2020年3月31日WiMAXサービス終了(停波)とWiMAX2+サービスへの移行のお知らせ
2018年9月3日にUQコミュニケーションズより「WiMAXサービス提供終了」のアナウンスがでました。

WiMAXサービスの提供終了とWiMAX 2+機器への機種変更のお願い

まず最初に、これは現行の主力サービスである「WiMAX2+」のサービス終了ではなく、下り40Mbpsの旧サービス「WiMAX」のサービス終了(停波)のアナウンスです。

現在の主力サービス「WiMAX2+」が発表された時から旧サービス「WiMAX」のサービス終了は予定されており、また「WiMAX2+」のサービス拡大(高速化)に伴って「WiMAX」のサービスも縮小(エリア縮小・速度低下)してきた経緯があります。

そして、予定通りの「旧WiMAXサービス終了(停波)の時期が決定した」というのが今回のUQコミュニケーションズのアナウンスです。

サービス終了スケジュール

  • 2018年9月30日WiMAXサービス新規申し込み受付終了
  • 2020年3月31日WiMAXサービス終了(停波)



サービス終了アナウンスの概要

アナウンス概要

今回のアナウンスでサービス終了となるサービスは「下り最大40Mbps(現在は13.3Mbps)の旧WiMAXサービス」となります。

現在主流となっている「下り最大758MbpsのWiMAX2+サービス」が終了するわけではありません

今回サービス終了がアナウンスされた「旧WiMAXサービス」は、新サービス「WiMAX2+」が開始された時点ですでに段階的にサービスの縮小が始まっており、本来は「下り最大40Mpbs」という完全使い放題の通信サービスでしたが、現在では段階的なサービス縮小により「下り最大13.3Mpbs」まで低速化(縮小)されています。

今回のアナウンスは、サービス終了(停波)時期を宣言したものであり、予定通りの停波スケジュールと言えます。

アナウンスされたサービス終了までのスケジュールが以下の通りです。

  • 2018年9月30日WiMAXサービス新規申し込み受付終了
  • 2020年3月31日WiMAXサービス終了(停波)

終了となるサービス

「旧WiMAXサービス」が終了することで、以下の通信サービスをご利用の方は2020年4月1日以降は通信サービスが利用できなくなります。

  • 旧WiMAXルーターをご利用の方
  • 旧WiMAX通信機能をもつパソコンをご利用の方(通信サービスのみ)
  • 旧WiMAX対応のauスマホをご利用の方(旧WiMAX通信のみ)
  • 現行の新サービス「WiMAX2+」で完全使い放題の「ノーリミットモード」をご利用の方(「ノーリミットモード」のみ)

旧WiMAXルーター(専用)

まず、旧WiMAXのサービスで提供されている「旧WiMAX専用ルーター」は一切のデータ通信が利用できなくなります。

旧WiMAXサービスで提供されている機器は大きく分けて「カード型ルーター」「モバイル型ルーター」「ホーム型ルーター」、そしてパソコンに通信機能として組み込まれているものがあります。

利用できなくなるカード型のルーターは以下のルーターです。
旧WiMAXサービス終了により使用できなくなるカード型ルーター
利用できなくなるモバイル型のルーターは以下のルーターです。
旧WiMAXサービス終了により使用できなくなるモバイルルーター

また、同様に利用できなくなるホームルーターは以下のルーターです。
旧WiMAXサービス終了により使用できなくなるホームルーター

旧WiMAX通信機能付パソコン

そして、「旧WiMAXサービス」は専用ルーター以外にも、パソコン各社が販売しているパソコンに通信モジュールとして組み込まれて提供されているパソコンがたくさんあります。

これらのパソコンは「旧WiMAX」と契約することで、パソコン本体の通信機能を使って旧WiMAX通信を行うことが可能となり、現在もご利用の方が多いようです。

この場合、パソコン自体の動作には影響はありませんが、旧WiMAXのサービスを使った通信はできなくなります。

対象となる「旧WiMAX通信機能付」のパソコンは以下の通りです。
旧WiMAXサービス終了により通信機能が使用できなくなるパソコン

旧WiMAXサービス終了により通信機能が使用できなくなるパソコン

旧WiMAXサービス終了により通信機能が使用できなくなるパソコン

「ノーリミットモード」対応のWiMAX2+ルーター

現在、新サービスの「WiMAX2+」をご利用の方にも、一部の方には「旧WiMAXサービス終了」の影響がある場合があります。

新サービス「WiMAX2+」では、完全無制限通信ができる「ノーリミットモード」という通信モードを搭載している機種があります。この「ノーリミットモード」という通信モードは「旧WiMAX」の通信サービスそのものです。

この場合、ご利用の「WiMAX2+」対応ルーターの通信モードのうち、「ノーリミットモード」での通信はできなくなります。もちろん、「ノーリミットモード」以外の下り最大758Mbpsのデータ通信には影響がありません

