WiMAX +5G

【2022年7月法改正】WiMAX各社の特徴と新しいWiMAX 5Gの選び方!各社の特徴を徹底比較

UQ WiMAX+5G

本ページ記載のサービス提供価格は特記がない限り消費税込みの価格です

2022年7月よりWiMAX +5Gプロバイダーの契約形態と料金プランが大きく変わりました。

背景として同月より適用される電気通信事業法改正があります。

新しい電気通信事業法では消費者保護の観点から「不当な長期契約・長期拘束の禁止」「不当な高額違約金の禁止」が特徴的です。

この記事では、これらの観点からWiMAX +5Gプロバイダー各社の新しい料金プランを確認し、そのうえで新しいWiMAX +5Gプロバイダーの選び方を検討していきます。

月額3,355円「縛りなし・使い放題」
SIMのみ契約ができる
BIGLOBE WiMAX +5G/2+
端末無料で一番安いWiMAX +5G
WiMAX+5G最安の月額料金割引

目次

2022年7月法改正!新しいWiMAX +5Gの選び方

2022年7月より電気通信事業法が改正され、消費者保護の観点から「不当な長期定期契約の禁止」「不当な高額解約費用の禁止」が明記されました。

これにより、2022年7月より多くのプロバイダー各社は契約規定改定を含む料金プランの刷新を行っています。

2022年7月電気通信事業法の改正

新しく改定された電気通信事業法のポイントについては総務省ホームページで分かりやすく説明されています。

電気通信事業法「消費者保護ルール」 | 総務省ホームページ

解約違約金は「月額料金一か月分を上限」

解約時にプロバイダーが契約者へ請求できる費用項目および上限額等が明記されました。

特徴的なのは今までプロバイダーが自由に設定できていた契約解除料金(いわゆる違約金)が「上限は月額料金一か月分」と定められています。

これにより、今まで「違約金25,000円!」などが課せられていた解約違約金はなくなり、違約金の上限は「月額料金一か月分程度」ともはや違約金を気にする必要がなくなるほどになります。

長期定期契約の廃止

また、今まで主流だった「3年契約(または2年契約)・自動更新あり」などの長期契約・継続的な定期契約の延長はよろしくないという風潮になります(禁止ではない)。

これにより、多くのプロバイダーでは「契約の自動更新」が廃止されており、「契約期間の縛りなし」または「最低利用期間(自動更新なし)」での契約形態となっています。

WiMAXプロバイダーの傾向と対策

傾向① 契約縛りがなくなった、ゆるくなった

通信サービスを提供する多くの通信事業者で契約期間がなくなる・ゆるくなりました。

今までは「2年契約・自動更新あり」「3年契約・自動更新あり」など、ほとんど「いつ解約しても違約金を取られる!」という状況でしたが、これからは契約期間なし(違約金なし)や「最低利用期間(自動更新なし)」での契約となり、違約金の支払いが特定条件の場合にのみということになります。

傾向③ 縛りがあっても違約金が安くなった

また、違約金を支払う場合においても「違約金の上限は月額料金の一か月分」と定められました。

これにより、今までの「解約時違約金25,000円!」という非常に高額な違約金はなくなります。

違約金を支払うとしても、せいぜい月額料金の一か月分程度となります。

傾向③ 端末代金が分離された(無料でなくなった)

WiMAXプロバイダーの世界では今まで「3年契約・自動更新あり」と非常に縛りが厳しい契約でしたが、その反面「5G専用端末は無料」というプロバイダーも多く存在しました。

