Speed Wi-Fi NEXT WX05
「Speed Wi-Fi NEXT WX05」は2018年11月8日にUQコミュニケーションズ(および提携プロバイダー)から発売された、最新型のWiMAX2+向けモバイルルーター(Wi-Fi)です。

WiMAX2+モバイルルーターは、多くの場合WiMAX2+通信サービスを契約することで無料または非常に安価で提供されています。

そのため、WiMAX2+は機種代金と毎月の利用料金も合わせて非常に安価で使えるWi-Fiサービスとして人気です。

この記事では、最新型モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の性能評価と実機レビューを行っています。


WiMAX2+の最新型モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX05」

Speed Wi-Fi NEXT WX05の特徴

Speed Wi-Fi NEXT WX05はWiMAX2+通信サービスの「下り最大440Mbps」に対応した最新型ルーターです。

多くの場合、通信サービス「WiMAX2+」とのセット契約で無料または非常に安価に提供されているため価格が問題とはなりませんが、個別の機種のみ購入の場合には20,000円となるようです。

モバイルルーターなので主に外出先での利用がメインとなりますが、WX05ではクレードル(本体充電器)とセットで使うことで、ホームルーターとしても十分使えるような機能を搭載しています。

一方で、今回発売されたWX05はカタログではいろいろな機能をアピールしていますが、あまり必要性を感じるものは多くありません。

その中で、以下の2機能については期待できる機能となります。

  • WiMAXハイパワー機能
  • ビームフォーミング機能
  • 通信料カウンタ連動のワンタイムHS+A

WiMAX2+の電波をしっかり受信する「WiMAXハイパワー」

Speed Wi-Fi NEXT WX05には、本体とWiMAX2+のアンテナ間で電波をしっかりキャッチするための「WiMAXハイパワー」という機能が搭載されています。

通信機器ではアンテナに流す電流を増やすと受信・送信の感度が高くなるのが当然の原理なのですが、モバイルルーターはバッテリーの持ちをよくするために、できるだけアンテナへ流す電流を抑えています。

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」のWiMAXハイパワーは本体とWiMAX2+アンテナ間の電波が強い場所では規定の電流を流し、電波が弱くなると電流を大きくして受信感度を上げる、という動作を自動的にやる仕組みです。

この仕組みによって、電波状況の悪い場所(アンテナ1~2本)での受信感度の向上が期待できます。

障害物に強いWi-Fiビームフォーミング

ビームフォーミング機能
「Speed Wi-Fi NEXT WX05」には家庭用のWi-Fiルーターには「あって当然」とも言える「ビームフォーミング」機能が搭載されてきました。ただし、ルーター本体の機能ではなく、クレードルが持つ機能です。

ビームフォーミング機能は、Wi-Fiの電波をスマホ(Wi-Fi機器)目がけて一直線に飛ばすことで、ルーター本体とスマホ(Wi-Fi機器)間のWi-Fi通信を安定させて高速化する技術です。

この技術はワンルームなど見通しの良い場所で効果を発揮するものではありませんが、壁や天井・階段などを隔てた場所でWi-Fi通信する場合には効果が期待できる技術です。

つまり、WX05を自宅でも使う、自宅は部屋数が多い・一戸建て、などの場合には快適なWi-Fi通信が期待できます。

家庭用のWi-Fiルーターでは「あって当然」の機能になっていますが、一方でスマホ側も「ビームフォーミング対応」である必要があり、iPhoneだとiPhone6以降から対応しています。

通信料カウンタ連動の「ワンタイムHS+A」

WiMAX2+の醍醐味は「使い放題のギガ放題」ですが、この「使い放題」を実現するための通信モードが「ハイスピードモード」と言って、「WiMAX2+の電波」だけを使った通信モードです。

一方でWiMAX2+が苦手とする山間部や地下街の奥まった場所など、「ハイスピードモード」がつながりにくい特に活躍してくれるもう一つの通信モードが「ハイスピードプラスエリアモード(HS+Aモード)」です。

この「HS+Aモード」はWiMAX2+の電波に加えてスマホで使える「au 4G LTE」の電波も使うことで、WiMAX2+がつながりにくい場所でも「HS+Aモード」に切り替えることで快適にWX05が使えるようになります。

