WiMAX キャンペーン

【7月版】GMOとくとくBB 月額割引(鬼安)キャンペーン!ノーリスクで実質月額最安

2020年7月1日

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」

GMOとくとくBBの人気キャンペーン「月額割引(鬼安)キャンペーン」は、キャッシュバックをもらうための手続きなどを必要とせず、確実にWiMAX2+を安く使うことができる月額料金設定のプランが魅力のキャンペーンです。

人気のポケットWi-Fi「WiMAX2+」ではプロバイダー各社の高額なキャッシュバックキャンペーンが魅力ではありますが、キャッシュバックをもらうための手間をかけずに確実に安く使えるキャンペーンとして、GMOとくとくBB「月額割引(鬼安)キャンペーン」は大きな人気を得ています。

キャンペーン期間は2020年7月31日(土)までで、期間内に専用ホームページから申し込んだ方が対象となります。

5/1より期間限定3,000円キャッシュバック実施中!

月額割引でノーリスク最安!
最速で明日からWi-Fi使えます!

目次

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」の特徴

特典1:機種代金無料

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン機種代金無料特典」
GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」では、通常価格20,000円のルーター機器がすべて無料で提供されています。もちろん、送料も無料です。

スマホなどでよくある「機種代金(分割)と機種代金補てん(割引)の組み合わせで実質無料」ではなく完全に無料、たとえ契約期間(3年)満了前に解約しても機種代金の残債が残ることはありません。

しかも、最新型ルーターの中から好きな機種を選ぶことができます。

Speed Wi-Fi NEXT W06 おすすめ!
Speed Wi-Fi NEXT W06
  • 外でも家でも使えるポケットWi-Fi
  • 下り最大1.2Gbpsの最速ルーター
Speed Wi-Fi NEXT WX06 New!
Speed Wi-Fi NEXT WX06
  • 外でも家でも使えるポケットWi-Fi
  • 下り最大440Mbpsの高速ルーター
  • 大容量バッテリー搭載
  • クレードルは別売3,619円
Speed Wi-Fi HOME L02 おすすめ!
Speed Wi-Fi HOME L02
  • 工事不要の置くだけWi-Fi
  • 下り最大1Gbpsの最速ルーター
WiMAX HOME 02 New!
WiMAX HOME 02
  • 工事不要の置くだけWi-Fi
  • 下り最大440Mbpsの高速ルーター
  • スマートスピーカー「アレクサ」対応

ルーターはすべて無料、送料も無料

特典2:月額料金23,564円相当の月額割引

GMOとくとくBB月額割引プラン「ギガ放題プラン」
2つめの特典「月額料金23,564円相当の割引」がGMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」の最大の魅力となります。

「月額割引キャンペーン」の毎月の利用料金は、GMOとくとくBBの標準価格よりも大きく割引されており、契約期間(3年間)の総額で23,564円もの割引が適用されています。

具体的な割引額は以下の通りで、総額で23,564円もおトクになっています。

利用月数 標準月額料金 月額割引キャンペーン
1~2か月目 4,263円/月 2,590円/月 1,673円/月おトク
3~24か月目 3,344円/月 919円/月おトク
25~36か月目 4,263円/月 -
総額(3年) 153,468円 129,904円 23,564円おトク

総額23,564円もの月額料金割引

特典3:LTEオプション料金(月額1,005円)無料

LTEオプション無料特典
GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」ではすべての料金プランで「LTEオプション(月額1,005円)」が無料です。

WiMAX2+がちょっと苦手とする「山間部・地下街・ビルの陰」などでも、スマホと同じ繋がりやすい電波「au 4G LTE」を使って通信ができるオプションが「LTEオプション」です。

この「万が一」の安心機能を使うと月額1,005円の「LTEオプション料金」がかかりますが、GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」では無料です。

万が一の場所でも安心してスマホの電波(LTE)が使える

特典4:さらに期間限定キャッシュバック

GMOとくとくBB月額割引キャンペーン「今なら3,000円キャッシュバック」キャンペーン
5/1よりさらにお得な「期間限定3,000円キャッシュバック」の特典が追加されています。期間未定です。

月額料金をトコトン安く設定している「月額割引キャンペーン」がキャッシュバックによりさらにお得になっています。

キャッシュバックは利用開始から11か月後に受け取りの手続きを行うことで銀行振り込みされます。キャッシュバックの受け取り方については、こちらの記事を参考にしてください。

