WiMAXサービスの比較とキャンペーン情報でトコトンお得なWiMAX情報をお届けします

自宅ネット回線とauスマホがセットで安くなる「auスマートバリュー」、フレッツ光回線でも適用可能に!

  • HOME »
  • 自宅ネット回線とauスマホがセットで安くなる「auスマートバリュー」、フレッツ光回線でも適用可能に!

auスマートバリュー

自宅のネットとセットでスマホがお得!の広告で自宅ネット回線とスマホのセット割引サービスを最初に始めたのがauの「auスマートバリュー」です。

auスマホや携帯電話をお使いの方で、転居などを理由に自宅のネット回線を検討中の方はauが提供するインターネット接続回線「auひかり」をご利用になるとスマホや携帯電話の毎月の利用料金が大幅に割引されるお得なサービスです。

また、最近ではau系の光回線以外のフレッツ光回線でも「auスマートバリュー」を適用できる光回線も増えてきました。

auスマホとのセット割については、「auスマートバリュー」以外にもフレッツ光回線をご利用の方でauスマホ・携帯電話を安くできる割引サービス「auセット割」があります。

この記事では「auスマホ・携帯を安く」できるネット回線と割引サービスをご紹介します。

※フレッツ光回線でも「auスマートバリュー」の適用が可能です。本記事を参考にしてください。

月額たったの2,980円~

V6プラス対応ルーターも無料!

auスマートバリューとは

auの携帯電話・スマホをお使いの方は、auの割引サービスとして「auスマートバリュー」という割引サービスがあります。

自宅の固定回線がau指定の光回線の場合、au携帯電話・スマホの月額利用料を毎月最大2,000円という高額の割引をしてくれるサービスです。このサービス、自宅の固定回線がau指定であれば、家族みんなのau携帯電話・スマホがそれぞれ割引対象となるので、かなり高額の割引を得られることになります。

割引サービスの適用条件は以下の感じです。

自宅固定回線の対象サービス

  1. au指定の自宅固定インターネット回線に加入している
  2. au指定のデータ定額サービスに加入しているau携帯電話・スマホ

ここで、「1.au指定の自宅固定インターネット回線」とは以下の固定回線を指しています。

※2017年8月ころより、フレッツ光回線でも「auスマートバリュー」を適用できるプロバイダーが出てきました。

回線 提供事業者 エリア 備考
auひかり au one net 全国(沖縄除く)
nifty 全国(沖縄除く)
ASAHIネット 全国(沖縄除く)
BIGLOBE 全国(沖縄除く)
DTI 全国(沖縄除く)
So-net 全国(沖縄除く)
@TCOM 全国(沖縄除く)
auひかりちゅら 沖縄セルラー 沖縄
フレッツ光 So-net 全国
BIGLOBE 全国
@nifty 全国 2018/5/1開始
コミュファ光 ctc 中部地方 中部電力系
eo光 ケイ・オプティコム 関西地方 関西電力系
Pikara(ピカラ) STNet 四国地方 四国電力系
MEGAEGG(メガエッグ) エネルギアコミュニケーションズ 中国地方 中国電力系
BBIQ QTNet 九州地方 九州電力系
その他ケーブルテレビ系

対象の固定回線は非常に多く提供されています。くわしくは以下をご覧ください。

auスマートバリュー対象固定回線 | KDDI

もし、自宅の固定回線がこれらの場合、非常にお得にau携帯電話・スマホが使えるかもしれません。また、現在自宅のネット回線を検討中の方はどうせ選ぶならお得なネット回線を選ぶことでau携帯電話・スマホが安くなるかもしれません。

auひかり

auひかりのサービス提供事業者

「auスマートバリュー」対象ネット回線の本家は、KDDI(au)が提供している光回線「auひかり」となります。

KDDI(au)が直接プロバイダーサービスを提供している「au one net」と、So-net、BIGLOBE、niftyなどの大手通信事業者がKDDI(au)から回線を借り受けて提供しているものがあります。

「au one net」もプロバイダーが提供している「auひかり」もエリア・回線速度などはまったく同じですが、メールアドレスやセキュリティオプションなどのプロバイダーサービスに違いがあります。