今回の法改正により契約縛りはなくなる・ゆるくなるものの、その反面「5G専用端末無料」という特典を提供するプロバイダーはなくなりました。

多くの場合、5G専用端末は22,000円程度であり、これを一括払いまたは分割払いでの購入となり、分割払い中の解約においては端末代金の残債が一括請求となります。

主要WiMAXプロバイダーの新契約形態

では、具体的にWiMAX +5Gの主力プロバイダーの契約形態を見てみましょう。

契約期間
違約金
端末代金 月額料金
BIGLOBE WiMAX
縛りなし
違約金なし
21,912円
※24回分割払い
※SIMのみ契約可能
0円(0か月目)
1,166円(1か月目)
3,355円(2~24か月目)
4,928円(25か月目~)
GMOとくとくBB WiMAX
最低利用期間2年
1,100円
21,720円
※36回分割払い
※端末購入必須
1,474円(0~2か月目)
3,784円(3~35か月目)
4,444円(36か月目~)
カシモ WiMAX
縛りなし
違約金なし
21,720円
※一括/36回分割
※端末購入必須
※端末代金補填あり
1,408円(0か月目)
4,378円(1か月目~)
Broad WiMAX
縛りなし
違約金なし
21,720円
※一括/36回分割
※端末購入必須
1,397円(0か月目)
4,070円(1か月目~)
契約期間
違約金
端末代金 月額料金

契約縛りが非常に緩くなった半面、端末代金が無料で亡くなったことがわかります。

新しいWiMAX選びのポイント

2022年7月から刷新されたWiMAXプロバイダー各社の料金プランをもとに、プロバイダー選びのポイントを考えていきます。

契約縛りを気にする必要はなくなる

今までは「3年契約・自動更新あり」が主流だった契約形態が、多くのプロバイダーにおいて「縛りなし」「違約金なし」になりました。

また、一部「最低利用期間2年」のプロバイダーもありますが、その場合においても解約違約金は1,100円となっており、もはや縛りを気にする必要はありません。

端末代金に縛られる

契約縛りを気にする必要はなくなりましたが、その代わりに「端末代金残債」という費用を考える必要があります。

プロバイダー各社は契約縛りをなくす・緩くする代わりに、これまで主流だった「5G端末無料」の特典をなくしており解約時には分割払いの残債が一括請求となります。

端末代金残債はそもそも端末購入代金であり支払うべき費用なので解約違約金とは意味合いが違いますが、それでも解約するときに一括請求されるのはちょっと気になりますよね。

月額料金・端末代金・キャンペーン特典で比較する

よって、新しい料金プランにおいてはプロバイダー各社の「月額料金」「端末代金」「キャンペーン特典」で比較・検討することになります。

契約期間の縛りは気にする必要はありません。

対策① BIGLOBE「縛りなし」「端末完全分離(SIMのみ契約可能)」

BIGLOBE WiMAX +5G キャンペーン

2022年7月の法改正に関わらず、ここ数年間で注目されているWiMAX +5GサービスがBIGLOBE WiMAX +5Gです。

もともと契約縛りが緩いプロバイダーでしたが法改正を受けて「契約縛りなし」となり、従来からの「SIMのみ契約可能(端末同時購入不要)」も継続です。

また、新しい施策として派手なキャッシュバックキャンペーンをやめてその分月額料金を安くしてきました。

新しいBIGLOBE WiMAX +5Gは「月額料金たったの3,355円」です。

税抜きだと月額3,050円となり、携帯電話で話題の楽天モバイル「月額2,980円(税抜き)で使い放題!」に迫るほどの安さです。

また、「SIMのみ契約(端末同時購入不要)」も継続なので、WiMAX +5G専用端末をお持ちの方や、ヤフオク・メルカリなどで程度の良い中古品を購入することで端末代金を圧倒的に安くすることもできます。

BIGLOBE WiMAXの特徴

  • 月額料金たったの3,355円/月(税抜3,050円/月)
  • 縛りなし/違約金なし
  • 「SIMのみ契約」ができる(端末購入不要)

BIGLOBE WiMAX +5Gの料金プランと契約形態

BIGLOBE WiMAX +5Gの新しい料金プランと契約形態は以下のようになります。

費用・契約項目 ギガ放題プラス
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 21,912円
※24回分割払い(913円/月×24回)
端末送料 無料
月額料金 0か月目
※利用開始月
0円/月
※無料
1か月目 1,166円/月
・別途端末代金913円/月
2~24か月目 3,355円/月
・別途端末代金913円/月
25か月目以降 4,928円/月
オプション プラスエリア
利用オプション
1,100円/月
※使った月だけ
キャンペーン特典 月額料金大幅割引
※上記「月額料金」に反映済
契約形態 端末購入契約 任意
※通信サービスのみ(SIMのみ)契約も可能
契約期間 契約期間の縛りなし
契約解除料 契約解除料不要

