WiMAXサービスの比較とキャンペーン情報でトコトンお得なWiMAX情報をお届けします

ポケットWi-Fi「WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W05」レビューと最安プロバイダー

  • HOME »
  • ポケットWi-Fi「WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W05」レビューと最安プロバイダー

HUAWEI Speed Wi-Fi NEXT W05

ニュース

ファームウェアアップデートにより、下り最大758Mbpsとさらに高速化されました。

外部サイトSpeed Wi-Fi NEXT W05 アップデート情報 | UQコミュニケーションズ

Speed Wi-Fi NEXT W05 は最新のサービス「下り758Mbpsのヤ倍速!」に対応した小型モバイルルーターです。クレードルもあるので、自宅で充電しながら使ったり、自宅で有線LAN接続して使うこともできます。
下り220Mbpsのサービスはエリアに2種類あります。「CAによる220Mbpsエリア」と「4×4MIMOによる220Mbpsエリア」です。

Speed Wi-Fi NEXT W05は「4×4MIMO およびCA(キャリアアグリケーション)」対応により、下り最大758Mbps(*1)という超高速通信を実現しました

*1)東名阪エリア中心に440Mbps高速通信を利用可能
・エリアの説明はこちら




Speed Wi-Fi NEXT W05の特徴

Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05WiMAX2+auLTE

  • 4×4MIMO/CAによる下り最大758Mbps(※)の超高速通信
    ※ファームウェアアップデートで対応
  • 上り通信速度も112.5Mbpsに向上
  • 4G LTE対応でハイスピードプラスエリアモード利用可
  • クレードル(別売り)のWウィングアンテナにより快適エリア拡大
  • 「ワンタイムHS+A」昨日でLTE通信の戻し忘れを防止
  • 3200mAhバッテリーで通信時間が大幅アップ

クレードルのWウィングアンテナ

別売りのクレードルを使えば、クレードルの「Wウィングアンテナ」および「TX Beam Forming」の機能により、WiMAXの電波もWi-Fi電波もさらに快適なエリアが広がります。

ワンタイムHS+A

LTEオプションを使った「ハイスピードプラスエリアモード(HS+A)」は、ビルの陰や地下街などでも快適な高速通信ができる機能ですが、通信容量の制限(月間7GB)があるモードです。

W05で採用された「ワンタイムHS+A」機能は、WiMAXの電波の弱い場所で一時的に「ハイスピードプラスエリアモード」を使う場合にモードの戻し忘れを防止してくれる機能です。

Speed Wi-Fi NEXT W05のスペック

製品名 Speed Wi-Fi NEXT W05
製造元 HUAWEI
対応ネットワーク
  • WiMAX 2+
  • au 4G LTE※2
質量 約131g
同梱物
  • USB2.0 TypeC-A変換ケーブル(試供品)
  • 取扱説明書
  • 保証書
外形寸法(mm) 約W130×H55×D12.6mm
UIMカードバージョン※3 Nano IC
バッテリー使用時間※4
連続通信時間(ハイスピードモード:WiMAX 2+)
  • ノーマルモード:約540分
連続待受
  • クイックアクセスモードOFF時:850時間
対応OS※5 Windows 10、Windows 8.1、Windows 7
Mac OS X v10.6、v10.7、v10.8、v10.9、v10.10、v10.11、v10.12、v10.13
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz対応)
アクセサリ(別売り)
  • クレードル
Body-SAR値 0.986W/kg
本体色 ブラック×ライム
ホワイト×シルバー

Speed Wi-Fi NEXT W05はこんな人向け??

  1. とにかく速いWiMAXルーター!!
  2. 自宅や行動範囲が4×4MIMO & CAによる440Mbpsエリア

エリアの確認方法はこちら!!(絶対確認してください)

注意事項

WX02はWiMAX2+とWiMAXの電波を掴むことができるのがウリです。ですが、このWiMAX2+とWiMAXの切り替えは手動ではできません。「WiMAX2+の電波がつかめるならWiMAX2+モード、WiMAX2+の電波がつかめないならWiMAXモード」という自動での切り替えとなります。なので、行動エリアがWiMAX2+エリアだけどWiMAX2+が対応していないエリアでも使いたい、という人には便利なルーターですね。一方で、月に7GBまたは3日で3GBの制限にかかった場合にWiMAXモードに切り替えて快適に使いたい、という使い方はできない、ということです。WiMAXモードを期待している人はWiMAXモードの利用目的を再確認してください。

Speed Wi-Fi NEXT W05を取り扱っているおすすめのプロバイダー

最安はnovas WiMAX(月平均3,192円)

novas WiMAX 「W05限定 月額最安値キャンペーン」
人気モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」を最も安く3年契約できるプロバイダーとキャンペーンは、novas WiMAXの「W05限定キャンペーン」です。

契約期間(3年間)の総費用は以下の通りで、3年総額118,140円、37か月間の平均月額料金はなんと3,192円で、この価格はWiMAX最安です。

費用項目 金額
初期費用 機種代金 無料
機種送料 無料
事務手数料 3,000円
月額費用 0か月目(利用開始月) 0円(無料)
1~2か月目 1,980円
3か月目以降 3,270円
3年総額 費用総額 118,140円
平均月額 3,192円

この「平均月額3,192円」という価格はWiMAX2+では非常に安い価格で、2019年1月キャンペーンの中では最安です。

注意点としては、auスマホをWiMAX2+のセット割引「auスマートバリューmine」に対応していない、という点です。

auスマホをお持ちの方は「auスマートバリューmine」が適用可能なWiMAX2+とセット利用することで、auスマホの料金から月額934円もの割引を受けることができます。

