GMOとくとくBB WiMAX2+機種変更サービス
WiMAX2+を永く使っている方に朗報な、WiMAX2+からWiMAX2+への機種変更サービスを一部のプロバイダーが実施しています。

2年継続利用を目途に、非常に安価または無料で最新機種に変更してくれるサービスです。

参考記事WiMAX2+機種変更サービス

このサービスは一部のプロバイダーがUQコミュニケーションズと一緒になって提供している機種変更サービスですが、このサービスとは別にGMOとくとくBBも独自の機種変更サービスを実施しています。

外部サイトGMOとくとくBB機種変更サービス

この記事では、GMOとくとくBBが長期利用者を対象に行っているWiMAX2+機種変更サービスについて解説しています。

GMOとくとくBB WiMAX2+機種変更サービス

サービス概要

GMOとくとくBB WiMAX2+サービスの長期利用者(21か月以上の継続利用者)を対象に、最新のルーターを無料で進呈しますよ、というサービスです。

GMOとくとくBB WiMAXはキャッシュバックキャンペーンの他にも複数のキャンペーンを実施していますが、どのキャンペーンで加入したかに関わらず、「GMOとくとくBB利用者」となります。

もらえる機種は在庫により随時変更されますが、現在(2017/5時点)は以下の3機種から選ぶことができます。

GMOとくとくBB WiMAX2+機種変更サービス対象ルーター機器
引用GMOとくとくBB WiMAX2+機種変更サービス

今使っているルーターはどうなる?

このサービスは、サービス利用を申し込むと新しいルーターが送られてきます。

また、現在サービスで提供されているルーターはすべてnanoSIMサイズのルーターですが、お使いのルーターとSIMサイズが違う場合には新しいSIMも同時に送られてきます。

SIMサイズが同じ場合

SIMサイズが同じ場合(ルーター本体のみ贈られた場合)には今お使いのルーターのSIMを新しいルーターに差し替えることで、新しいルーターが使えるようになります。

古いルーターは返却の必要はないので、SIMを差し替えることで古いルーターも使えます。

SIMサイズが違う場合

SIMサイズが違う場合(ルーター本体と新しいSIMが送られた場合)には、受取後に回線切り替えの手続きを行うことで新しいルーターが使えるようになります。

この場合、契約回線が変更になっているため、古いルーター(古いSIM)は利用できなくなります。

どうやって申し込むのか?

GMOとくとくBBの利用者専用サイト(BBNavi)から申し込みます。

引用GMOとくとくBB WiMAX2+機種変更サービス

すでに21か月間の長期利用者であれば、トップメニューに「WiMAX2+機種変更サービス」の案内が掲載されているので、そこから申し込むことができます。

希望する新しいWiMAX2+ルーターを決めて申し込むと、あとは数日後にルーターが送られてくるという仕組みです。

実質は新規契約であることに注意

「2つの特典」を理解しておく

この「機種変更サービス」ですが、永くGMOとくとくBBを使っている方はルーターも古くなったりバッテリーも劣化していたりで、ぜひ使ってみたいサービスだと思いますが、利用する前に知っておくべきことがあります。

まず、この「機種変更サービス」というサービス利用には「2つの特典」が付いてきます。

特典1:最新WiMAX2+の端末代金が0円

まず「最新WiMAX2+の端末代金が0円」の特典です。

この特典があることにより、21か月以上の継続利用者は最新ルーターに無料で機種変更することができます。

特典2:ご利用中WiMAX2+の契約解除料が0円

そして、注意すべきはこの「特典2」です。

「ご利用中WiMAX2+の契約解除料が0円」という特典です。

つまり、この「機種変更サービス」とは、今の契約を一旦解除したうえで、また新たな2年または3年契約を結ぶことになるサービスです。

今の契約を解除(解約)するために必要な契約解除料金(解約違約金)が無料になるという特典です。その上で、新たな2年または3年契約となるにあたり、最新型のルーターを無料で進呈します、という仕組みです。

