WiMAXサービスの比較とキャンペーン情報でトコトンお得なWiMAX情報をお届けします

待望の新型ルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の特徴とW05との比較レビュー

  • HOME »
  • 待望の新型ルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の特徴とW05との比較レビュー

Speed Wi-Fi NEXT WX05
人気のNEC製ルーター「WXシリーズ」の最新版として「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が2018年11月8日より発売となりました。

外部サイト「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の発売 | UQコミュニケーションズ

この記事では、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の特徴をご紹介しながら、現在最も人気のルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」との比較・レビューも行って行きます。



Speed WiFi Next WX05の特徴

2018年11月8日に発売されたモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の特徴は以下の通りです。

SPEED WiFi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • 4×4MIMO/CAによる下り最大440Mbpsの超高速通信
  • 上り通信速度も75Mbpsに向上
  • 4G LTE対応でハイスピードプラスエリアモード利用可
  • WiMAXハイパワー対応で、電波の弱いところでも安定した通信
  • 「ワンタイムHS+A」機能でLTE通信の戻し忘れを防止
  • 3200mAhバッテリーで通信時間が大幅アップ
  • クレードル(別売り)のWウィングアンテナにより快適エリア拡大
  • ビームフォーミング機能で障害物に強いWi-Fi接続

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は最高速度が「下り最大440Mbps」と、ライバル「Speed Wi-Fi NEXT W05」に及ばなかったものの、「最大440Mbps」を十分に安定させる機能と、スマホ(Wi-Fi機器)と安定してつながる機能を搭載してきました。

モバイルルーターの基本性能

Speed Wi-Fi NEXT WX05の通信速度

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の通信速度は、ルーター本体(WX05)とアンテナ(WiMAX2+/4G LTE)間で下り最大440Mbps/上り最大75Mbpsです。

現行機種の人気モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」が下り最大758Mbps/上り最大112.5Mbps」となっており、スペック的には少々劣る感じですが、後述しますがこのスペック「下り最大758Mbps」という数字はあまり意味がありません。

また、ルーター本体とスマホ(Wi-Fi機器)間の通信速度は「最大867Mbps」となります。

WiMAX2+通信に関する特徴は?

まず、モバイルルーターとしての基本機能の一つ目として「WiMX2+通信サービス」に関する機能を見てみましょう。

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」
「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の特徴のひとつ目は、本体とWiMAX2+のアンテナ間で、ネット接続が安定する仕組みが搭載されていることです。

WiMAXハイパワー

「WiMAXハイパワー」という機能はかつてのモデルでも搭載されていた機能ですが、機能アップして新しく「Speed Wi-Fi WX05」に搭載されました。

これは、ルーターがWiMAX2+の電波の弱いエリア(ビルの陰など)に入ると自動的に電波の出力電力をアップすることで、弱い電波を確実に掴みに行く機能です。

ハイスピードプラスエリアモード

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は、広いエリアで高速通信が制限なく使えるWiMAX2+の電波と、ビルの陰や奥まった地下街などでもスマホと同じで繋がりやすau 4G LTEの電波のふたつが使えます。

この「au 4G LTE」の電波を使うことができることで、WiMAX2+が苦手とする場所では「au 4G LTE」での通信に切り替わる「ハイスピードプラスエリアモード(HS+Aモード)」を利用することができます。

ハイスピードプラスエリアモード(HS+A)を使うことで、WiMAX2+が苦手とする場所でも常に快適な通信を行うことができます。

通信量カウンタと連動するワンタイムHS+A機能

ワンタイムHS+A機能とは

この、どこでも安定した通信ができる「ハイスピードプラスエリアモード(HS+A)」はとても便利な通信モードである反面、注意していなければ通信制限によって速度が低下してしまいます。

「ハイスピードプラスエリアモード(HS+A)」は契約プランが月間のデータ容量に上限のないギガ放題プランであっても、「ハイスピードプラスエリアモード(HS+A)」での通信が7GBを超えるとその月は月末まで速度制限を受けてしまう通信モードです。

そのため、電波の弱い場所で「ハイスピードプラスエリアモード(HS+A)」にモード切替した後に、「ハイスピードモード」へ戻すのを忘れてしまうと思わぬ速度制限を食ってしまいます。

この「ワンタイムHS+A機能」は、この「ハイスピードモードへ戻す」という作業を以下のタイミングで自動的にやってくれる機能で、「ハイスピードプラスエリアモード(HSP+A)」の便利機能と言えます。

モード切替り(自動)のタイミング

  • ルーターが休止状態(サスペンスモード)となった場合
  • 電源がOFFになった場合
  • 「ワンタイムHS+A」ボタンを押してから10時間後
  • ルーターを再起動した場合