「月額割引キャンペーン」特典のまとめ

以上の特典をすべてまとめると、GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」の契約期間(3年)の全ての費用は以下のようになります。

費用項目 金額
ギガ放題プラン 7GBプラン
初期費用 機種代金 無料
機種送料 無料
事務手数料 3,000円
月額費用 0か月目(利用開始月) 最大2,590円(日割り計算)
1~2か月目 2,590円 2,590円
3~24か月目 3,344円 2,690円
25か月目以降 4,263円 3,609円
3年総額 費用総額 135,494円 113,258円
キャッシュバック特典 3,000円
実質総額 132,494円 110,258円
平均月額 3,581円 2,899円

このように、「月額割引キャンペーン」では毎月使えるギガに上限のない「ギガ放題プラン」が実質総額132,494円、平均月額3,580円で使えてしまう、WiMAX最安のキャンペーンです。

月額割引(ノーリスク)で最安のWiMAX!



最安のWiMAX「GMO月額割引」

最速明日から使える

月額割引で確実に安くなる!


「月額割引キャンペーン」のおすすめ料金プラン

「ギガ放題プラン」と「7GBプラン」

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」では「ギガ放題プラン」と「7GBプラン」の2つの料金プランが提供されています。

「ギガ放題プラン」は毎月使えるギガ数の上限がなく使い放題ができるプランで、WiMAXの醍醐味となる料金プランです。

「7GBプラン」は毎月使えるギガ数が7GBまでに設定されていて、7GBを超過すると通信速度が128Kbpsに制限されてしまうプランです。

ギガ放題プランお試しキャンペーン

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン料金プラン」
WiMAXの魅力は毎月のギガ数に上限がなく使い放題ができる「ギガ放題プラン」です。

そしてGMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」では、「ギガ放題プラン」の使い放題を試してもらえるように、「ギガ放題プランお試しキャンペーン」として「ギガ放題プラン」の最初の3か月間の月額料金を「7GBプラン」と同じ料金に設定しています。

そして、「ギガ放題プラン」と「7GBプラン」の料金プランは月単位でいつでも変更することができます。

料金プランに迷ったら「ギガ放題プラン」

WiMAXを申し込むなら、ぜひ「ギガ放題プラン」で申し込み、使い放題でたっぷり使ってみましょう。

もし、毎月7GB以上使わないのであれば、いつでも「7GBプラン」へ変更することができます。

料金プランのポイント

  • 「ギガ放題プラン」も「7GBプラン」も最初の3か月間は同じ料金
  • 料金プラン変更は月単位でいつでも可能
  • 迷ったら「ギガ放題プラン」を使ってみよう!


最安のWiMAX「GMO月額割引」

最速明日から使える

月額割引で確実に安くなる!


「月額割引キャンペーン」のおすすめルーター

ポケットWi-Fiと置くだけWi-Fi

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」では、最新型のルーター4機種の中から好きなルーターを無料で選ぶことができます。

外でも家でも使えるポケットWi-Fi(モバイルルーター)が2機種、自宅で光回線の代わりに使える工事不要の置くだけWi-Fi(ホームルーター)が2機種です。

いずれも、HUAWEI製とNEC製の最新型ルーターを提供しています。

ポケットWi-Fi(モバイルルーター)のおすすめ

外でも家でも使えるポケットWi-Fiでは以下の2機種の中から選ぶことができます。

New!
WX06
おすすめ!
W06
WX05
Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX05
メーカー NEC HUAWEI NEC
本体サイズ 約111×62×13.3mm 約128×64×11.9mm 約111×62×13.3mm
本体重量 約127g 約125g 約128g
最大速度(下り) LTE通信時
・440Mbps
WiMAX2+通信時
・440Mbps
LTE通信時
・1.2Gbps
WiMAX2+通信時
・558Mbps
LTE通信時
・440Mbps
WiMAX2+通信時
・440Mbps
Wi-Fi接続数 16台 16台 10台
バッテリー使用時間 最大700時間 最大800時間 最大700時間
連続通信時間 最大14時間分 最大11時間40分 最大14時間
バッテリー容量 3,200mAh 3,000mAh 3,200mAh
クレードル ギガ有線LAN×1ポート 非対応 ギガ有線LAN×1ポート