契約事務手数料が必要

通常、WiMAX2+サービスの契約時に最初だけ請求される「契約事務手数料」がこの機種変更サービスを利用すると必要になります。

つまり、「別の契約です」ということです。

この「契約事務手数料」は3,000円です。

月額料金は正規料金

この「機種変更サービス」を利用した場合(つまり新しい契約)の月額利用料金は以下の通りとなります。

新たな契約 月額利用料金
ギガ放題 通常
1か月目~24か月目 4,263円(税抜き) 3,609円(税抜き)
25か月目以降 4,263円(税抜き) 3,609円(税抜き)

この月額料金は、「キャッシュバックキャンペーン」で加入した場合も「月額割引(鬼安)キャンペーン」で加入した場合でも3年目以降の月額料金と同じ料金となります。

つまり、すでに最初に加入した場合のキャンペーン特典は終了した場合と同じです。

機種変更サービスは新たな2年契約の特典

このように、「GMOとくとくBB WiMAX2+機種変更サービス」は実質的には「21か月以上の継続利用者が新たな2年契約」を結ぶ場合に「最新端末(ルーター)を無料進呈」という特典となります。

契約更新月以外での契約解除(解約)時に必要となる「契約解除料金の免除」と、通常20,000円程度の最新型ルーターを「無料進呈」が特典であり、通常契約と同じように「契約事務手数料(3,000円)」が必要であり、また新たな2年契約が始まる仕組みです。

「新たな2年契約」なので、当然ながら契約解除料金も1~12か月目が19,000円、13~24か月目が14,000円となります。

メリットとしてはSIMの返却が不要となるため、WiMAX2+を利用できない期間が発生しない、というメリットがあります。

WiMAX2+機種変更サービスのまとめ

2年契約終了後もGMOとくとくBBを使い続ける方

2年契約が終了してもGMOとくとくBB WiMAXを使い続けようと思う方にとってのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

新たな2年契約を結ぶことで発生する「契約事務手数料」3,000円相当で、最新のルーターが貰える。

デメリット

継続利用期間がリセットされるため、新しい2年契約での契約解除料金が高くなる。

外部サイトGMOとくとくBB機種変更サービス

2年契約終了で契約解除する方

2年契約終了での契約更新月で一旦の解約を検討している方は、本サービスはあまりお得なサービスとはならないでしょう。

予定通り、一旦解約の上、新たなプロバイダーでの新規契約のほうがキャンペーン利用できる分だけお得になると言えます。

Amazonなどで購入する方が良い

また、どうしても契約満了前にルーターが古くなってしまった・バッテリーが持たない、という不具合のある方は、Amazonなどで新品・新品同様のルーターを購入することができます。

新品ルーターが6,000円から7,000円ほどで購入することができます。

 

ただし今ご利用の機種(SIM)に注意

機種を変更する場合に注意しなければならないことがあります。

以前からWiMAX2+のルーターにはMicroSIMが利用されていましたが、最近発売されたルーターは一回り小さいnanoSIMが使われています。

WiMAX2+はauの回線を使ったサービスですが、au回線の場合、MicroSIMとnanoSIMは大きさ以外に致命的な違いがあるため、たとえSIMカッターなどで大きさを合わせても流用できません。

現時点で「ルーターが古くなって変えたい」はおそらく少し前に発売されたMicroSIMのルーターを使ってると思いますが、この場合、同じMicroSIMのルーターでなければ動作しません。

SIMサイズ 対応ルーター
Micro SIM Speed Wi-Fi NEXT W04
Speed Wi-Fi NEXT WX03
Speed Wi-Fi HOME L01
Speed Wi-Fi NEXT W03
Speed Wi-Fi NEXT W02
Speed Wi-Fi NEXT WX02
Speed Wi-Fi NEXT WX01
Speed Wi-Fi NEXT W01
novas HOME+CA
URoad-Home2+
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ NAD11
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14
nano SIM Speed Wi-Fi NEXT W05
Speed Wi-Fi NEXT WX04
Speed Wi-Fi HOME L01s

Amazonから購入するなど、ご自分で新しい機種に変更する場合には、今お使いのルーターが対応しているSIMと同じものを使えるルーターを選ぶ必要があります。