WiMAXを使い始める月(初月)の利用料金の扱いはプロバイダーによって違います。

日割計算・初月無料・1か月分請求、などいろいろありますが、多いのは「初月無料」のプロバイダーです。

どうせ申し込むなら「初月無料」のプロバイダーで月の初めから使いたいですね。逆に「1か月分請求」のプロバイダーを月末に申し込みたくはありません。

ここでは、「初月っていつのこと?」「初月の料金はどうなるの?」という疑問について、WiMAXプロバイダーを整理してみました。

本記事は契約時に注意すべき点をまとめた記事です。解約時に注意すべき点をまとめた記事はこちらを参考にしてください。
参考WiMAX2+の解約の手続きまとめ



初月の定義

WiMAXの課金単位は月単位です。例外が契約月・加入月ですね。ほとんどの人は月の途中から加入することになると思います。

では、この契約月・加入月いわゆる課金が開始される「初月」っていつのことなのでしょうか?

「初月」の定義はプロバイダーによって違います。多くのプロバイダーは「利用者が端末を受け取った日」と定義しているようです。宅配業者から受け取った日ですね。

中には「端末を発送した日」とか「初めて端末に電源が投入された日」というプロバイダーもあります。

「初月」っていつのことなのか、プロバイダーごとに違いますから確認する必要があります。

初月の料金はどうなるの?

プロバイダーごとに定義の違う「初月」ですが、その日から課金が開始されます。

では、初月の請求はどうなるの?となるとこれもプロバイダーによってさまざまです。

  • 日割り計算
  • 初月は無料
  • 初月といえども一か月分を請求

プロバイダーによって違う初月の料金の扱い、これも確認する必要があります。

初月の定義と初月の料金扱いを整理

「初月っていつ?」と「初月の料金はどうなるの?」をプロバイダーごとに整理してみました。

プロバイダ 初月料金 初月・利用開始日の定義
BIGLOBE WiMAX 無料 利用者が端末を受け取った日
So-net WiMAX 無料 利用者が端末を受け取った日
novas WiMAX 無料 利用者が初めて通信をした日または一定期間が経過した日
(「一定期間」に関する記載なし)
カシモWiMAX 無料(最安級プラン)
全額(新端末プラン)(*2)
MEモバイルが端末を発送した日
(通常、申込当日か翌日)
GMOとくとくBB WiMAX 無料
日割り計算(2017/1/16改訂)
利用者が端末を受け取った日
GMOとくとくBBが端末を発送した日(2017/1/16改訂)(*1)
UQ-WiMAX 日割り計算 利用者が初めて通信をした日またはUQが発送して10日後、のどちらか早い方
DTI WiMAX 日割り計算 利用者が端末を受け取った日またはDTIが発送して8日後、のどちらか早い方
Broad WiMAX 日割り計算 リンクライフ社が端末を発送した日

※1)GMOとくとくBBは2017/1/16申し込み分より初月料金を「端末発送日から月末までの日割り計算」と改訂しました。
※2)カシモWiMAXの初月料金は料金プランによって「無料」「全額(一か月分)」と異なるため、注意。

いつ契約(申し込む)のがお得なのか

「初月」の定義と初月の料金の扱いについて、プロバイダー別にまとめました。

では、WiMAXはいつ申し込むのがお得なのでしょうか?「月末」?「月初」?

「初月無料」のプロバイダー

「初月無料」と聞くと、「では月初めに利用開始すればお得だね」となりますね。

つまり、最大限にお得にしようと思ったら、月末ぎりぎりまたは月初めに申し込んで、月が明けたらすぐに利用開始する、ということになります。

初月無料のプロバイダーは以下の4つです。

  • BIGLOBE WiMAX
  • So-net WiMAX
  • novas WiMAX
  • カシモWiMAX(「最安級プラン」の場合)

カシモWiMAXは機器発送日が利用開始日

この中で、注意すべきはカシモWiMAXです。

カシモWiMAXは「機器を発送した日を利用開始(課金開始)とする」と定義しています。

カシモWiMAXは申し込みから発送までが非常に早いプロバイダーで、ウェブからの申し込み当日または翌日には機器を発送します。つまり、申込当日かその翌日から課金が開始される、ということになります。