ただし、この「HS+Aモード」での通信が7GBを超過した場合には、その月の通信速度が128Kbpsに速度制限されてしまい、もはや「使い放題」ではなくなります。

ワンタイムHS+A

この「WX05の最終兵器」とも思えるHS+Aモードは、通信モードを切り替えることで「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード(HS+Aモード)」を切り替えて使いますが、「ワンタイムHS+A」という機能はボタン一発で通信モードを「HS+Aモード」にしてくれる上に、以下の条件で自動的に「(使い放題の)ハイスピードモード」に戻してくれる機能です。

モード切替り(自動)のタイミング

  • ルーターが休止状態(サスペンスモード)となった場合
  • 電源がOFFになった場合
  • 「ワンタイムHS+A」ボタンを押してから10時間後
  • ルーターを再起動した場合

この「自動的にハイスピードモードに戻してくれる」という機能によって、一時的に「HS+Aモード」を使った場合の戻し忘れがなくなり、知らないうちに速度制限(128Kbps)されてしまうリスクを回避できます。

カウンタ連動の「HS+A機能」

そして、WX05ではこの「ワンタイムHS+A」が通信量カウンタとも連動します。

「HS+Aモード」での通信が7GBを超えるとその月は128Kbosに速度制限されてしまいますが、WX05本体が持っている通信量カウンターを見て「HS+Aモード通信が設定した通信量を超えそうならモード切替しない」「設定した通信量に達したら自動的にハイスピードモードに戻る」という機能があります。

つまり、先述の「ワンタイムHS+Aのモード切替の条件」に「通信量が設定値を超えた場合は自動的に戻る」という機能がプラスされます。

HS+Aボタンの機能

以下の条件の時に、自動的に「ハイスピードモード」へ戻る

  • ルーターが休止状態(サスペンスモード)となった場合
  • 電源がOFFになった場合
  • 「ワンタイムHS+A」ボタンを押してから10時間後
  • ルーターを再起動した場合
  • HS+Aモードの通信が設定値を超えた場合

通常、この「設定した値」には上限の7GBをちょっと下回る6GBを設定すると良いでしょう(小数点の6.5などは設定できない)。

この「ワンタイムHS+A」機能と、その通信量カウンタ連動機能によってWX05はHS+Aモード通信が非常に気軽に(速度制限を心配しないで)使えるようになっています。

製品仕様

「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の製品仕様(スペック)は以下の通りです。

商品名 Speed Wi-Fi NEXT WX05
製造元 NECプラットフォームズ株式会社
サイズ 約111×62×13.3mm(ディスプレイ2.4インチ)
重量 約128g
連続通信時間
ハイスピードモード
ハイパフォーマンスモード:約8.1時間
ノーマルモード:約11.5時間
エコモード :約14時間
ハイスピードプラスエリアモード
ハイパフォーマンスモード:約8時間
ノーマルモード :約10.5時間
エコモード :約13.3時間
連続待受時間 休止待受(リモート起動あり):約700時間
ウェイティング:約50時間
電池容量 3,200mAh(取り外し可能)
通信速度
ハイスピードモード(WiMAX2+)
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)
下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
  • ※表記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。実際の通信速度は通信環境や混雑状況に応じて低下します。
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/n/ac(5GHz)、IEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)
外部接続端子 USBポート:USB2.0コネクタ(Type-C)
最大接続可能台数 Wi-Fi機器:10台/Bluetooth機器:3台/USB:1台
対応OS
  • Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7(SP1 以降) の日本語版かつ32bit(x86) 版、または、64bit(x64) 版、macOS High Sierra V10.13、Sierra v10.12、OS X v10.11、v10.10、OS X v10.9、v10.8、v10.7、Mac OS X、v10.6、v10.5の日本語版
同梱物 WX05本体(電池パック、背面カバー)、つなぎかたガイド、ご利用にあたっての注意事項(保証書付)、USB2.0 TypeC-A変換ケーブル