中古端末の利用で一番安く気軽に使える

BIGLOBE WiMAX +5Gの「他社にない強み」は「SIMのみ契約」です。

もし5G端末をお持ちであれば、またはヤフオク・メルカリで安く購入できれば、端末購入することなく通信サービスだけを契約できることで、初期費用(端末代金)を圧倒的に安くすることができます。

WiMAX +5G端末はメルカリなどで安く出品されており、中古品に抵抗がなければ安く(7,000円~10,000円程度)で購入することができます。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11の出品を見てみる | メルカリ

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)の出品を見てみる | メルカリ

端末同時購入は36回分割払いのみ

新品のWiMAX +5Gルーターを同時購入することもできます。

端末代金は機種によらず21,912円で支払い方法は24回分割払い(913円×24回)のみとなります。

BIGLOBE WiMAX +5Gの契約には「契約縛りなし」での契約となりますが、端末代金の完済(24か月)以前に解約する場合には端末代金の残債は一括請求となります。

月額料金たったの3,355円(2年間)

新しいBIGLOBE WiMAX +5Gの月額料金はたったの3,355円(税込み/2年間)です。

WiMAX +5Gの月額料金だけ見るとプロバイダー各社の中では最安の月額料金です。

ちょっとジャンルは異なりますが楽天モバイル「月額3,278円で使い放題」に迫る安さです。

ただし3年目(26か月目)以降の月額料金は月額4,928円となってしまい、あまり月額料金の安さメリットはなくなります。

2年使って解約するのがベスト

BIGLOBE WiMAX +5Gの上手な使い方は「5G端末は中古品を安く入手する(SIMのみ契約する)」「月額3,355円の2年間使って解約する」という使い方です。

5G通信もこれから全国へどんどん広がっていくし、まだまだ実用化されていない5G通信も今後登場してきます。

2年後の通信サービスは今とは違った景色になっているはずです。

今から2年間の通信サービスを考えるなら「5G端末を安く手に入れる(SIMのみ契約)」「月額3,355円で2年間利用する」というのがBIGLOBE WiMAX +5Gの一番お得な使い方です。


\契約縛りなり!SIMのみ契約ができる!/

BIGLOBE WiMAX +5Gへ

月額たったの3,355円


対策② GMOとくとくBB「1年使えば高額キャッシュバックで最安」

GMOとくとくBB WiMAX +5G「ギガ放題プラス」

GMOとくとくBBは非常に厳しい3年縛りの見返りとして他社を圧倒する高額キャッシュバックでWiMAX最大のプロバイダーです。

そのGMOとくとくBBが新しい電気通信事業法のもとで新プラン「最低利用期間2年」「違約金1,100円」という契約形態に変更されました。

つまり利用開始から25か月以内の解約の場合には違約金1,100円、それ以降は違約金なし、という契約です。

25か月以内の違約金もたったの1,100円に設定されているので、もはや契約縛りは気にする必要はないと言えます。

そのうえで従来からの他社を圧倒する高額キャッシュバックは継続され、現在は23,000円キャッシュバックを提供しており、キャッシュバックによって端末代金実質無料になる仕組みとなっています。

利用開始から1年後にもらえる高額キャッシュバックにより、「1年使うなら圧倒的に安い」「1年使えば端末代金実質無料」となり、端末購入前提での利用ならWiMAX +5Gプロバイダーの中で一番契約条件の良いプロバイダーとなります。

GMOとくとくBB WiMAXの特徴

  • 「2年縛り」だけど「違約金たったの1,100円」
  • 1年後に高額キャッシュバック(端末代金チャラになる)
  • 月額料金も安い!1年使うなら最安のWiMAX