この「ワンタイムHS+A機能」によって、月間のデータ容量が7GBに制限されてしまう「ハイスピードプラスエリアモード」を安心して使うことができるわけです。

通信量カウンタとの連動

そして、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」に搭載されたワンタイムHS+A機能には「通信量カウンタとの連動」機能があります。

通信量カウンタとは、その月に「ハイスピードプラスエリアモード」での通信や「ハイスピードモード」での通信の通信容量をカウントしています。

「ハイスピードプラスエリアモード」での通信料が月に7GBを超えると、月末まで速度制限を受けてしまいます。

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」に搭載されている「通信量カウンタ連動のワンタイムHS+A機能」を使えば、ハイスピードプラスエリアモード」での通信が7GBを超えそうな場合にはハイスピードプラスエリアモード」での通信に切り替わらない、つまり知らないうちに速度制限を受けてしまうというリスクを回避できる機能です。

安定したWi-Fi

また、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は本体とスマホやパソコンとのWi-Fi接続においても、安定して速度が上がる仕組みを持っています。

別売りのクレードルに内蔵アンテナを持たせることで、Wi-Fiの電波を安定して強く飛ばす機能を搭載しています。

Wウィングアンテナ搭載のクレードル

WiMAX2+のモバイル型ルーターにはクレードルという製品がオプションとしてあります。

このクレードルはルーターの充電台として使うことが多いですが、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」はこのクレードルにも工夫があります。

まず、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」のクレードルはただの充電台ではなく、クレードルの両端にアンテナを内蔵しています(Wウィングアンテナ)。

このWウィングアンテナにより、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」を充電台に刺して使っている場合には、ルーター単体で使うよりも360度くまなくWi-Fiの電波を飛ばすことができます。

さらにビームフォーミング対応

さらに、このWウィングアンテナは「ビームフォーミング」にも対応しています。

通常、電波はアンテナから360度くまなく広がっていきます(無指向性)が、ビームフォーミングとはアンテナがスマホなどのWi-Fi機器の位置を把握したうえで、そのスマホ(Wi-Fi機器)めがけて電波を飛ばす(指向性)仕組みです。

無指向性の電波はワンルームなど見通しの良い場所ではまんべんなくエリアが広がりますが、一方で隣の部屋など壁や階段などの障害物があれば跳ね返った電波が干渉してしまい、つながりにくくなります。

「ビームフォーミング」の指向性の電波は壁などの障害物があっても通信しているスマホの位置を把握して、そのスマホめがけて電波を飛ばすため、強い電波が干渉で弱くなることなくスマホへ届きます。

「ビームフォーミング」の機能は一般的な光回線用のWi-Fiルーターでは、「あって当たり前」の機能ですが、なぜかホームルーターやポケットWi-Fiには搭載されておらず、この「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が初めてビームフォーミング機能を搭載したポケットWi-Fiとなります。

この「ビームフォーミング」機能は、Speed Wi-Fi NEXT WX05の本体が持っている機能ではなく、クレードルとセットで使うことで機能するものである点に注意してください。

通信の安定性・高速性が向上

モバイルルーターは通信の橋渡し(ブリッジ)をする機能を持つ通信機器です。

モバイルルーター本体はWiMAX2+のアンテナと通信しながら、その通信をWi-Fi(やLANケーブル)でスマホやPCへつないでいく役目です。

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は、WiMAX2+との通信を安定させるための機能として「WiMAXハイパワー」「ハイスピードプラスエリアモード」を搭載し、一方でWi-Fi機器との通信を安定させるために「ビームフォーミング」機能を搭載してきた、という点が特徴のモバイルルーターになります。

特に、ビームフォーミングは「Speed Wi-Fi NEXT WX05」を自宅でも使いたい、そして壁・天井・階段などを隔てたいろんな場所で使いたい、という方にとっては今までのモバイルルーターにはなかった機能となります。