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード

スペック表の「ハイスピードモード」と「ハイスピードプラスエリアモード」の違いは先の「ワンタイムHS+A」のところで説明したとおりです。

「ハイスピードモード」はWiMAX2+の電波だけを使った「使い放題」ができる通信モードで、基本的にはこの「ハイスピードモード」で使います。

「ハイスピードプラスエリアモード(HS+Aモード)」はWiMAX2+がちょっと苦手とする場所で繋がりにくい場合に、スマホで使っているどこでも繋がりやすい「au 4G LTE」の電波も使って通信するモードです。

「HS+Aモード」での通信が月間で7GBを超えた場合には月末まで速度制限(128Kbps)されてしまうので、HS+Aモードはいざという場合に使う最後の手段の通信モードです。

ハイパフォーマンスモード・ノーマルモード・エコモード

WiMAX2+は「下り最大440Mbps」の高速通信サービスですが、この速度を出すために「CA(キャリアアグリケーション)」という「複数の電波を束ねて速度を速くする」技術が使われています。

エコモード

WiMAX2+の基本的な通信速度は「下り最大110Mbps」で、この基本的な通信モードが「エコモード」による通信です。

ノーマルモード

この「下り最大110Mbps」の通信をCAで2つ束ねて「下り最大220Mbps」で通信するモードが「ノーマルモード」による通信です。

ハイパフォーマンスモード

さらにノーマルモードを2つ束ねて(合計4つを束ねる)「下り最大440Mbps」で通信するモードが「ハイパフォーマンスモード」による通信です。

電波を束ねることで通信速度は速くなることが期待できる一方で、電波を束ねるるとバッテリーの消費は大きくなっていきます。

従来製品「Speed Wi-Fi NEXT W05」との比較

WiMAX2+のモバイルルーターを検討されている方は、本機種「Speed Wi-Fi NEXT WX05」と同時に現在最も人気のあるモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」も検討されてると思います。

ちょっとこの2台の特徴も比較してみましょう。

Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi NEXT W05
製造元 NECプラットフォームズ HUAWEI
発売日 2018/11/8 2018/1/19
本体サイズ(mm) 111 × 62 × 13.3 130 × 55 × 12.6
本体重量(g) 128 131
通信モード WiMAX2+(ハイスピードモード)
WiMAX2+ / au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)
通信速度 下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
下り最大758Mbps
上り最大112.5Mbps

本体サイズ・重量

Speed Wi-Fi NEXT WX05 と W05の大きさ比較

Speed Wi-Fi NEXT WX05 VS W05(全面)
上段:Speed Wi-Fi NEXT WX05
下段:Speed Wi-Fi NEXT W05

本体サイズ・重量についてはWX05の方が少し小さくて少し軽い、と言えます。W05は「Wシリーズ」の伝統的にちょっと横長のボディが特徴です。

W05は細長いスリムなボディで持ちやすいのですが、前機種W04がボディを縦に持って操作するタッチパネルだったのに対してW05は横向きのパネルなのでせっかくのスリムボディを生かせていないです。

WX05の方がカバンにもポケットにも入れやすいサイズ・形だと思います。

ボディの質感・手触り

Speed Wi-Fi NEXT WX05 VS W05(背面)
上段:Speed Wi-Fi NEXT WX05
下段:Speed Wi-Fi NEXT W05

WX05の赤色ボディ(ソニックレッド)は見た目が非常にきれいですが、指紋がペタペタ付着する塗装になっています。

W05のブラックボディは、ちょっとマッド感のあるボディで指紋が付くこともなくちょっと高級な手触りです。

クレードル

Speed Wi-Fi NEXT WX05 VS W05(クレードル)
WX05もW05もクレードルがオプション(無料の場合もあり)提供されています。

クレードルがあれば自宅で充電するときにスマートに本体を置ける、というだけの機能がメインとなるので特に必要性は高くないです。

ただしクレードルがあれば、クレードル背面に有線LANポートがあるため、自宅のネットワーク構築にも使えるメリットがあります。

WX05は「ダブルウィングアンテナ」内蔵

Speed Wi-Fi NEXT WX05(ダブルウィングアンテナ)
WX05の場合にはクレードルの両端に大き目の外部アンテナが内蔵されています(写真透明部分)。