Speed Wi-Fi NEXT W06

「Speed Wi-Fi NEXT W06」は2019年1月発売されたばかりの、HUAWEI製のモバイルルーターです。

高速性と安定性で昨年もっとも売れた人気ルーター「W05」の後継機にあたり、また「下り最大1.2Gbps」というWiMAX最速の性能を持つことから、おそらく今年最も売れるモバイルルーターとなるでしょう。

もちろん、普段使いにおいては「下り最大1.2Gbps」という速度はでませんが、使ってみた限りでは電波の弱くなる場所でも粘ってしっかり電波を掴む傾向があります。

基本的な通信性能に優れた、おすすめのモバイルルーターです。

Speed Wi-Fi NEXT W06 | GMOとくとくBB

Speed Wi-Fi NEXT WX06

「Speed Wi-Fi NEXT WX06」は2020年1月に発売されたばかりの、NEC製のモバイルルーターです。

2.4GHzと5GHzの同時利用ができるようになったことで、Wi-Fi接続台数が16台までと多くなり、また別売りのクレードル利用時の通信の安定性と高速性も向上しました。

通信性能については「W06」にちょっと劣りますが、今までにWiMAXを使ったことがあり、かつバッテリーの持ちを重視する場合にはおすすめできるモバイルルーターです。

Speed Wi-Fi NEXT WX06 | GMOとくとくBB

Speed Wi-Fi NEXT WX05

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は2018年12月に発売された、NEC製のモバイルルーターです。

「W06」よりも大容量のバッテリーを搭載し、また無通信時間が続くと本体をスリープ(休止)状態にすることでバッテリーを節約するなどの省電力機能が魅力です。

通信性能については「W06」にちょっと劣りますが、今までにWiMAXを使ったことがあり、かつバッテリーの持ちを重視する場合にはおすすめできるモバイルルーターです。

Speed Wi-Fi NEXT WX05 | GMOとくとくBB

両機の比較とおすすめのモバイルルーター

基本的な通信性能にすぐれた「W06」と、バッテリーの持ちに優れた「WX05」と切り分けることができます。

当サイトでは両機の実機による比較レビューを行っています。

どちらのルーターも電波状態の良い場所では同じくらいの高速通信ができますが、電波状態のあまりよくない場所になるほど、「W06」の方がしっかりと電波を掴み通信速度があまり遅くならない傾向があります。

一方で、バッテリーの持ちについては少し「WX05」の方が優れていました。ただし、スペック表ほどの差はありません。

初めてWiMAXをお使いの場合には、基本的な通信性能に優れた「Speed Wi-Fi NEXT W06」をお勧めします。

置くだけWi-Fi(ホームルーター)のおすすめ

自宅で光回線の代わりに使える、工事不要の置くだけWi-Fi(ホームルーター)では以下の2機種の中から選ぶことができます。

L02 おすすめ! HOME01
Speed Wi-Fi HOME L022019/1/25発売 WiMAX HOME 012018/11/8発売
メーカー HUAWEI NEC
本体 サイズ 約93×178×93mm 約70×100×155mm
重量 約436g 約338g
カラー ホワイト ホワイト
通信速度
(WiMAX)
HS+Aモード 下り最大:1Gbps
上り最大:75Mbps
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
HSモード 下り最大558Mbps
上り最大:30Mbps
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
Wi-Fi接続 通信規格 802.11ac/n/a(5GHz)
802.11n/g/b(2.4GHz)
5GHz/2.4GHz同時接続可能
802.11ac/n/a(5GHz)
802.11n/g/b(2.4GHz)
5GHz/2.4GHz同時接続可能
最大接続台数 40台
(5GHz20台/2.4GHz20台)
20台
(5GHz10台/2.4GHz10台)
有線LAN接続 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T ×2ポート 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T ×2ポート