また、一般的には大手プロバイダーが提供している「auひかり」の方が、契約時のキャンペーン(キャッシュバックなど)でお得になる場合が多いです。

auひかりの提供エリア

「auひかり」のサービスエリアは全国に広がっていますが、関西圏・東海圏などでは一部(戸建て向け)サービスを提供していません。

これは、もともと「auひかり」は東京電力の通信事業「TEPCO」をKDDIが買収したことから始まったサービスで、全国の電力会社系ネットサービスと非常に密着しています。

そのため、関西電力系「eo光」や中部電力系「コミュファ光」との競合を避けるため、意図的にエリア外となっています。

また、沖縄におけるKDDIの通信事業は子会社「沖縄セルラー」が担っており、「auひかり」についても沖縄県では沖縄セルラーが「auひかりちゅら」というブランドでサービス提供しています。

地域電力会社

「auひかり」はKDDIが東京電力の通信サービス「TEPCO」を買収してところからサービスがはじまっています。

そのため、KDDIと地域電力会社が運営する光回線サービスには密接な関係があります。

全国の地域電力会社系の通信サービスも「auスマートバリュー」の対象となります。

フレッツ光回線でも適用可能

2017年8月ころより、フレッツ光回線でも「auスマートバリュー」を適用できるプロバイダーがでてきました。

2017年12月時点では、以下のプロバイダーがフレッツ光回線を使った回線でも「auスマートバリュー」を適用することができます。

サービス名称 提供事業者
So-net光プラス So-net
BIGLOBE光 BIGLOBE
@nifty
※2018/5/1開始
@nifty

au携帯電話・スマホの対象サービスと割引額

そして、「2.au指定のデータ定額サービス」と割引額はこちら。

端末 対象プラン 割引額
スマホ 新auピタットプラン1GB超~7GB 永年500円
auフラットプラン7プラス
auデータMAXプラン
永年1,000円
auフラットプラン20/30
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB超~20GB
永年1,000円
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)2GBまで
auピタットプラン(シンプル)1GB超~2GB
永年500円割引
データ定額10/13/10(V)/13(V) 最大二年間2,000円割引
以降永年934円
データ定額5/8/5(V)/8(V)
LTEフラット/LTEフラット(V)
ISフラット
プランF(IS)シンプル
二年間1,410円割引
以降永年934円
データ定額2/3/2(V)/3(V)
ジュニアスマートフォンプラン
ジュニアプラン(V)
永年934円割引
3G携帯 電話かけ放題プラン 永年934円割引
4G LTE携帯 データ定額2/3 永年934円割引
データ定額5/8 二年間1,410円割引
以降永年934円
データ定額10/13 二年間2,000円割引
以降永年934円
タブレット LTEフラット for TAB/TAB(i) 二年間1,410円割引
以降永年934円
LTEダブル定額 for TAB/TAB(i) 永年1,000円

auスマートバリューのお得感

最大でau携帯電話・スマホが10台まで割引対象となります。自宅の固定回線がサービス対象であれば、家族(または複数台持ち)の10台までが割引対象ということですね。

こんなお得な割引サービスが「auスマートバリュー」です。

auスマートバリューの注意点

自宅のネット回線がauスマートバリュー適用対象のネット回線であっても、オプションの「光電話」の契約が必須です。

光電話サービスの契約がない場合にはauスマートバリューは適用できませんので、ご注意ください。
*ただしauひかりは2015/11現在、光電話30ヵ月無料キャンペーンを実施しています。

参考:一人暮らしには「auセット割」がお得

auスマホと自宅光回線のセット割引として、「auスマートバリュー」の他にも「auセット割」という割引サービスがあります。

「auセット割」は「auセット割」という割引サービスをオプション提供しているプロバイダーで受けられるサービスですが、auスマートバリューとの大きな違いは以下の2点です。

auセット割のポイント

  • 光電話など必須オプションがない
  • 割引対象となるスマホ回線は1回線のみ
  • 最大で永年毎月1,200円割引

よって、固定回線を必要としていない一人暮らしの若い世代には、auスマートバリューよりauセット割の方がお得な場合があります。

auスマートバリューの申し込み

auスマートバリューの割引適用を受けたい場合は、ネット回線事業者ではなくauへ申し込みを行います。

適用を受けたい携帯・スマホの台数が1~4台までの場合はauショップの他に電話やパソコンでの申し込みができますが、適用を受けたい携帯・スマホの台数が5~10台の場合はauショップのみでの受付となります。

auスマートバリューの申し込み手順 | au

auひかりでおすすめの「So-netひかり(auひかり)」

So-net光(auひかり)の月額料金割引キャンペーン

「So-net光(auひかり)」の特徴

「auひかり」はau(KDDI)が「au one net」のブランドで提供している他に、多くの通信事業者(プロバイダー)が自社ブランドで「auひかり」を提供しています。