カシモWiMAXで、初月無料を最大限に活用しようと思ったら、月初日での申込が良いでしょう。

※ただし、カシモWiMAXは初月の料金の扱いが料金プランで異なります。「最安級プラン」は初月無料、「新端末プラン」は初月全額(一か月分)となります。

カシモWiMAX以外は「機器を受け取った日」が基本

カシモWiMAX以外は、基本的に「利用者が機器を受け取った日」が初月となるため、ある程度(配送日時を調整するなど)調整が効くでしょう。

※novas WiMAXは「利用者が初めて通信を行った日」を初月(サービス提供開始日)としています。

「初月日割」のプロバイダー

初月の料金が日割り計算される場合、特にいつ利用開始してもお得度は変わらない、と言えます。使った分(日にち分)が日割りとして請求されるからです。

初月日割り計算のプロバイダーは以下の通りです。

  • GMOとくとくBB WiMAX
  • UQ-WiMAX WiMAX
  • DTI WiMAX
  • Broad WiMAX

ただし、ちょっと注意が必要です。

UQ-WiMAXは10日以内に受け取る

UQ-WiMAXの利用開始日の定義は「初めて通信が行われた日、またはUQが機器を発送して10日目のどちらか早い方」となっています。

申し込んでみたものの、出張や旅行などで10日間の受取や利用開始ができなかった場合は、機器発送から10日経過すると、利用しなくても課金開始される点には注意です。

DTI WiMAXも8日以内に受け取る

同様に、DTI WiMAXも初月の定義は「利用者が機器を受け取った日、またはDTIが機器を発送して8日目のどちらか早い方」となっています。

申込から8日程度には受け取って利用開始できる日程で申し込みましょう。

GMOとくとくBBとBroad WiMAXは「機器の発送日」が利用開始日

以前は「初月無料」だったGMOとくとくBBですが、2017年1月から「初月日割」と改訂されました。

そして、課金開始日は「GMOとくとくBBが機器を発送した日」となっています。

GMOとくとくBBは「即日発送」という(ある意味)便利なサービスを実施しており、申込の時間にもよりますが、「申込日が利用開始日」となる場合があります。

同様に、Broad WiMAXもプロバイダーであるリンクライフ社が「機器を発送した日」が利用開始日と定義されています。

GMOとくとくBBとBroad WiMAXは月末ぎりぎりに申し込むべきではありません。

WiMAX月額基本料が日割りでもオプション料金に注意

WiMAXの基本料金が日割であっても、プロバイダーによってはオプションが「加入から2か月間無料」などの特典がある場合があります。

たとえば、GMOとくとくBBでは公衆無線LANの「Wi2 300」が初月および翌月が無料となっています。

これらオプションまで考えると、「初月日割」のプロバイダーであってもオプションを活用するなら、やはり月初めからの利用がお得だと言えます。

「初月全額(一か月分)」のプロバイダー

カシモWiMAXの「新端末プラン」での申込については、唯一「初月全額(一か月分)」となります。

カシモWiMAXの利用開始日(課金開始日)は「MEモバイルが機器を発送した日」であり、基本的にウェブからの申し込み当日または翌日となります。

「新端末プラン」での申込の場合、あまり月末に申し込みをすると、「発送が月末、到着が翌月」となり、実際にルーターを受け取った時には一か月分が請求されてしまう、という状況になってしまいます。

