3年目以降の縛りが無いうえに、最初の2年間の途中解約時の契約解除料(違約金)が他社より非常に安く設定されています。

また、めっちゃWiFiは他社では380円~500円ほどで提供されている端末保証サービスの提供がありません。端末保証サービスを付けない場合、レンタル端末の故障や破損時には通常18,000円ほどの賠償金が必要ですが、めっちゃWiFiでは賠償金が5,000円と非常に安く設定されています。

めっちゃWiFiの安さのポイント

  • 「最低利用期間2年」で3年目以降の契約縛りがない
  • しかも、契約解除料(違約金)が他社より安い
  • レンタル端末の故障・破損時の賠償金が他社より安い

\解約しやすい良プラン/

2年だけ縛り「めっちゃWiFi」

違約金も安い(注)


まとめ、使い方別のベスト無制限WiFi

2年間使うなら「どんなときもWiFi」

ポケットWiFiに限らず、スマホや光回線なども含めて通信サービスは「契約期間を使って解約する」というのがもっともおトクな料金体系になっています。

ギガ無制限のポケットWiFiも同様で、5社を2年間の総額で比較するとどこもほとんど同じ料金になっています。

料金がほぼ同じなら、実績もあり利用者も多く情報も豊富な「どんなときもWiFi」がおすすめです。


\まずは2年間使ってみよう/

実績なら「どんなときもWiFi」

迷ったらどんなときも!


2年間を端末保証付けて使うなら「よくばりWiFi」

ただし、この2年間に「端末保証オプション」を付けるなら少し話しが違ってきます。

「よくばりWiFi」は端末保証オプション(月額380円)を付けることで「最大2か月間の月額料金とオプション料金が無料」という特典があり、この特典により端末保証オプションを付けた場合の2年総額の比較では圧倒的に安くなります。

よって「端末保証オプション付きで2年使う」という前提なら「よくばりWiFi」がおすすめになります。


\最大2か月間無料/

端末保証&「よくばりWiFi」

ずっと月額3,450円


3年以上つかうなら「MUGEN WiFi(格安プラン)」

月額料金が3,280円とずば抜けて安いMUGEN WiFiですが、謎の「初期設定手数料」「端末返却手数料」などの隠れコストによって、2年間の総額は全然安くありません。

MUGEN WiFiの月額料金の安さが生きてくるのは「3年以上使う」という場合です。

MUGEN WiFiは3年目以降も「ずっと月額3,280円」なので、永く使えば使うほど他社より安くなります。

ただし、MUGEN WiFiを2年以内に解約する場合の契約解除料(違約金)は異常に高額です。

よって「3年以上は絶対使う!」という決意があればMUGEN WiFiがおすすめです。


\3年目以降もずっと3,280円/

長期でおトク「MUGEN WiFi」

覚悟を持って申し込もう!


真の無制限ポケットWi-Fi!
迷ったらどんなときも!
どんなときもWiFi(芸能人有)

端末保証付きなら最安
月額3,450円ぽっきり
よくばりWi-Fi