Speed WiFi Next WX05のスペック

商品名 Speed Wi-Fi NEXT WX05
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
サイズ 約111×62×13.3mm(ディスプレイ2.4インチ)
重量 約128g
連続通信時間
ハイスピードモード
ハイパフォーマンスモード:約8.1時間
ノーマルモード:約11.5時間
エコモード :約14時間
ハイスピードプラスエリアモード
ハイパフォーマンスモード:約8時間
ノーマルモード :約10.5時間
エコモード :約13.3時間
連続待受時間 休止待受(リモート起動あり):約700時間
ウェイティング:約50時間
電池容量 3,200mAh(取り外し可能)
通信速度
ハイスピードモード(WiMAX2+)
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
  • ※表記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。実際の通信速度は通信環境や混雑状況に応じて低下します。
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/n/ac(5GHz)、IEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)
外部接続端子 USBポート:USB2.0コネクタ(Type-C)
最大接続可能台数 Wi-Fi機器:10台/Bluetooth機器:3台/USB:1台
対応OS
  • Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7(SP1 以降) の日本語版かつ32bit(x86) 版、または、64bit(x64) 版、macOS High Sierra V10.13、Sierra v10.12、OS X v10.11、v10.10、OS X v10.9、v10.8、v10.7、Mac OS X、v10.6、v10.5の日本語版
同梱物 WX05本体(電池パック、背面カバー)、つなぎかたガイド、ご利用にあたっての注意事項(保証書付)、USB2.0 TypeC-A変換ケーブル

Speed Wi-Fi NEXT WX05レビュー

通信速度はWiMAX2+標準だが安定した通信ができる

WiMAX2+通信(ハイスピードモード)で最高速

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」はWiMAX2+標準の「ハイスピードモード」で下り最大440Mbps、上り最大75Mbpsの高速通信が可能です。

この速度は、現在のWiMAX2+での通信において最高速度の規格値であり、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は現行ルーターの中で最高速度での通信ができると言えます。

LTEを使った通信(ハイスピードプラスエリアモード)の利用も可能

そして、WiMAX2+の電波が届きにくい場合に、スマホと同じ「au 4G LTE」を使った「ハイスピードプラスエリアモード」での通信も可能です。

WiMAX2+の電波が弱くなる山間部や地下街などの奥まった場所など、通常のWiMAX2+通信(ハイスピードモード)が
「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の通信速度は以下のようになっています。
・WiMAX2+通信(ハイスピードモード)での通信
・WiMAX2+/LTE通信(ハイスピードプラスエリアモード)での通信

Speed WiFi Next WX05はこんな人向け

  1. 外出先だけでなく、自宅でもWiMAX2+をがんがん使いたい
  2. 自宅の離れた場所・部屋で使いたい
    ⇒ ビームフォーミング機能!
  3. 外出している時間が長いのでバッテリー持ちの長いものば良い人

モバイルルーターとしてのWX05

モバイルルーターとして使ってみると、新型「Speed Wi-Fi NEXT WX05」よりも「Speed Wi-Fi NEXT W05」の方が使い勝手が良いと感じます。

まず、同じ場所で使ってもW05の方が通信速度が速い場合が多いです。

もっとも、速度計測結果の数字の話しなのでWX05が「遅い」と感じるわけではありませんが、WX05の新機能である「WiMAXハイパワー」をONにしても体感的にW05を超える速度は感じられませんでした。

外出先でのみ利用する、という方へは残念ながら「Speed Wi-Fi NEXT W05」の方が良い、と思います。

外出先でも自宅でも使うなら

一方、外出先でも使うし自宅でも光回線の代わりに使う、という方へは条件付きで「Speed Wi-Fi NEXT WX05」はおすすめです。

まず、自宅内の電波の弱い場所においても外出先と同様にW05を超える速度を体感することはできませんでしたし、自宅内の(ワンルームのような)見通しの良い場所においても同様です。

しかし、例えば「自宅の1階にルーターを置き、2階でスマホを使う」という場合など、壁や天井などの障害物を超えてのWi-Fi通信ではWX05の方が速度が出ました。

これはビームフォーミング機能によるものでしょう。

よって、自宅でも光回線の代わりに使うという方へは、「ワンルームなど見通しの良い範囲内で使う」のであれば、やはりW05がおすすめですが、壁や天井・階段などの障害物を超えて自宅で使う場合にはWX05とクレードルセットはおすすめとなります。

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」のおすすめキャンペーン

WX05の購入のやり方

WX05は「WiMAX2+」という通信サービスを利用するモバイルルーターなので、WiMAX2+の通信サービスの契約と同時に機種(WX05)を購入することになります。

WiMAX2+通信サービスはKDDI系列の「UQコミュニケーションズ」がUQ-WiMAXとしてサービス提供しているほかにも、多くの提携事業者(プロバイダー)が同じ通信サービスを提供しています。

通信サービス自体は同じものですが、機種代金や毎月の月額料金などに差があるため、できるだけ安くWiMAX2+を利用できるプロバイダーを選ぶことが大事です。

WX05のキャンペーン一覧

WiMAX2+通信サービスを提供している事業者(プロバイダー)の中から、お得度の高いプロバイダーをご紹介します。

WiMAX2+通信サービスは3年契約自動更新型の契約となりますが、下表での「月額料金(平均)」は機種代金・初期手数料・毎月の月額料金をすべて含んだ3年間の総額から計算した金額です。