回線サービスに違いはありませんが、プロバイダーが独自のキャンペーンを提供している場合が多いため、プロバイダー経由で申し込むのがお得と言えます。

この場合、「auのキャンペーン」と「プロバイダーのキャンペーン」が二重取りできることになります。

その中でおすすめの「auひかり」が大手通信事業者So-netが提供している「So-net光(auひかり)」です。

「So-net光(auひかり)」のキャンペーン特典

「So-net光(auひかり)」の初期費用・月額費用などは他のauひかりと同じですが、「So-net光(auひかり)」のキャンペーンが適用されて安くなります。

まず、「auひかり」としての公式な料金があり(全てのプロバイダー共通)、この公式料金にauのキャンペーン特典とSo-netのキャンペーン特典が提供されます。

So-netのキャンペーン特典は毎月の月額料金から大幅な割引が受けられる「月額料金割引」とです。

月額割引特典

「So-net光(auひかり)」では、毎月のauひかりの月額料金から以下の割引を受けることができます。

料金プラン 月額割引特典 キャッシュバック
戸建て ずっとギガ得プラン
  • 1カ月目~11カ月目:2,045円割引
  • 12カ月目~23カ月目:1,945円割引
  • 24カ月目~36カ月目:1,845円割引
  • 最大30,000円
    ⇒ KDDI特典
ギガ得プラン
  • 1カ月目~36カ月目:1,325円割引
標準プラン
  • 1カ月目~60カ月目:125円割引
マンション マンション各タイプ
  • 1カ月目~24カ月目:2,770円割引
マンションミニギガタイプ
  • 1カ月目~24カ月目:1,250円割引

上記のように、公式料金プランに対して月額料金の割引とキャッシュバックの合わせ技で特典があるのが「月額料金割引」特典です。

ただし「KDDI特典のキャッシュバック最大30,000円」というのは、「他社回線サービス解約の違約金をKDDIが負担」してくれる特典となります。

「auひかり」契約時に他社回線の解約・違約金が発生した場合、その違約金を30,000円を上限に後日KDDIからキャッシュバックされる特典です。

キャンペーンの仕組み

このようにSo-netから提供される「月額割引特典」とKDDI(auひかり公式)から提供される「最大30,000円」の乗り換え特典が同時に受けられるキャンペーンです。

KDDIが提供する「最大30,000円の乗り換え特典」は、auひかり申し込みにあたって他社のネット回線・モバイル回線を解約する場合に発生する違約金を30,000円を上限にKDDIがキャッシュバックで還元してくれる特典となります。

共通の特典

また、「月額割引特典」の追加の特典として「au光電話サービスが60か月間無料(通常月額500円)」という特典が適用されます。

「au光電話」は「auスマートバリュー」の適用を受けるための必須オプションですが、この必須オプションが60か月間(5年間)無料となるのは、かなりお得な特典です。

「So-net光(auひかり)」の費用

ずっとギガ得プラン(戸建て)

「ずっとギガ得プラン」は「戸建て向け」の「3年契約自動更新型」の契約プランです。

A:月額料金割引 B:キャッシュバック
開通月(0か月目) 0円(無料) 開通月(0か月目) 0円(無料)
1か月目
(登録料・工事費込)
6,500円 1か月目
(登録料・工事費込)
8,600円
2~36か月目
(工事費込)
3,500円 2~11か月目
(工事費込)
5,600円
37~60か月目
(工事費込)
5,525円 12~23か月目
(工事費込)
5,500円
24~60か月目
(工事費込)
5,400円
61か月目以降 4,900円 61月目以降 4,900円
5年(60か月)総額 261,600円 5年(60か月)総額 330,400円
キャッシュバック キャッシュバック 50,000円
実質5年総額 261,600円 実質5年総額 280,400円
平均月額(60か月) 4,360円 平均月額(60か月) 4,673円
さらに特典 他社解約違約金負担
⇒ 最大30,000円
さらに特典 他社解約違約金負担
⇒ 最大30,000円
au光電話60か月間無料 au光電話60か月間無料

ギガ得プラン(戸建て)