GMOとくとくBB WiMAX +5Gの料金プランと契約形態

GMOとくとくBB WiMAX +5Gの新しい料金プランと契約形態は以下のようになります。

費用・契約項目 ギガ放題プラス
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 21,780円
※36回分割払い(605円/月×36回)
端末送料 無料
月額料金 0か月目
※利用開始月
最大1,474円/月
※日割計算
1~2か月目 1,474円/月
・別途端末代金605円/月
3~35か月目 3,784円/月
・別途端末代金605円/月
36か月目以降 4,444円/月
オプション プラスエリア
利用オプション
1,100円/月
※使った月だけ
キャンペーン特典 月額料金割引 上記「月額料金」に反映済
キャッシュバック 23,000円キャッシュバック
または他社乗換で49,000円
※利用開始1年後
契約形態 端末購入契約 端末同時購入必須
契約期間 最低利用期間2年(25か月間)
契約解除料 1,100円
※25か月以内の解約の場合

5G端末は同時購入必須(通信サービスのみの契約はできない)

GMOとくとくBBでは通信サービスの契約時には5G専用端末の同時購入契約が必須です。

端末代金は21,780円で支払い方法は36回分割払い(605円/月×36回)のみとなります。

端末代金の完済前(36回以前)に通信サービスを解約する場合には端末代金の残債は一括請求されます。

利用開始から1年後には高額キャッシュバック

GMOとくとくBBでは23,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しており、利用開始から1年後に23,000円を受け取ることができます。

この高額キャッシュバックによって5G端末代金(21,780円)はチャラになります。

「1年使えば端末代金実質無料」となり、さらに月額料金もBIGLOBEに次ぐ安さです。

1年使えばノーリスクになる

GMOとくとくBBのキャッシュバック23,000円は利用開始から1年後に受け取ることができます。

キャッシュバック金額は23,000円なので端末代金21,780円に加えて解約違約金1,100円もチャラになります。

さらに1年以上使っても月額料金はBIGLOBE WiMAX +5Gに次ぐ安さです。

つまり、GMOとくとくBBは「1年使えばノーリスク」「1年使えばWiMAX最安」のプロバイダーということです。

他社からの乗り換えでも「他社解約違約金負担」

「最低1年使えば最安」になるGMOとくとくBBですが、現在他社回線サービスを使っていてGMOとくとくBBへ乗り換える場合に他社解約違約金が発生することで悩んでいる方に朗報です。

GMOとくとくBBでは「他社解約違約金負担」のキャンペーンを実施しており、GMOとくとくBB WiMAX +5Gへの乗り換えにあたって他社解約違約金が発生する場合には最大49,000円の補填をしてくれます。

補填の対象サービスとしては光回線・ADSL・CATV回線など多岐にわたり、また他社WiMAXサービスやPocket Wi-Fiなどのモバイル通信サービスも対象となります。

さらに補填対象の費用としては「解約違約金」だけでなく「機器撤去費用・端末代金残債・ひかり電話をNTT固定電話へ戻す費用」など解約時に請求されうるほぼすべての費用が補填対象となっています。

他社からの乗り換えの場合には「他社乗り換え違約金負担」サービスをうまく使ってください。


\一番安いWiMAX +5G/

GMOとくとくBB WiMAX +5Gへ

高額キャッシュバックでWiMAX+5G最安


対策③ カシモWiMAX「端末分割払いサポートは安いようで安くない!?」

カシモWiMAX

シンプルで安いWiMAXとして後発ながら大きなシェアを獲得してきたカシモWiMAXも2022年7月より料金プランを刷新しました。

他社にない特徴として「端末代金分割払いサポート」という仕組みです。

5G専用端末を36回分割払いで購入した場合の端末割賦金(605円/月×36回)に対して毎月「端末代金分割払いサポート」という同額の割引が適用されることで端末代金が実質無料となるサービスです。

※「端末分離」の原則に沿っていない気もしますが・・・

この仕組みによりカシモWiMAXは端末同時購入(分割払い)でとてもお得なWiMAXに見えますが、何分月額料金が高すぎます。

カシモ WiMAXの特徴

  • 縛りなし/違約金なし
  • 端末代金分割払いなら「分割払いサポート」で実質無料(3年利用)
  • 端末代金実質無料は魅力だけど月額料金が高すぎる!