この大き目のアンテナ「ダブルウィングアンテナ」によりWiMAX2+の電波をよくつかむ(らしい)という特徴の他に、室内利用時の壁・天井などの障害物に強い「ビームフォーミング」機能が使えるようになります。

部屋数の多い自宅で使う場合にWi-Fi電波が届きやすくなるビームフォーミング機能は、クレードルが持つ機能なのでもし「Speed Wi-Fi NEXT WX05」を自宅でも利用される場合にはクレードルも購入しておく方が良いでしょう。

操作感

どちらもタッチディスプレイとなっていますが、操作感はW05の方が少しサクサク感が高いです。

また、メニューの構成もW05の方がシンプルで、WX05は多くの機能を搭載している結果、ちょっとメニュー構成が複雑(メニューが深い)になっています。

通信機能

WX05が「下り最大440Mbps/上り最大75Mbps」であるのに対し、1年前のW05は「下り最大758Mpb/上り最大112.5Mbps」と圧倒しています。ですが、これにはちょっと注意が必要です。

WiMAX2+の通信モードには、本来の通信サービスである「WiMAX2+通信」とスマホの電波である「au 4G LTE」との電波を使うことができます。

WiMAX2+の魅力は使い放題の「ギガ放題プラン」ですが、この「au 4G LTE」を使った通信モードでの通信が7GBを超えると「ギガ放題プラン」であっても速度制限を受けてしまいます。

この「au 4G LTE」を使った「ハイスピードプラスエリアモード」の通信は、山間部や地下鉄内などでのWiMAX2+の電波が届かない時の「非常時」のモードと言えます。

W05の「下り最大758Mbps/上り最大112.5Mbps」というのは、この「ハイスピードプラスエリアモード」での通信時の速度であり、通常の「ハイスピードモード」ではWX05と同じ「下り最大440Mbps/上り最大75Mbps」となります。

バッテリー機能

今回、バッテリー持ちの確認として、バッテリー満タン状態からYouTubeを垂れ流して連続通信時間を計ってみました。

計測条件 Speed Wi-Fi NEXT WX05
ハイスピードモード(WiMAX2+のみ) 9時間24分
ノーマルモード(下り最大220Mbps通信)
WiMAXハイパワーOFF

カタログスペックでは「ハイスピードモード」「ノーマルモード」での「連続通信時間」が11.5時間となっていますが、まぁ良い数字だと思います。

ほぼ日中の一日中ずっと通信していられる、というバッテリー性能になります。

WX04の不具合は解消された?

一部の方は前機種「Speed Wi-Fi NEXT WX04」の不具合問題が気になると思います。

私も現在使っているWiMAX2+回線は当初「WX04」で契約して痛い目にあいました(笑)。

WX04は不具合が多く報告されており、私のWX04でも「使っているうちに勝手に電源がおちる」「ずっと通信しているとルーター本体がカイロ状態」という症状が頻繁にありました。

今回、新機種WX05を半月ほどつかっており、またバッテリー持ちの確認のための耐久テストもやっていますが、今のところ不具合と言える症状には出くわしていません。

「電源が落ちる・再起動する」「通信できなくなる」「本体が熱くなる」ということもなく、ずっと通信していると本体はほんわかと暖かくなる程度(W05と同等)です。

※一部のレビューサイト記事で「発熱がひどい」とのレビューを見かけましたが、私の環境ではW05と同等程度の暖かさにしかなりません。

今のところ「新機種WX05は前機種WX04の不具合は解消されている」と見ています。

おすすめはどっち?

WX05は前機種のWX04が不具合が多かったことからあまり印象が良くありませんが、現時点では前機種WX04の不具合は解消されて出てきたと感じます。

一方で、W05より1年遅れのモデルでありながらW05を大きく上回る特徴をもつ機種でもありません。

通常の安定性・信頼性をとるならW05を選べばよいと思います。

しかし、「自宅でも使う」「自宅は一戸建て」などでも使いたい場合にはWX05おすすめです。

ワンルームなど見通しの良い範囲内で使う場合においては、WX05とW05の通信性能の違いはあまり感じませんが、壁・天井など障害物を超えてのWi-Fi通信ではWX05のビームフォーミング機能は効果が出ているのを感じました。

よって、以下の感じで選べばよいかな、と思います。

どちらがおすすめ?