「ギガ得プラン」は「戸建て向け」の「2年契約自動更新型」の契約プランです。

A:月額料金割引 B:キャッシュバック
開通月(0か月目) 0円(無料) 開通月(0か月目) 0円(無料)
1か月目
(登録料・工事費込)
7,500円 1か月目
(登録料・工事費込)
8,700円
2~36か月目
(工事費込)
4,500円 2~60か月目
(工事費込)
5,700円
37~60か月目
(工事費込)
5,825円
61か月目以降 4,900円 61月目以降 5,200円
5年(60か月)総額 304,800円 5年(60か月)総額 345,000円
キャッシュバック キャッシュバック 50,000円
実質5年総額 304,800円 実質5年総額 295,000円
平均月額(60か月) 5,080円 平均月額(60か月) 4,917円
さらに特典 au光電話60か月間無料 さらに特典 au光電話60か月間無料

標準プラン(戸建て)

「標準プラン」は「戸建て向け」の「契約期間の定めなし」の契約プランです。

「標準プラン」の場合にはキャンペーン特典が適用されませんが、ここまでの比較表と同じにまとめると以下のようになります。

A:月額料金割引 B:キャッシュバック
開通月(0か月目) 0円(無料) 開通月(0か月目) 0円(無料)
1か月目
(登録料・工事費込)
9,800円 1か月目
(登録料・工事費込)
9,800円
2~60か月目
(工事費込)
6,800円 2~60か月目
(工事費込)
6,800円
61か月目以降 6,300円 61月目以降 6,300円
5年(60か月)総額 411,000円 5年(60か月)総額 411,000円
キャッシュバック キャッシュバック
実質5年総額 411,000円 実質5年総額 411,000円
平均月額(60か月) 6,850円 平均月額(60か月) 6,850円
さらに特典 au光電話60か月間無料 さらに特典 au光電話60か月間無料