カシモ WiMAX +5Gの料金プランと契約形態

カシモ WiMAX +5Gの新しい料金プランと契約形態は以下のようになります。

費用・契約項目 ギガ放題プラス
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 21,780円
※一括または36回分割払い(605円/月×36回)
端末送料 無料
月額料金 0か月目
※利用開始月
1,408円/月
1か月目~ 4,378円/月
※別途端末代金605円/月(36回)
端末代金サポートで無料
オプション プラスエリア
利用オプション
1,100円/月
※使った月だけ
キャンペーン特典 端末分割払いサポート
※端末割賦金と同額を毎月割引
※36か月で実質端末無料
契約形態 端末購入契約 端末同時購入必須
契約期間 契約期間の縛りなし
契約解除料 契約解除料不要

端末代金分割払いなら「端末代金実質無料」

カシモWiMAXの新料金プランでは、他社にないサービスとして「端末代金分割払いサポート」という端末代金の補填割引サービスがあります。

カシモWiMAX +5Gでは通信サービス契約時に5G端末同時購入必須(SIMのみ契約不可)であり、端末代金(21,780円)は一括払いまたは36回分割払い(605円/月×36回)を選ぶことができます。

ここで36回分割払いを選んだ場合には毎月の端末割賦金(605円/月×36回)と同額の割引が適用されることで、毎月の端末代金が無料となり、36か月間の利用で端末代金完全無料となります。

注意点として、端末代金を一括払いした場合にはこの「端末代金分割払いサポート」は適用されません

※つまりカシモWiMAXでは端末代金一括払いは非常に損するのでありえない!

月額料金はかなり高いので注意

カシモWiMAXの「端末代金分割払いサポート」は「端末代金実質無料」と考えると非常にお得なサービスですが、何分月額料金が高すぎます。

月額料金(基本料金)に加えて端末代金までを加味した毎月の支払金額を比較すると以下のようになります。

費用項目 カシモ
WiMAX
GMOとくとくBB
WiMAX
BIGLOBE
WiMAX
月額料金 基本料金 4,378円/月 3,784円/月 3,355円/月
端末割賦金 605円/月
※36回払い
605円/月
※36回払い
913円/月
※24回払い
割引 -605円/月
※36回
- -
月額料金合計 4,378円/月 4,389円/月 4,268円/月
その他特典・特徴 - キャッシュバック
※だれでも23,000円
※乗換違約金補填49,000円
SIMのみ契約可能

「端末代金分割払いサポート」を適用してもやっとGMOとくとくBBと月額料金同額程度、さらにGMOとくとくBBには高額キャッシュバックがあります。

BIGLOBE WiMAX +5Gでは「SIMのみ契約可能」であることから中古端末をうまく使えば端末代金の毎月の支払は発生しないので「月額たったの3,355円」となり、カシモWiMAXに勝ち目はありません。

この時点で「中古端末をうまく使うならBIGLOBE」「新品端末でも1年以上使うならGMOとくとくBB」となります。

カシモWiMAXの新料金プランは月額料金が高すぎます。

シンプルに長く使うならおすすめのWiMAX

WiMAX2+の時代に安くてシンプルな月額料金で一気に人気プロバイダーになったカシモWiMAXですが、WiMAX +5Gの時代になって「月額料金の安さ」はなくなりました。

しかし「シンプル」な料金プランはそのまま、いつまで使ってもずっと同じ月額4,378円で使い続けることができます。

WiMAXに限らない話しですが、通信サービスでは利用開始から2年後・3年後から月額料金が大幅に値上げされ、知らない間に通信費が高くなっていた!ということがあります。

カシモWiMAXはいつでもずっと同じ料金で安心して使えるプラン体系であることに変わりはありません。


解約違約金不要!「縛りなし」プラン登場

カシモWiMAXの5Gプラン

5G対応ルーター実質無料 WiMAX+5G


対策④ Broad WiMAX「他社解約違約金を負担してくれる」

Broad WiMAX 5G対応「ギガ放題プラスプラン」

かつては(WiMAX2+時代)は高額キャッシュバックで圧倒的人気だったBroad WiMAXですが、現在ではあまり特徴のないWiMAXプロバイダーになってしまいました。

お得なキャンペーンもなく、また月額料金も安くありません。

その中で「他社回線からの乗り換えなら他社解約違約金を負担」してくれるサービスがあるので、一部の方(乗り換えの方)には魅力的です。

Broad WiMAXの特徴

  • 魅力的なキャンペーンはない
  • 月額料金も安くない
  • 「他社乗り換え違約金負担」サービスは魅力!?