  • 外でのみ使うなら使用感はどちらも変わらない(デザイン等のお好みで)
  • ただし、実績と数値データで選べばW05
  • 自宅で使う場合、ワンルームなど見通しの良い範囲ではどちらも同じ
  • でも壁・天井など障害物を超えて使う場合はWX05(クレードルセット)おすすめ

ちなみに私は「手触り感が良い、指紋が目立たない」という理由で、通常はW05を持ち歩いています。

カバンに入れて持ち歩くときはモバイルルーターを触ることはあまりありませんが、休日などは上着やズボンのポケットに入れているため、どうしても手触りが気になります。

また、自宅では光回線とホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」を使っているため、外出先での利用が多くなります。

よって、私の場合は「Speed Wi-Fi NEXT W05」がベストモバイルルーターとなります。

Speed Wi-Fi NEXT WX05の契約の仕方

WiMAX2+のルーターは多くの場合にはWiMAX2+通信サービスを契約すると無料または非常に安価で提供されるので、本体価格は無視して良いです。

また、WiMAX2+という通信サービスは大手通信事業者KDDI系列のUQコミュニケーションズが提供している通信サービスで、それを多くの提携通信事業者(プロバイダー)が販売代理店として販売しているため、どのプロバイダーで契約しても通信サービスの違い(速い・遅い、など)はありません。

よって、まずは3年間の契約期間を一番安く利用できるプロバイダーと契約することが大事です。

WiMAX2+通信サービスについて

WiMAX2+通信サービスは多くの提携事業者が販売代理店として提供しています。

通信サービス自体はUQコミュニケーションズが一括して運用しているため、プロバイダーによる速度の速い・遅いとか速度制限の仕組みなどの違いはありません。

WiMAX2+には月間のデータ通信容量に制限のない(無制限)プランと月間のデータ通信容量が7GBまでに制限されるプランがあります。

プロバイダーによってプラン名称は異なりますが、前者は「ギガ放題プラン」後者は「通常プラン」と呼ばれることが多いです。

WiMAX2+の契約時にはルーターと料金プランを選ばなければいけませんが、多くのプロバイダーでは月単位でプラン変更が可能です。

お得でサービス充実のWiMAX2+プロバイダー

WiMAX2+のプロバイダーを探す基準として、まずは「もっとも安い」プロバイダーを探すことになるでしょう。

WiMAX2+のプロバイダーは毎月魅力的なキャンペーンを実施しており、当サイトでは毎月のキャンペーンを考慮してのお得なプロバイダー情報をまとめています。

上記記事からの抜粋となりますが、「ギガ放題プラン」がもっともお得に使える(安い)プロバイダー・キャンペーンの上位3社は以下の通りです。

プロバイダー キャンペーン 3年総額
実質総額
月平均
GMOとくとくBB キャッシュバック 158,769円 3,169円
41,500円 117,269円
GMOとくとくBB 月額割引 120,350円 3,252円
2,170円~
So-net WiMAX 月額割引 124,680円 3,369円
ずっと3,380円

この料金は機種代金も事務手数料もすべて含んだ3年間の総費用と毎月の平均額になっています。

最も安いGMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーン

もっとも安く使える「GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーン」なら、使い放題の「ギガ放題プラン」が「Speed Wi-Fi NEXT WX05」の機種も含んで毎月平均3,169円で使えてしまう、ということです。

安いだけでなく、WiMAX2+が行動範囲において十分な速度が出ない・つながらない、などの万が一の場合にも「20日以内なら違約金無料でキャンセルOK!」という安心して契約できるサービスを提供しています。

もちろん、auスマホをご利用の方がお得になる「auスマートバリューmine」の適用を受けることもできます。

とにかく安く使いたいなら、GMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンを選んでおけばよいでしょう。

キャッシュバックキャンペーンを見てみる

手間がかからず確実に安くなるGMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」

GMOとくとくBBでは、最安の「キャッシュバックキャンペーン」以外にも、「月額割引キャンペーン」も実施しており、安さではキャッシュバックキャンペーンについで2位となっています。