So-net光(auひかり)を申し込む

フレッツ光回線で「auスマートバリュー」提供のおすすめ「So-net光プラス」

So-net光プラス・月額割引キャンペーン

So-net光プラスの特徴

So-net光プラスはフレッツ光回線を使った高速回線サービスです。

auスマホとの相性が良く、auスマホとのセット割引である「auスマートバリュー」の適用可能です。

光回線本来の特徴としては「V6プラス」を無料で提供しており、フレッツ光回線の夜間の混雑を迂回した「IPV4 over IPV6」技術での高速化が期待できます。

auスマートバリュー

auスマホをご利用の方が最大毎月2,000円もの割引(auスマホ利用料から割引)を受けられる割引サービスです。

光電話オプション(月額500円)が必須オプションとなりますが、最大10台までのスマホが割引を受けられる、特に家族向けにお得なサービスです。

So-netE光プラスの申し込み時に「auスマートバリュー適用」を選択することで適用されます。

V6プラス対応

IPV4通信をIPV6技術で包み(カプセル化)フレッツ光の混雑地点を迂回することで、混雑の激しい夜間でもIPV6による高速通信が期待できる技術です。

現在フレッツ光をご利用で夜間の速度低下にお悩みの方も、新規の方もぜひ利用してほしい無料サービスです。

So-net光プラスの加入後に、So-net会員ページより「V6プラスオプション」の適用を申請します。

So-net光プラスの費用

戸建て向けプラン

So-net光プラスの戸建て向けプランの費用は以下のようになります。

費用項目 金額 備考
初期費用 事務手数料 3,000円
月額費用 開通月 0円(無料)
1~36か月 3,980円
37か月~ 5,580円

auスマートバリューの割引適用を受けるためには、上記の費用に加え、「So-net光電話(月額500円)」が加算されます。

集合住宅向けプラン

So-net光プラスの集合住宅向けプランの費用は以下のようになります。

費用項目 金額 備考
初期費用 事務手数料 3,000円
月額費用 開通月 0円(無料)
1~36か月 2,980円
37か月~ 4,480円

auスマートバリューの割引適用を受けるためには、上記の費用に加え、「So-net光電話(月額500円)」が加算されます。

V6プラスオプションを利用する

So-net光プラスの最大の特徴は高速通信技術「V6プラス」が利用(しかも無料)できることです。

この最新技術により、フレッツ光回線の速度低下の原因である混雑地点を迂回しての高速通信が期待できます。

V6プラスの申し込み

この「V6プラス」を利用するためには、NTTへのIPV6オプション申請やSo-netへの「V6プラス利用申請」などが必要です。

加入後にSo-net会員ページから「V6プラスの申し込み」を行うと、NTTへの申請も代行してやってくれます。

V6プラス接続機器

この最新技術「V6プラス」を利用するためには、専用の接続機器が必要です。

光電話をご利用の場合

auスマートバリューの適用を受けるためには光電話の契約が必須となります。

この場合、「光電話接続機器」が無料レンタルされます。

この「光電話接続機器」が「V6プラス対応接続機器」となるため、それ以外の機器は不要です。

光電話をご利用にならない場合

「光電話」をご利用にならない場合には、「V6プラス」対応の接続機器をSo-netからレンタル(月額400円)するか、ご自身で用意することになります。

以前は市販のルーター機器で「V6プラス」対応のものは少なくてかつ高額だったのですが、現在は種類も豊富でかなり安価に販売されています。

レンタルの場合は設定などのサポートを受けることができますが、設定に自信のない方以外は市販の「V6プラス」対応ルーターを購入される方がお得です。

I-O DATA WN-AX1167GR2

ご自身で用意される場合、以下の機器が安価でおすすめです。


So-net光プラスを申し込む

地域電力系ネット回線

auひかりを提供しているKDDIは、電力系通信事業者が集まる「PNJグループ」の幹事会社となっています。これは、auひかりが東京電力のTEPCOを買収してサービスを受け継いだ経緯があるからです。

そのため、全国の電力系ネット回線も「auスマートバリュー」の対象となる一方で、地域電力系サービスとの衝突を避ける意味でauひかりが提供されない地域もあります(東海圏・近畿圏など)。

このようにauひかりと地域電力系ネットサービスは密接な関係があり、「auスマートバリュー」の適用を前提とした場合、地域電力系は良い選択肢となります。

九州地区ならBBIQ(ビビック)

auスマホが安くなるBBIQ
九州電力系の通信事業者「QTNet」が運営するネット回線サービスが「BBIQ(ビビック)」です。もちろん「auスマートバリュー」対応です。

サービス提供エリアは九州内となり、ネット回線以外にもテレビサービス(BBIQひかりTV)や格安SIM(QTモバイル)などもサービス提供しています。

近年、九州電力を含めた複数サービスのセット割にも力を入れており、電力サービス「九州電力」とのセット割やポイントサービス「PONTA」との連携サービスなどを提供しはじめました。

戸建てだけでなくマンションプランにおいても自室内まで光ファイバーケーブルを直接引いてくれるため、速度劣化のない高速な通信が期待できます。

九州にお住まいの方でauスマホをご利用の場合には、非常に良い選択肢となります。

BBIQ(ビビック)光を見てみる

関西地区ならeo光

eo光
関西電力系の通信事業者「ケイ・オプティコム」が運営するネット回線サービスが「eo光」です。

KDDIは地域電力系ネット回線とのサービス競合を避けるため近畿圏(関西電力圏)・東海圏(中部電力圏)では一部サービスを提供しておらず、近畿圏でauスマホをご利用の場合には「eo光」は最有力候補となります。

eo光は10Gbpsコースの提供を予定しており、すでに3/1より先行予約を受け付けています。

eo光を見てみる

東海地区ならコミュファ光

コミュファ光
中部電力系の通信事業者「CTC」が運営するネット回線サービスが「コミュファ光」です。

関西地区での事情と同じく、東海地区ではKDDIは一部サービスを提供していないため、東海地区でauスマホをご利用の場合には「コミュファ光」が最有力候補となります。

現時点では戸建て向けメニューとなりますが、「最速10Gbps/5Gbpsサービス」を提供しているのが魅力です。

コミュファ光を見てみる

四国地区ならピカラ光

ピカラ光
四国電力系の通信事業者「STNet」が運営するネット回線サービスが「ピカラ光」です。

四国ではKDDIが「auひかり」をホームタイプ・マンションタイプともに提供しており、auスマホをご利用の方は選択肢が広がります。

Pikara(ピカラ)光を見てみる

中国地区ならメガエッグ

中国電力系の通信事業者「エネコム(エネルギア・コミュニケーションズ)」が運営するネット回線サービスが「メガエッグ」です。

中国地区でもKDDIは「auひかり」をホームタイプ・マンションタイプともに提供しており、auスマホをご利用の方は選択肢が広がります。

MEGAEGG(メガエッグ)を見てみる

お得情報:auスマートバリューの対象自宅回線

So-net光プラス(フレッツ光回線)