Speed Wi-Fi HOME L02

「Speed Wi-Fi HOME L02」は2019年1月発売されたばかりの、HUAWEI製のホームルーターです。

WiMAXを自宅で光回線の代わりに使うという市場を開拓した名機「L01/L01s」の後継機種にあたります。

また、ホームルーター最速の「下り最大1Gbps」というスペックで高速性をさらに向上してきています。

もちろん、普段使いにおいては「下り最大1Gbps」という速度はでませんが、使ってみた限りでは電波の弱くなる場所でも粘ってしっかり電波を掴む傾向があります。

基本的な通信性能に優れた、おすすめのホームルーターです。

Speed Wi-Fi HOME L02 | GMOとくとくBB

WiMAX HOME 02

「WiMAX HOME 02」は2020年1月に発売されたばかりの、NEC製のホームルーターです。

「L02」と同じように白を基調とし丸みを帯びたボディで、「L02」よりもふたまわりほど小さいボディが特徴的です。

また、スマートスピーカー「アレクサ」に対応し、音声コマンドでルーターの制御ができるようになりました。

WiMAX HOME 02 | GMOとくとくBB

両機の比較とおすすめのホームルーター

基本的な通信性能にすぐれた「L02」と、コンパクトボディの「HOME 02」と切り分けることができます。

当サイトでは両機の実機による比較レビューを行っています。

どちらのルーターも電波状態の良い場所では同じくらいの高速通信ができますが、電波状態のあまりよくない場所になるほど、「L02」の方がしっかりと電波を掴み通信速度があまり遅くならない傾向があります。

これはモバイルルーターの比較でも同じで、どうもHUAWEI製ルーターの方がNEC製ルーターよりも電波をしっかり掴む傾向があります。

自宅で使うホームルーターは、電源や設置スペースなどの条件から必ずしも電波状態がベストの場所に置けるとは限りません。

そのため、ホームルーターは基本的な通信性能に優れた「Speed Wi-Fi HOME L02」をお勧めします。

ルーター選びに迷ったら

モバイルルーターなら、基本的な通信性能の「W06」とバッテリー持ちの「WX05」となります。

朝早くから夜遅くまでWi-Fiを使う、日中充電する時間・場所がない、などバッテリー持ちを重視する場合は「WX05」のスリープ(休止)機能が有効ですが、一般的には電波の弱い場所でもしっかりと電波を掴む「W06」をおすすめします。

ホームルーターなら、設置場所が必ずしもベストな電波状況とは限らないことから、基本的な通信性能に優れた「L02」を選びましょう。

ルーター選びに迷ったら

  • NEC製よりHUAWEI製の方が電波の弱い場所に強い(当サイト実機レビューより)
  • モバイルルーターなら「W06」をオススメします
  • ホームルーターなら、ぜひ「L02」を選びましょう


最安のWiMAX「GMO月額割引」

最速明日から使える

月額割引で確実に安くなる!


GMOとくとくBB WiMAXのお得なサービス

最短即日発送、翌日には使える(標準サービス)

GMOとくとくBB「最短即日発送」
GMOとくとくBBでは「最短即日発送」というサービスを実施しています。ウェブからの申込完了の当日にルーターを発送してくれるサービスです。

発送は佐川急便で本州内であれば翌日には配達されるので、申込翌日にはもうWiMAXを利用開始できる、ということになります。

平日であれば15:30までの申込、土・日・祝日であれば14:00までの申込が即日発送の対象となります。

この「即日発送」サービスを利用する場合、申込時に「即日発送」を指定する必要があります(初期値は「通常発送」で翌日発送)。

20日以内ならキャンセルOK!(標準サービス)

GMOとくとくBB「20日以内ならキャンセルOK」

初期契約解除制度

GMOとくとくBBなど通信サービスを提供している事業者(プロバイダー)には「初期契約解除制度」への対応が義務付けられています。

エリアマップでは十分エリア内だったにもかかわらず、実際に使ってみると十分に電波が届かなかった・遅かった、などの場合に、機器受取から8日以内に契約解除の意思表示をすることで契約自体をキャンセルできる、という制度です。

特に、ホームルーターなど自宅の中で使う予定の場合、十分に電波が届かなければ使い物になりません。

このような場合、機器の受け取りから8日以内に「契約解除の意思」を表示しましょう。

初期契約解除について | GMOとくとくBB

さらに独自に20日までキャンセルOK

さらにGMOとくとくBBでは、この「8日までの契約解除ができる」という初期契約解除制度を独自拡張して「20日以内ならキャンセル(契約解除)OK」というサービスを提供しています。