Broad WiMAX +5Gの料金プランと契約形態

Broad WiMAX +5Gの新しい料金プランと契約形態は以下のようになります。

Broad WiMAX +5Gの新しい料金プランには契約縛りのない「フリープラン」と最低利用期間2年の「バリュープラン」があって、ちょっと面倒です。

費用・契約項目 ギガ放題
バリュープラン
ギガ放題
フリープラン
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代金 21,780円
※一括または36回分割払い(605円/月×36回)
端末送料 無料
月額料金 0か月目
※利用開始月
1,397円/月
1か月目~ 3,883円/月 4,070円/月
オプション プラスエリア
利用オプション
1,100円/月
※使った月だけ
キャンペーン特典 他社回線からの乗り換えサポート(他社解約違約金負担)
契約形態 端末購入契約 端末同時購入必須
契約期間 最低利用期間2年(25か月)

契約期間の縛りなし
契約解除料 3,883円
※25か月以内の解約

契約解除料不要

フリープランとバリュープランの月額料金差は月額187円/月となり、これはバリュープランの解約違約金3,883円では21か月間に相当します。

つまり「21か月以上使うならバリュープランがお得」「20か月以内に解約するならフリープランがお得」という体系になっています。

それ以外に「バリュープラン」「フリープラン」の違いはありません。

5G端末代金は一括払いまたは36回分割払い

Broad WiMAXでは通信サービス契約時に5G端末同時購入が必須となっており、一括払い(21,780円)または36回分割払い(605円/月×36回)となります。

端末代金を分割払いで購入した場合、代金完済前(36か月以内)に解約すると端末代金残債は一括請求となります。

月額料金は高い

「バリュープラン(3,883円/月)」「フリープラン(4,070円/月)」の月額料金差は187円ですが、どちらにしても月額料金は高いです。

5G専用端末を36回分割払いで購入するとしても、「端末分割払いサポート」を受けられるカシモWiMAXのほうが断然安くなります。

「他社回線からの乗り換えサポート」で他社解約違約金を負担

WiMAX2+時代のBroad WiMAXは大幅な月額料金割引や高額キャッシュバックで人気のプロバイダーでしたが、WiMAX +5Gではあまり派手なキャンペーンを打っていません。

特徴的なサービスとして他社回線からの乗り換える場合の他社解約違約金を負担してくれる「乗り換えサポート」というサービスがあります。

他社回線を解約してBroad WiMAXへ乗り換える場合に発生する他社解約違約金等を最大19,000円まで補填してくれるサービスです。

乗り換えサポートならGMOとくとくBBのほうが充実

他社解約時の違約金を補填してくれるのはうれしいサービスですが、上限19,000円であればGMOとくとくBBの同様サービスは49,000円の補填なので圧倒的にGMOとくとくBBのほうが条件が良くなります。

他社乗り換えサポートは昔からBroad WiMAXが実施してきたお得な仕組みですが、現時点では後発のGMOとくとくBBのほうが充実した補填サービスを提供しており結果としてあまり魅力のあるサービスではなくなってしまいました。


他社からの乗り換えならBroad WiMAX

今すぐ申し込む

他社解約違約金を負担してくれる


結論!気軽なBIGLOBEか安さのGMOとくとくBB

2022年7月より電気通信事業法の改正に合わせて通信事業者各社は料金プランを刷新してきました。

ここまでWiMAX +5Gを提供する主要プロバイダーの新しい料金プランを見てきました。

結果として、現在選ぶべきWiMAX +5Gプロバイダーは「BIGLOBE WiMAX +5G」または「GMOとくとくBB WiMAX +5G」に絞られる、ということになります。