カシモWiMAXで「新料金プラン」での申込の場合、月末での申込を避け、できるだけ月初に申し込むべきです。

※カシモWiMAXの「最安級プラン」では、初月無料となります。

まとめ

BIGLOBE WiMAX

  • 初月無料
  • 課金開始日は利用者が機器を受け取った日

BIGLOBE WiMAXの初月の利用料金は無料なのでできるだけ早くから使える方がお得になります。

BIGLOBE WiMAXは基本的に申込の翌日発送なので、月末日に申し込みを行い翌日発送、そして数日後に機器受取(課金開始)というのがお得だと言えます。

お得情報はこちら公式サイトへ

So-net WiMAX

  • 初月無料
  • 課金開始日は利用者が機器を受け取った日

So-net WiMAXの初月の利用料金は無料なのでできるだけ早くから使える方がお得になります。

So-net WiMAXは基本的に申込の翌日発送なので、月末日に申し込みを行い翌日発送、そして数日後に機器受取(課金開始)というのがお得だと言えます。

お得情報はこちら公式サイトへ

novas WiMAX

  • 初月無料
  • 課金開始日は利用者が初めて通信を行った日

novas WiMAXの初月の利用料金は無料なのでできるだけ早くから使える方がお得になります。

また、課金の開始が「利用者が初めて通信を行った日」となっており、ある程度課金開始日を利用者が調整することが可能です。

novas WiMAXは基本的に申込の当日または翌日発送なので、月末日に申し込みを行い翌日発送、そして数日後に利用開始(課金開始)というのがお得だと言えます。

novas WiMAXへ

カシモWiMAX

カシモWiMAXは料金プランによって、初月の料金の扱いが異なるため、注意してください。

「最安級プラン」の場合

  • 初月無料
  • 課金開始はMEモバイルが機器を発送した日

カシモWiMAXの「最安級プラン」では初月料金は無料となります。

また、課金の開始日は「MEモバイルが機器を発送した日」となっており、基本的にウェブからの申し込み当日または翌日となります。

そのため、月初日に申し込むのがもっともお得と言えます。

「新端末プラン」の場合

  • 初月全額(一か月分)
  • 課金開始はMEモバイルが機器を発送した日

カシモWiMAXの「新端末プラン」では初月料金は一か月分全額の請求となります。

また、課金の開始日は「MEモバイルが機器を発送した日」となっており、基本的にウェブからの申し込み当日または翌日となります。

このため、月末日に申し込みを行うと、月末発送(課金開始・一か月分請求)から到着が翌月となる可能性が高くなります。

カシモWiMAXの「新端末プラン」で申し込む場合、月末近くでの申込は絶対に避けるべきであり、月初日に申し込むのがもっとも安全だと言えます。

お得情報はこちら公式サイトへ

GMOとくとくBB WiMAX

  • 初月日割り計算
  • 課金開始はGMOとくとくBBが機器を発送した日

GMOとくとくBB WiMAXは初月日割り計算となります。

また、課金の開始日は「GMOとくとくBBが機器を発送した日」であるため、月末発送の翌月受取とならないようにしなければなりません。
※GMOとくとくBBは基本的に当日発送です。

GMOとくとくBBでは、月末日の申し込みは避けましょう。

なお、キャンペーン適用などの理由により月末日に駆け込みで契約したい場合には、「当日発送可能な受付時間」以降に申し込むことで、翌日発送に回すことができます。

  • 平日15:30までの申し込みは当日発送
  • 土・日・祝日14:00までの申し込みは当日発送

よって、月末日の上記時間以降(余裕を持って)に申し込みをすれば、当月キャンペーンが適用されながら発送(課金開始)は翌日(翌月)とすることができます。

お得情報はこちら公式サイトへ

UQ-WiMAX

  • 初月日割り計算
  • 課金開始は利用者が初めて通信した日、または発送から10日後

UQ-WiMAXでは、初月日割り計算となります。

また、課金開始は「利用者が初めて通信した日、または機器の発送から10日後」となっています。

課金の開始日をある程度利用者が調整できるため、あまり日程にこだわらずいつでも申し込んでも良いでしょう。

お得情報はこちら公式サイトへ

DTI WiMAX

  • 初月日割り計算
  • 課金開始は機器の受取日、または発送から8日後

DTI WiMAXでは初月の利用料金は日割り計算です。

また、課金の開始日は「利用者が機器を受け取った日、または発送から8日後」となっています。

受取日基準の日割計算なので、UQ-WiMAX同様にいつ申し込んでも良いでしょう。

お得情報はこちら公式サイトへ

Broad WiMAX

  • 初月日割り計算
  • 課金開始は機器の発送日

Broad WiMAXでは初月の料金は日割り計算です。

一方で、課金の開始日は「機器を発送した日」であり、Broad WiMAXでは基本的に申込当日または翌日には発送(課金開始)されます。

Broad WiMAXでは月末日での申し込みは避けましょう。

基本情報はこちら公式サイトへ

おすすめ記事

本記事は、WiMAX2+を新規契約する場合に注意すべき点をまとめています。

解約時に注意する点についてまとめたこちらの記事も参考にしてください。