ホームルーターの置き場所を探しているうちに、8日はすぐに過ぎてしまうかもしれません。

ですがGMOとくとくBBなら「20日まで」に延長してくれるので、十分に自宅内での置き場所を探すことができます。

この「20日以内はキャンセルOK]は、特にホームルーターなどを検討する人に人気のサービスです。

20日以内の解約違約金無料キャンセル適用について | GMOとくとくBB

安心サポート(2か月無料)

GMOとくとくBB「安心サポート」
GMOとくとくBBでは、ルーター機器の万一の場合のために機器補償サービスを提供しています。

「安心サポート(月額300円)」と「安心サポートワイド(月額500円)」の2種類のサービスがあり、内容は以下の通りです。

安心サポート 安心サポートワイド
月額費用 300円/月 500円/月
お申し込み条件 WiMAX2+と同時お申し込みのみ
サービス概要 WiMAX端末修理補償サービス
対象
  1. 取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合が補償対象となり、無償での修理となります。
  2. 対象期間は本サポートサービスお申込み期間になります。
  1. 取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合が補償対象となり、無償での修理となります。
  2. 対象期間は本サポートサービスお申込み期間になります。
  3. その他故障・破損・水濡れによって弊社が修理を認めた場合。
非対象
  1. お客さまの故意による故障、改造による損害、その他盗難・紛失は対象となりません。
  2. SIM、クレードル、付属品は対象となりません。
  3. 外部損傷、水濡れ、全損は対象となりません。
  1. お客さまの故意による故障、改造による損害、その他盗難・紛失は対象となりません。
  2. SIM、クレードル、付属品は対象となりません。

内容を見ると分かるように「安心サポート」は通常のメーカー保証と同等の内容となっています。つまり、通常1年間のメーカー保証を契約期間ずっと延長してくれる、という内容です。

一方、「安心サポートワイド」は「破損・水漏れ」が補償対象となっている点が「安心サポート」よりも拡張されています。

安心サポート | GMOとくとくBB

公衆無線LANサービス(2か月無料)

GMOとくとくBB「公衆無線LANサービス」

「Wi2 300」基本サービス

GMOとくとくBBでは「公衆無線LANオプション」として、日本最大規模の公衆無線LANサービス「Wi2 300」を月額362円で提供しています。

「Wi2 300」はau(KDDI)系列の「ワイヤアンドワイヤレス」社が全国展開している公衆無線LANサービスになります。

特典として、利用開始から2か月間の基本料金が無料となります。

オプションエリアが実質無料

GMOとくとくBBを経由して「Wi2 300」を契約すると、実はとてもおトクな仕組みが用意されています。

「Wi2 300」のアクセスポイントには基本料金で使える「基本エリア」と、別途オプションエリアチケットを購入しないと使えない「オプションエリア」があります。

「オプションエリア」のアクセスポイントを使うことで、非常に多くのアクセスポイントに接続できるようになります。

GMOとくとくBBでは、この「オプションエリア」の利用に必要な「オプションエリアチケット(1時間100円)」の購入代金を購入翌月にGMOポイントで全額還元してくれます。

GMOポイントはWiMAXの利用料金支払いに充当できることから、GMOとくとくBBを経由して「Wi2 300」を使うと実質無料でオプションエリアが使える、という特典があります。

日本最大級の公衆無線LANサービス「Wi2 300」をお使いなら、GMOとくとくBBの「公衆無線LANオプション」はとてもおトクなサービスです。

公衆無線LANサービス | GMOとくとくBB

インターネット安心セキュリティ(1年間無料)

GMOとくとくBB「マカフィーマルチアクセス」
GMOとくとくBBではネットから侵入するウィルスからスマホやパソコンを守ってくれるセキュリティソフト「マカフィーマルチアクセス」を12か月間無料(通常月額500円)で提供しています。

最大3台までのスマホ・パソコンにインストールすることができ、ウィルスやフィッシング詐欺から守ってくれるセキュリティソフトです。

利用開始から1年間は無料(2年目以降は月額500円)で使えるので、まだセキュリティソフトを導入していない方は使ってみると良いでしょう。

インターネット安心セキュリティ | GMOとくとくBB

auスマホが安くなる「auスマートバリュー」対応(割引サービス)