よって、W05を希望でauスマホをご利用でない方にとっては「novas WiMAXが最安」となり、auスマホをご利用の方は次点のGMOとくとくBB(auスマートバリューmine適用可能)が最安となります。

お得情報公式サイトへ

auスマホをお使いの方は「GMOとくとくBB WiMAX」

キャッシュバックキャンペーン(月平均3,347円)

GMOとくとくBB WiMAX キャッシュバックキャンペーン 最大37,000円キャッシュバック

「最大39,000円キャッシュバック」となっていますがキャッシュバック額はルーターによって変わり、「Speed Wi-Fi NEXT W05」の場合には34,900円キャッシュバックとなります。

よって、契約期間(3年間)の総費用は以下のようになります。

費用項目 金額
初期費用 機種代金 無料
機種送料 無料
事務手数料 3,000円
月額費用 0か月目(利用開始月) 3,609円(日割り計算)
1~2か月目 3,609円
3か月目以降 4,263円
3年総額 費用総額 158,769円
キャッシュバック 34,900円
実質総額 123,869円
平均月額 3,347円

お得情報はこちら公式サイトへ

月額割引キャンペーン(月平均3,454円)

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」
GMOとくとくBBは高額な「キャッシュバックキャンペーン」が有名ですが、最近の料金改定により「月額割引キャンペーン」のお得度が増してきました。

キャッシュバックがない代わりに最初から毎月の月額料金を安く設定しているキャンペーンで、キャッシュバックのもらい忘れなどの心配がないノーリスクのキャンペーンです。

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」の総費用は以下のようになります。

費用項目 金額
初期費用 機種代金 無料
機種送料 無料
事務手数料 3,000円
月額費用 0か月目(利用開始月) 2,170円(日割り計算)
1~2か月目 2,170円
3か月目以降 3,480円
3年総額 費用総額 127,830円
平均月額 3,454円

今月のキャンペーンにおいては、キャッシュバックキャンペーンが「34,900円キャッシュバック」であることから、3年間の総費用はほとんど変わらず、平均月額で100円ほどしか違いません。

キャッシュバックのもらい忘れを心配する必要のないキャンペーンであることから、キャッシュバックキャンペーンより月額割引キャンペーンの方がおすすめです。

お得情報はこちら公式サイトへ

口座振替ならBIGLOBE

BIGLOBE WiMAXなら口座振替払いでもキャンペーン対象
毎月の利用料金の支払い方法はクレジットカードが主流となっており、口座振替での支払ができるプロバイダーは非常に少なくなってきました。

現在、口座振替でWiMAXを契約できるプロバイダーは3社となっており、比較記事については以下の記事を参考にしてください。

そして、口座振替払いで最安で利用できるのがBIGLOBEの「キャッシュバックキャンペーン」です。

BIGLOBEで「3年契約・ギガ放題プラン・口座振替払い」の契約をした場合の総費用は以下の通りです。

費用項目 金額
初期費用 機種代金 無料
機種送料 4,800円
事務手数料 3,000円
月額費用 0か月目(利用開始月) 0円(無料)
1~2か月目 3,495円
3~24か月目 4,180円
25~36か月目 4,380円
3年総額 費用総額 159,310円
キャッシュバック 15,000円
実質総額 144,310円
平均月額 3,900円

BIGLOBEで口座振替払いの場合、機種代金として最初に4,800円が請求されます。この請求は最初のルーター郵送時の代金引換払いとなります。

そして、毎月の利用料金から毎月のルーター代金が補てんされ、ルーター代金実質無料となります。
※上記料金表は割引適用後の料金です。

お得情報はこちら公式サイトへ

2年契約ならnovas WiMAX

novas WiMAX「スタートアップキャンペーン」
2018年はWiMAXの2年契約と3年契約が入り乱れた年でしたが、11月に大手プロバイダーのGMOとくとくBBが2年契約を終了し、年が明けて1月11日にはカシモWiMAXも3年契約へと移行しました。

昨年まではカシモWiMAXが2年契約「最安級プラン」でW05を非常にお得な2年契約ができましたが、現在ではW05を2年契約できるプロバイダーはnovas WiMAXだけとなってしまいました。

novas WiMAXが実施中の「スタートアップキャンペーン」は最新型ルーターW05やWX05までもが2年契約可能です。

novas WiMAX「スタートアップキャンペーン」の総費用は以下の通りです。

費用項目 ギガ放題プラン
初期費用 機種代金 無料
機種送料 無料
事務手数料 3,000円
月額費用 0か月目(利用開始月) 0円(無料)
1~2か月目 2,780円
3か月目以降 3,980円
2年総額 費用総額 96,120円
平均月額 3,844円

2年間の平均月額が3,844円と、以前のカシモWiMAX「最安級プラン」と比べると高くなってしまいます。

また、3年契約であればnovas WiMAX「W05限定キャンペーン」やGMOとくとくBBの方が安く利用できる価格設定になっています。

「どうしても2年契約で使いたい」という方以外は同じnovas WiMAXの「W05キャンペーン」またはGMOとくとくBBで契約する方が良いでしょう。

お得情報公式サイトへ

お得情報

W05の白ロムを探す

created by Rinker
UQ WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W05
¥8,740 (2019/03/22 19:48:19時点 Amazon調べ-詳細)

W05で利用できる格安SIMの”mineo”情報




  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最新のお得情報

最新のブログ記事

PAGETOP
Copyright © WiMAXお得情報サイト All Rights Reserved.