この「ノーリミットモード」という通信モードが利用できるWiMAX2+ルーターは以下のものとなります。

旧WiMAXサービス終了によりノーリミットモードが使用できなくなるルーター

「自動切り替え」対応のWiMAX2+ルーター

また、「ノーリミットモード」と似た機能をもつ「WiMAX2+」ルーターもあります。

WiMAX2+対応ルーターの中で「Speed Wi-Fi NEXT WX01」と「Speed Wi-Fi NEXT WX02」というルーターは、「ハイスピードモード」という通信モードをご利用の場合、新サービスの「WiMAX2+」での通信と旧サービスの「旧WiMAX(下り最大40Mbps)」での通信を自動的に切り替えて通信します。

この場合、「旧WiMAXサービス」が終了しても特に問題はありません。自動切り替えの対象から「旧WiMAXでの通信」が切り捨てられるだけなので、何も通信に問題はありません。

この「ハイスピードモード」ご利用時に自動的に「旧WiMAX通信」に切り替わる機能を持っているのは、以下のルーターとなります。

旧WiMAXサービス終了により影響を受けるモバイルルーター(自動切り替え機能)

サービス終了までのスケジュール

今回発表された「WiMAXサービス終了」のアナウンスでは、サービス終了までのスケジュールは以下のようになっています。

  • 2018年9月30日で旧WiMAXサービスの新規申し込み受け付けを終了
  • 2020年3月31日で旧WiMAXサービスを終了(停波)

今から旧WiMAXへ新規加入する方も少ないかと思いますが、2018年10月1日以降は旧WiMAXへ加入できなくなります。

また、2020年3月31日いっぱいでサービス終了(停波)となるため、2020年4月1日以降は旧WiMAXサービスの利用はできなくなります。

現在「旧WiMAX」サービスをご利用の方

解約と違約金について

解約違約金について

「旧WiMAX」サービスをご利用の方は、サービス終了が決まった以上、いつかはサービス解約となります。

「旧WiMAX」は複数の料金プランで提供されており、「契約期間の縛りのない契約」「契約期間の縛りが1年(自動更新型)の契約」「契約期間の縛りが2年(自動更新型)の契約」のどれかの契約となっているでしょう。

一般的に契約期間の縛りがある契約は、契約更新月以外での契約解除(解約)については解約違約金が請求されます。

そして、それは今後も同じように適用されていきます。

例外が2つあります。

ひとつは「サービス終了(2020/3/31)まで使い続ける」と、もうひとつは「機種変更(WiMAX2+サービス)を利用する」という逃げ道があります。

サービス終了時の違約金

まず、サービス終了となる2020年3月30日時点で旧WiMAXサービスをご利用の方は、その日でサービス利用が終了し契約も終了しますが、この時点での契約終了には解約違約金が請求されません。

よって、サービス終了まで旧WiMAXサービスを使い続けることで、違約金を払わずに済むことになります。

機種変更(WiMAX2+サービス)サービスの利用

もうひとつは、プロバイダー各社が現在または今後提供していく「機種変更サービス」を利用して新サービスWiMAX2+へ乗り換えることです。

この「機種変更サービス」を利用して新サービスへ乗り換えることで、乗換時点で新しい契約(WiMAX2+)が成立しますが旧サービス(WiMAX)の違約金は発生しません。

ただし、これは現在お使いの「旧WiMAX」のプロバイダーが「機種変更サービス」を提供した場合のことであり、現在「機種変更サービス」の提供を宣言しているのは、UQコミュニケーションズ(UQ-WiMAX)のみです。

しかし、今後「機種変更サービス」に対応するプロバイダーは増えてくると思われます。

機種変更(新サービスへの乗換)について

現在「旧WiMAX」サービスをご契約の方は、新サービス「WiMAX2+」への特典付きでの乗換サービスを提供しているプロバイダーがあります。

「旧WiMAX」での契約プロバイダーが乗換サービスを提供している場合、違約金免除・機種代金無料などの特典がついて新サービス「WiMAX2+」へ乗り換えることができます。

プロバイダー 機種変更特典
UQ-WiMAX
  • 契約解除料(違約金)無料
  • 機種代金無料
  • 月額料金割引
So-net
BIGLOBE
GMOとくとくBB
Broad WiMAX
DTI WiMAX

現在「WiMAX2+」サービスをご利用の方

利用できなくなるサービス

サービス終了に伴い停波するのが「旧WiMAX」だからと言って、現在「WiMAX2+」をご利用の方には全く影響がないか、というとそうではありません。

まず、WiMAX2+の通信モードのひとつとして、旧WiMAXでの通信モードがあります。「ノーリミットモード」という通信モードです。

「WiMAX2+」利用できる「ノーリミットモード」は「旧WiMAX」のサービスそのものであり、下り40Mbpsの通信が完全使い放題という特徴のある通信モードです。

この「ノーリミットモード」は「旧WiMAX」のサービス終了(停波)と同時に、WiMAX2+の通信モードの一つとして利用できなくなります。

旧WiMAXサービス終了によるメリット

一方で、「旧WiMAX」サービスが終了することは、「WiMAX2+」サービスの利用者にメリットがあります。

現在は同じ電波を「旧WiMAX」と「WiMAX2+」で共有して使っており、電波の帯域(通信量)を分け合って通信しています。

帯域を共有していることから、「WiMAX2+」は本来の通信速度を完全に出せていません。

この状態から「旧WiMAX」のサービス終了により、電波の帯域は完全に「WiMAX2+」専用となり、「WiMAX2+」は本来の通信速度を完全に出せるようになります。