GMOとくとくBB「auスマートバリューmine」
au(KDDI)では、auスマホとWiMAXのセット割サービス「auスマートバリューmine」を提供しており、GMOとくとくBBはその対象プロバイダーです。

auスマホをお使いの方はGMOとくとくBBのWiMAXと一緒に使うことで、毎月最大1,000円もの割引サービスを受けることができます(割引対象はauスマホ側)。

割引額はauスマホの契約プランによって決まり、以下のように割引されます。

端末 対象プラン 割引額
スマホ auフラットプラン20/30
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB超~20GB
永年1,000円
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)2GB
auピタットプラン(シンプル)1GB超~2GB
データ定額1/1(V)
永年500円
データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5(V)/8(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30(V)
LTEフラット/LTEフラット(V)
ISフラット
プランF(IS)シンプル
永年934円
データ定額2/3
データ定額2(V)/3(V)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン(V)
LTEフラットcp(1GB)
永年743円
3G携帯 カケホ(電話かけ放題プラン/ケータイデータ付) 永年743円
4G LTE携帯 データ定額5/8/10/13/20/30
データ定額5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK)
永年934円
データ定額2/3
データ定額2(VK)/3(VK)
シニアプラン
永年743円

auスマートバリューmine | GMOとくとくBB

UQモバイルが安くなる「ギガMAX月割」対応(割引サービス)

GMOとくとくBB「ギガMAX月割」
au(KDDI)系列の格安SIM「UQモバイル」では、UQモバイルとWiMAXとのセット割サービス「ギガMAX月割」を提供しており、GMOとくとくBBはその対象プロバイダーです。

UQモバイルをお使いの方はGMOとくとくBBのWiMAXと一緒に使うことで、毎月500円の割引サービスを受けることができます(割引対象はUQモバイル)。

UQモバイルの「スマホプラン」は最安で月額1,980円からauの高速回線を利用できる格安SIMです。

あまり電話をかけず動画をたっぷり見たい方は、UQモバイルの一番安いプラン「スマホプラン(S)」と、GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」を利用することで、以下のように実質使い放題のスマホ環境が出来上がります。

UQモバイル GMOとくとくBB
「月額割引」
月額料金 1,980円
1,480円(ギガMAX月割適用)
平均月額3,580円
WiMAX最安
無料通話
※別途オプション
通話パック
・月額500円
通話料金2,400円(60分相当)の割引 通話機能なし
かけ放題(10分かけ放題)
・月額700円
最初の10分間の通話料金無料
かけ放題(24時間いつでも)
・月額1,700円
国内通話かけ放題
毎月使えるギガ 3GB 上限なし


最安のWiMAX「GMO月額割引」

最速明日から使える

月額割引で確実に安くなる!


GMOとくとくBBの契約事項

契約期間と契約更新月

GMOとくとくBB「契約期間と契約更新月」

契約期間と契約形態

GMOとくとくBBのWiMAX2+サービスは「3年契約自動更新型」の契約です。

利用開始の翌月から3年間(36か月)を最初の契約期間とし37か月目の「契約更新月」に契約解除(解約)を申し出ない場合には、また新たな3年契約がはじまる、という契約です。

契約更新月と契約解除料(違約金)

「契約更新月」は3年(36か月)間隔で訪れます。

「契約解除月」以外での契約解除(解約)には契約解除料(違約金)が必要です。

契約解除料は利用開始からの期間に応じて変額し、以下の通りです。

継続期間 契約解除料
サービス開始月(初月:0か月目) 19,000円(税別)
1~12ヶ月目末日 19,000円(税別)
13~24ヶ月目末日 14,000円(税別)
25~36ヶ月目以降 9,500円(税別)
37ヶ月目 更新月(※1)のため、契約解除料不要
38ヶ月目以降 9,500円(税別)