自宅の回線がフレッツ光回線であっても、プロバイダーとしてSo-netが提供する「So-net光プラス」なら「auスマートバリュー」の適用を受けることができます。

So-net光プラス
  • フレッツ光回線を使った高速ネット回線
  • フレッツ光回線でも「auスマートバリュー」を適用可能
  • プロバイダーは国内大手のSo-net
  • 「V6プラス」対応高速回線
  • 最大33,000円のキャッシュバックキャンペーン中
月額(ホームタイプ)4,800円~
月額(マンションタイプ)3,500円~
キャッシュバック最大33,000円
公式サイトへ

So-net auひかり

So-net auひかりは大手プロバイダーSo-netがauひかりの回線を使いSo-netがプロバイダーとなって提供する下り最大1Gbpsの回線サービスです。もちろん、auスマートバリューの対象回線です。

So-net auひかり
  • 下り最大1Gbpsのauひかり回線
  • プロバイダーは国内大手のSo-net
  • auひかりでんわオプションでauスマートバリュー対象
月額(ホームタイプ)3,950円~
月額(マンションタイプ)2,350円~
キャッシュバックSo-netポイント18,000円(au WALLETへ換金可能)
公式サイトへ

お得情報:フレッツ光代理店情報

光回線を申し込む場合、直接プロバイダーへ申し込む方法と代理店を経由して申し込む方法があります。

代理店を経由して申し込むと、代理店が独自に実施しているキャンペーンがある場合において直接申し込む場合よりも大変お得に申し込むことができます。

ここでは、フレッツ光回線で「auスマートバリュー」を適用できるプロバイダーのお得な代理店をご紹介します。

BIGLOBE光 × auスマートバリュー

BIGLOBE光 × auスマートバリュー(株式会社NEXT)
  • フレッツ光回線を使った高速ネット回線
  • IPV4 over IPV6(V6プラス)による高速通信
  • フレッツ光回線でauスマホがお得
  • 「auスマートバリュー」と「auセット割」の選択が可能
  • プロバイダーは国内大手のBIGLOBE
  • 光電話オプションでauスマートバリュー対象
  • 新規35,000円、転用10,000円の代理店キャッシュバックキャンペーン中
月額(ホームタイプ)4,980円~
月額(マンションタイプ)3,980円~
キャッシュバック最大35,000円
代理店サイトへ

@nifty光 × auスマートバリュー

@nifty光 × auスマートバリュー(株式会社NEXT)
  • フレッツ光回線を使った高速ネット回線
  • IPV4 over IPV6(V6プラス)による高速通信
  • フレッツ光回線でも「auスマートバリュー」でauスマホがお得
  • プロバイダーは国内大手の@nifty
  • 新規20,000円、転用10,000円の代理店キャッシュバックキャンペーン中
  • ※2018/5/1よりauスマートバリュー受付開始
月額(ホームタイプ)4,510円~
月額(マンションタイプ)3,490円~
キャッシュバック最大20,000円
代理店サイトへ

参考:フレッツ光回線でauスマホ・携帯を安くする

“auセット割”という割引サービス

auスマホ・携帯がお得になる「auスマートバリュー」は自宅ネット回線が「auひかり」またはau指定の電力系・ケーブルテレビ系ネットワークでなければ適用されませんが、現在自宅ネット回線のシェア最大はやはりNTT東西の「フレッツ光」です。

自宅回線はフレッツ光だけど使っているスマホ・携帯はauと言う場合、自宅ネットとセットで安くすることはできないのでしょうか?

「光コラボレーション」によりプロバイダーが独自の割引サービスを提供するようになりました。フレッツ光を使ったプロバイダーの中には「auセット割」という割引サービスを提供しているプロバイダーがあります。この場合、自宅回線がフレッツ光であってもauスマホ・携帯とのセットでお得な割引サービスを受けることができます。

“auセット割”の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。


月額たったの2,980円~

V6プラス対応ルーターも無料!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
月額割引でノーリスク最安!

最新ルーターも無料!
詳しくはこちら

最新のお得情報

最新のブログ記事

PAGETOP
Copyright © WiMAXお得情報サイト All Rights Reserved.