プロバイダー WX05
本体代金
月額料金
(平均)
特徴
GMOとくとくBB 無料 3,169円
  • 11か月後に41,500円キャッシュバック
  • 20日以内はキャンセルOK
GMOとくとくBB 無料 3,251円
  • 月額料金2,170円~の月額割引
  • 20日以内はキャンセルOK
So-net 無料 3,369円
  • 月額料金ずっと3,380円の月額割引
  • 22か月以降は最新機種へ無料機種変更

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBでは複数のキャンペーンを実施していますが、以下のキャンペーンでお得に「Speed Wi-Fi NEXT WX05」を契約することができます。

キャンペーンGMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン
キャンペーンGMOとくとくBB 月額割引(鬼安)キャンペーン

GMOとくとくBBの魅力はキャッシュバックキャンペーンでも月額割引キャンペーンでも、他社を圧倒する安さでWiMAXを使うことができるという点です。

ポイント

  • キャッシュバックでも月額割引でも最安
  • キャッシュバックプランだとクレードルも無料
  • 3年契約のみ

キャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBは、通常だと別途購入となるクレードルも無料で提供しています。

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」はクレードルとセットでの利用がおすすめなので、クレードル無料の特典は魅力です。

月額割引(鬼安)キャンペーン

GMOとくとくBBの月額割引(鬼安)キャンペーンは、キャッシュバックはない代わりに毎月の利用料金を大幅に安く設定してあるキャンペーンです。

キャッシュバックの手続き忘れなどを気にすることなく、確実に毎月の料金を安くできる人気のキャンペーンです。

So-net WiMAX

So-netでは「ギガ放題プランがずっと月額3,380円」という月額割引のキャンペーンが人気のプロバイダーです。

So-net WiMAXでSpeed Wi-Fi NEXT WX05を契約する場合は3年契約(LTEオプション無料)プランのみとなりますが、利用から22か月後には無料で最新機種へ機種変更できるサービスを利用することができます。

ポイント

  • ずっと月額料金3,380円でギガ放題プランが使える
  • 通常(7GB)プランなら、ずっと2,780円
  • 利用開始から22か月後には最新機種へ無料で変更可能
  • 3年契約(LTEオプション無料)プランのみ

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXでは「最大30,000円キャッシュバック」のキャンペーンを実施中です。

口座振替払いでの支払にも対応した、数少ないプロバイダーで、口座振替払いであってもキャンペーンの対象となりキャッシュバックが貰えるのが魅力です。

BIGLOBE WiMAXでもSpeed Wi-Fi NEXT WX05は3年契約(LTEオプション無料)プランのみとなりますが、こちらも利用開始から22か月後には無料で最新機種へ機種変更できるサービスを利用することができます。

ポイント

  • 30,000円キャッシュバック
  • 口座振替払い対応、口座振替払いでもキャンペーン適用
  • 利用開始から22か月後には最新機種へ無料で変更可能
  • 3年契約(LTEオプション無料)プランのみ

@nifty WiMAX

@niftyでも「30,000円キャッシュバック」のキャンペーンを実施中です。

@niftyのキャッシュバックキャンペーンは、利用開始から5か月目にキャッシュバックが受け取れるという早期キャッシュバックであることと、利用開始直後に会員専用ページの「キャッシュバック受取用口座」を登録できるため、各社のキャッシュバックキャンペーンの中では最もキャッシュバックが受け取りやすいのが魅力です。

@nifty WiMAXでもSpeed Wi-Fi NEXT WX05は3年契約(LTEオプション無料)プランのみとなります。

ポイント

  • 30,000円キャッシュバック
  • 5か月後の早期受取と利用開始直後の受取口座登録でキャッシュバックが受け取りやすい
  • 3年契約(LTEオプション無料)プランのみ

お得情報

WX05の白ロムを探す

SPEED WiFi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • 4×4MIMO/CAによる下り最大440Mbpsの超高速通信
  • 上り通信速度も75Mbpsに向上
  • 無線LAN5GHz対応に加え、Bluetooth®テザリングも可能!
  • 専用アプリでスマホからリモート操作が可能
  • 「バランスモード」でWX01と比べてバッテリーが最大3時間以上も長持ち!
  • 3日間の通信容量が分かる通信量カウンター
Amazonで見る楽天市場で見る

WX05で利用できる格安SIMの”mineo”情報




  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
「BIGLOBE WiMAX 2+」

最新のお得情報

最新のブログ記事

PAGETOP
Copyright © WiMAXお得情報サイト All Rights Reserved.