中古端末利用で一番お得・気軽なBIGLOBE WiMAX

「SIMのみ契約(端末購入不要)ができる」「縛りなし」というWiMAX +5Gで特徴的なサービスを提供しているのがBIGLOBE WiMAX +5Gです。

しかも月額料金たったの3,355円/月で、これは「安い!」と評判の楽天モバイル「月額3,278円で使い放題」とたったの月額77円差しかありません。

WiMAX +5G端末をすでにお持ちであれば、またはメルカリなどでの中古品購入に不安がなければ、「SIMのみ契約で2年間月額3,355円でBIGLOBEを使う!」というのが最安のプランになります。

もちろん5G端末の新品購入も可能ですが、メルカリなどでは7,000円~10,000円程度でホームルーター・モバイルルーターが中古品販売されています。

Speed Wi-Fi HOME 5G L11の出品を見てみる | メルカリ

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi(SCR01)の出品を見てみる | メルカリ

5G対応ルーターを安く手に入れることで、圧倒的に安く使えるのがBIGLOBE WiMAX +5Gの特徴でイチオシのWiMAXプロバイダーです。

※ただし3年目(25か月目)以降は月額料金が高くなるので「2年使って解約」がBIGLOBE WiMAX +5Gのお得な使い方です。


\契約縛りなり!SIMのみ契約ができる!/

BIGLOBE WiMAX +5Gへ

月額たったの3,355円


1年使うならダントツで最安のGMOとくとくBB WiMAX

WiMAX +5G端末を新品購入するなら「1年間は使う」という前提でGMOとくとくBBが最安のWiMAXプロバイダーになります。

GMOとくとくBBでは通信サービス契約時に5G専用端末同時購入必須で価格は21,780円で36回分割払い(605円/月×36回)となります。

また契約期間は「最低利用期間2年」ですが解約違約金はたったの1,100円なのであまり縛りを気にする必要もありません。

そしてGMOとくとくBBでは「利用開始から1年後には23,000円キャッシュバック」がもらえるので、この時点(利用開始1年後)で5G端末代金と解約違約金はチャラになってしまいます。

この条件でありながら月額料金はBIGLOBEの次に安い月額3,784円です。

キャッシュバックがもらえるまでの1年間を最低利用とすれば、「キャッシュバックで端末代金&違約金がチャラ」「月額料金も安い」というGMOとくとくBBは最安のWiMAXプロバイダーと言えます。

※つまり「中古端末利用ならBIGLOBEが最安」「新品端末購入ならGMOとくとくBBが最安」と考えると良いでしょう。


\一番安いWiMAX +5G/

GMOとくとくBB WiMAX +5Gへ

高額キャッシュバックでWiMAX+5G最安


シンプルに長く使うならカシモWiMAX

カシモWiMAXの特徴は「端末分割払いサポート」で端末代金が実質無料になることです。

しかし3年間(37回月間)使ってやっと端末代金無料ですし、そもそもの月額料金は端末代金割引があってもGMOとくとくBBと変わりありません。

カシモWiMAXでは「3年使えば端末代金チャラ」ですが、GMOとくとくBBでは「1年使えばキャッシュバックで端末代金チャラ」になります。

よって「GMOとくとくBBは嫌い!」「3年間は絶対使う!」という場合においてカシモWiMAXを選ぶと良いでしょう。


解約違約金不要!「縛りなし」プラン登場

カシモWiMAXの5Gプラン

5G対応ルーター実質無料 WiMAX+5G


他社乗り換えならBroad WiMAX

残念ながら新しい料金プランにおいてBroad WiMAXのメリットはあまりありません。

唯一、最低利用期間2年の「バリュープラン」であれば月額料金がずっと3,883円と比較的安いことから、「3年といわず、ずっと使い続ける!」という場合において長く使えば使うほど安くなる仕組みと言えます。

すでにWiMAX +5Gを使ったことがあり、これからずっと使い続けたいという方はBroad WiMAXを選ぶと良いでしょう。


他社からの乗り換えならBroad WiMAX

今すぐ申し込む

他社解約違約金を負担してくれる


月額3,355円「縛りなし・使い放題」
SIMのみ契約ができる
BIGLOBE WiMAX +5G/2+
端末無料で一番安いWiMAX +5G
WiMAX+5G最安の月額料金割引

-WiMAX +5G

© 2022 WiMAXお得情報サイト