この「月額割引キャンペーン」はキャッシュバックがないかわりに毎月の月額料金が安く設定されており、キャッシュバックのもらい忘れ(手続き忘れ)などのリスクのないキャンペーンです。

キャッシュバックの手続きを忘れそう、手続きが面倒、という方はこちらの「月額割引キャンペーン」を選ぶと良いでしょう。

月額割引キャンペーンを見てみる

GMOとくとくBBの良いサービス

GMOとくとくBBでは「安い」という以外でも、魅力的なサービスを提供しています。

20日以内なら契約解除料無料でキャンセルOK

WiMAX2+に限らず、通信サービスを契約した場合に「もし電波がつながらなかったら」「十分な速度が出なかったら」という心配に対応するために「初期契約解除制度」という制度があります。

これは「契約から8日以内なら無条件で契約キャンセルできる」という法制度なので、万が一WiMAX2+を契約した後で十分に電波を掴むことができない場合には契約をキャンセルできます。

これは法制度なので、すべての通信事業者(プロバイダー)に適用されます。

そのうえで、GMOとくとくBBはこの「8日」を独自に「20日」に延長する形で「20日以内ならキャンセルOK」という安心できるサービスを提供しているのが特徴です。

「8日」はあっという間に過ぎますが、「20日」あればじっくり検証できると思います。

外部リンク20日以内の解約違約金無料キャンセル適用について | GMOとくとくBB

公衆無線LANサービスもお得に使える

GMOとくとくBBでは月額362円のオプションサービスとして「公衆無線LAN」のサービスを提供しています。

このサービスは「Wire and Wireless」社が運営している「Wi2 300」という公衆無線LANサービスそのものなのですが、直接「Wi2 300」を契約するよりもお得な仕組みが用意されています。

「Wi2 300」では利用できるアクセスポイントを「ベーシックエリア」と「オプションエリア」に分けており、ベーシックエリアは月額基本料金のみで利用できますがオプションエリアの利用には1時間100円のオプションチケット料金がかかってしまいます。

GMOとくとくBBを通じて契約すると、このオプションチケット料金が翌月にGMOポイントとして還元されます。

このGMOポイントはWiMAX2+の月額料金の支払いに充当することができるため、実質的に「オプションチケット料金無料」というお得な仕組みがあるわけです。

「Wi2 300」はスマホ以外でもタブレットやパソコンでも使える公衆無線LANサービスであり、WiMAX2+以外に公衆無線LANサービスも使いたい方にとってGMOとくとくBBの「公衆無線LAN」オプションはお得なオプションとなります。

外部リンク公衆無線LANサービス | GMOとくとくBB

auスマートバリューmine対応

auスマホをお使いの方がWiMAX2+を一緒に使うことで最大毎月1,000円もの割引を受けられる割引サービスが「auスマートバリューmine」です。

ですが、この「auスマートバリューmine」はすべてのWiMAX2+プロバイダーが対応しているわけではありません。

GMOとくとくBBはキャンペーンのすべての料金プランで「auスマートバリューmine」の適用が可能となっているので、auスマホをお使いの方はさらに毎月最大1,000円の割引(auスマホ代金から割引)を受けることができます。

auスマホをお使いの方はGMOとくとくBBとセットで、安いWiMAXがさらに安く使えるようになります。

外部リンクauスマートバリューmine | GMOとくとくBB

口座振替払いができるWiMAX2+プロバイダー

GMOとくとくBBは非常に安くWiMAX2+を使えるプロバイダーですが、毎月の支払方法にクレジットカードが必要です。

これは多くのプロバイダーも同じで、現在はクレジットカードでの支払いのみのプロバイダーが増えてきています。

そんな中で、クレジットカードを持たない若い世代の方や、事業や家計の都合で預金通帳に履歴を残したい方などでご利用できる口座振替払いができるプロバイダーは少なくなってきていますが、以下のプロバイダーでは口座振替払いが可能になっています。


WX05を最安値で使えるGMOとくとくBBキャッシュバックキャンペーンはこちら



キャッシュバックよりちょっと高くなるけど、ノーリスクで確実に安く使える「月額割引」はこちら