なお、「次回の契約更新月はいつ?」というのは、GMOとくとくBBの会員サイト「BBNavi」でわかります。

契約について

契約に必要なもの

GMOとくとくBBへサービスを申し込む場合に必要なものは、毎月の支払用のクレジットカードのみです。

WiMAX2+には音声通話機能がないため、本人確認書類(運転免許証など)の提出は必要ありません。

支払方法について

GMOとくとくBBでは、毎月の利用料金の支払いはクレジットカード払いのみとなります。

口座振替での支払や、デビッドカードは利用できません。

課金の開始日

GMOとくとくBBでは、「課金の開始は当社(GMO)が機器を発送した日」と定めています。

GMOとくとくBBは「最短即日発送」のサービスを実施しているため、基本的には「申込日が課金の開始日(または翌日)」となるということです。

利用開始月の月額料金

課金の開始日を含む月が「利用開始月」となります。

利用開始月の月額料金は課金開始日基準の日割り計算となります。

解約について

解約の方法

GMOとくとくBBの解約方法は2通りあります。

まず、「契約更新月」になると会員専用サイト「BBNavi」にログインすると「解約について」のボタンが表示されるようになります。

このボタンから進んで解約申請を行うことができます。

また「契約更新月」以外の月での解約は、サポートセンターへの電話連絡による解約申請となります。

どちらの場合も、毎月20日までの解約申請で月末解約となります。

解約月の月額料金

GMOとくとくBBのサービスは「月末解約」となります。

月末まで通信サービスが利用でき、解約月の月額料金は満額請求となります。

契約解除料(違約金)について

「契約更新月」以外での解約には「契約解除料(違約金)」が請求されます。

「契約解除料(違約金)」の金額は利用開始からの月数によって変額し、以下の通りです。

継続期間 契約解除料
サービス開始月(初月:0か月目) 19,000円(税別)
1~12ヶ月目末日 19,000円(税別)
13~24ヶ月目末日 14,000円(税別)
25~36ヶ月目以降 9,500円(税別)
37ヶ月目 更新月(※1)のため、契約解除料不要
38ヶ月目以降 9,500円(税別)

キャッシュバックの受け取り方

GMOとくとくBB「キャッシュバック受け取り方」
GMOとくとくBBでのキャッシュバックのもらい方を確認します。

  • キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目(※1)基本メールアドレス宛(※2)にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認(※3)のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)(※4)にご指定の口座に振り込みます。
  • 基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。

「キャッシュバック特典について」より抜粋

キャッシュバックの連絡はいつ来る?

「端末発送月を含む11か月目(※1)」と記載されています。

端末発送月とは課金の開始月なので、利用開始月のことになります。利用開始月を含む11か月目にキャッシュバック手続きのためのメールが送られてきます。

メールはどこに送られてくる?

「基本メールアドレス宛(※2)」と記載されています。

「基本メールアドレス」とは連絡用にいつも使っているメールアドレスではなく、GMOとくとくBBからもらったメールアドレスのことです。

「基本メールアドレス」は申し込みの時に好きなアドレスを指定して作ります。

なお「基本メールアドレス」は会員専用サイト「BBNavi」からウェブメールとして送信・受信ができます。

手続きって何?

「振込に関するご指定口座確認(※3)」と記載されています。

キャッシュバック受け取りのための手続きとは、キャッシュバックを受け取るための(あなたの)銀行口座情報を登録することを言います。

つまり、この銀行口座情報を登録するためのフォーム(URL)がメールで送られてくる、ということです。

キャッシュバックはいつ振り込まれる?

「ご返信があった翌月末日(営業日)(※4)」と記載されています。

メールに従って銀行口座情報を登録した翌月末日(銀行営業日)にキャッシュバックが振り込まれるということです。

つまり、最短で利用開始月(端末発送月)を含み12か月後の末日(銀行営業日)にキャッシュバックが受取れます。

なお、キャッシュバックの受け取りに関する詳しい説明は、以下の記事を参考にしてください。


最安のWiMAX「GMO月額割引」

最速明日から使える

月額割引で確実に安くなる!


お得情報

とことん安さを追求するなら

とことん安さを追求するなら同じGMOとくとくBBの別キャンペーン「キャッシュバックキャンペーン」も魅力的です。

かなり高額のキャッシュバックサービスがあるので3年総額で計算すると「鬼安キャンペーン」よりも「キャッシュバックキャンペーン」のほうが安くなる計算です。

とにかく安さを追求するならキャッシュバックキャンペーンも検討してみてください。

WiMAXお得情報

WiMAXキャンペーン情報

今月のおすすめWiMAXキャンペーンをご紹介しています。

WiMAX2年・3年総額比較

WiMAXサービスを提供する各社のサービス料金を2年契約・3年契約ごとに契約期間の総額および月平均額で比較しています。

月額割引でノーリスク最安!
最速で明日からWi-Fi使えます!

-WiMAX, キャンペーン
-

© 2020 WiMAXお得情報サイト